(54)【考案の名称】カバーケース

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、カバーケースに関し、特に、携帯電子機器に用いられるカバーケースに関する。

【従来の技術】

【0002】
テクノロジーの発展にともない、MP3およびMP4などのマルチメディアプレーヤー、携帯電話、PDA、携帯ゲーム機、電子ブック、タブレットPC、ネットブック、ノートPCなど携帯型電子機器は、生活上で不可欠なものとなった。デスクトップPCと異なり、携帯型電子機器は、携帯に利便性があることが長所で、時および場所にかかわらず、広範に使用されている。
【0003】
軽薄短小および携帯における便利さというニーズに応えるため、携帯型電子機器は、電池容量が大きくないことが多い。そのため、電源供給器を携帯していなかったり、屋外でコンセントが使えなかったりした場合、予備バッテリーを用いないと携帯型電子機器を長時間使用することができなかった。
【0004】
ここで重要なのは、従来のカバーケースは、携帯型電子機器のみを収納し、予備バッテリー、電源供給器などの周辺装置を収納する空間がなく、予備バッテリーの携帯に不便であったことである。ユーザーが携帯しやすいように、カバーケースに携帯型電子機器および予備バッテリーを収納した場合、携帯型電子機器の表面が予備バッテリーにより傷付けられる恐れがあった。また、従来の保護袋は、十分な収納空間に予備バッテリーを収納することができるが、使用に際して、携帯型電子機器および予備バッテリーを一緒に取り出さなければ、予備バッテリーを使って携帯型電子機器に電源を供給することができなく、不便であった。そのため、携帯型電子機器とともに携帯しやすく、時および場所にかかわらず携帯型電子機器に電源を供給するのに便利であるカバーケースの提供が待たれていた。
【0005】

【効果】

【0008】
本考案のカバーケースは、連接線を介して携帯型電子機器に電気的に接続する電池モジュールを内蔵しているため、カバーケースにより携帯型電子機器を保護するだけでなく、いつでもどこでもカバーケースに内蔵された電池モジュールにより携帯型電子機器に電源を供給することができる。電池モジュールは、カバーケース内部に向かって延伸した連接線を介して携帯型電子機器に電気的に接続するため、カバーケースから携帯型電子機器を取り出さずそのまま携帯型電子機器に電源を供給することができる。また、電池モジュールは、連接部を貫通してカバーケースの外側に延伸した連接線を介し、外部電源に電気的に接続し、外部電源により充電を行なうことができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の第1の実施形態によるカバーケースを示す平面図である。
【図2】図1のI−I線での断面図である。
【図3】図1のカバーケースの使用状態を示す断面図である。
【図4】本考案の第2の実施形態によるカバーケースを示す断面図である。

【0010】
以下、本考案の実施形態を図面に基づいて説明する。
【0011】
図1〜3を参照して説明する。図1は、本考案の第1の実施形態によるカバーケースを示す平面図である。図2は、図1のI−I線での断面図である。図3は、図1のカバーケースの使用状態を示す断面図である。図1〜3に示すように、本考案のカバーケース100は、携帯型電子機器200を収納するのに用いられる。携帯型電子機器200は、MP3やMP4などのマルチメディアプレーヤー、携帯電話、PDA、携帯ゲーム機、電子ブック、タブレットPC、ネットブック、ノートPCなどの携帯型電子機器である。
【0012】
カバーケース100は、第1のカバープレート110、第2のカバープレート120、連接部130および電池モジュール140を含む。第1のカバープレート110は、内表面112を有し、第2のカバープレート120は、内表面122を有する。第1のカバープレート110および第2のカバープレート120は、連接部130を介して相互に連接し、連接部130で折り畳むことにより二つの内表面112および内表面122がそれぞれ携帯型電子機器200の上下両面を覆う。また、電池モジュール140は、第2のカバープレート120内に埋め込まれ、連接線142を有する。携帯型電子機器200は、連接線142を介して電池モジュール140に電気的に接続して電池モジュール140から電源が供給されるようになっている。図示されていないが、その他の実施形態において、電池モジュールが第1のカバープレート内に埋め込まれたり、第1のカバープレートおよび第2のカバープレートの両方に埋め込まれたりしてもよい。
【0013】
以下、詳細に説明を加える。第1のカバープレート110は、例えば、内層材料層114、外層材料層116および裏側緩衝材料層118が重なり合ってなる。内層材料層114は、第1のカバープレート110上の携帯型電子機器200に相対した面に設けられ、内表面112を有する。外層材料層116は、第1のカバープレート110上の携帯型電子機器200から離れた面に設けられている。裏側緩衝材料層118は、内層材料層114と外層材料層116との間に設けられている。図示されていないが、その他の実施形態において、第1のカバープレートが一つの内層材料層だけからなり、外層材料層および裏側緩衝材料層を有さなくてもよい。また、第1のカバープレートは、内層材料層および外層材料層だけを有し、裏側緩衝材料層を有さなくてもよい。
【0014】
内層材料層114は、材料が繊維布であってもよいし、携帯型電子機器200の表面を傷付けなければ、その他の材料でもよい。外層材料層116は、金属、プラスチック、皮革、合成皮革、ポリウレタン、布などの材料でもよい。裏側緩衝材料層118は、石油基質の発泡材料、発泡ポリエチレン、EVA樹脂またはEVAC樹脂、SBR樹脂、SCR樹脂、形状記憶発泡材料、スポンジなど緩衝機能を有する材料からなる。
【0015】
第2のカバープレート120も、内層材料層124、外層材料層126および裏側緩衝材料層128が重なり合ってなってもよい。裏側緩衝材料層128には、電池モジュール140が埋設されている。裏側緩衝材料層128は、内層材料層124と電池モジュール140との間に設けられているだけでなく、外層材料層126と電池モジュール140との間に設けられている。内層材料層124、外層材料層126および裏側緩衝材料層128が重なり合う方法および材料は、第1のカバープレート110の内層材料層114、外層材料層116および裏側緩衝材料層118と同様であるため、説明の重複を避ける。図示されていないが、その他の実施形態において、第2のカバープレートは、内層材料層および外層材料層だけを有し、裏側緩衝材料層を有さなくてもよい。この場合、電池モジュールは、内層材料層と外層材料層との間に埋設される。
【0016】
連接部130は、例えば、外層材料層116および外層材料層126と一体成形される単一層の材料層である。連接部130は、外層材料層116と外層材料層126との間に連接され、材料が外層材料層116および外層材料層126と同様である。図示されていないが、その他の実施形態においては、第1のカバープレートの外層材料層は、内層材料層の外表面上に形成された塗工層でもよいし、内層材料層の外表面に表面処理を行なった材料層でもよい。この場合の連接部の材料は、第1のカバープレートおよび第2のカバープレートが連接部を介して相対的に開閉できるように、金属、プラスチック、皮革、合成皮革、ポリウレタン、布などであるか、あるいはその他のフレキシブルな材料でもよい。
【0017】
連接線142は、例えば、電池モジュール140から裏側緩衝材料層128を貫通して、第1のカバープレート110、第2のカバープレート120と連接部130との間に形成された溝150まで延伸し、その末端に位置する電源コード差込144が携帯型電子機器200の電源コード差込口210内に挿着される。これにより、電池モジュール140は、図2に示すように、携帯型電子機器200をカバーケース100内に収納したまま携帯型電子機器200に電源を供給できる。さらに、図3に示すように、携帯型電子機器200をカバーケース100内に入れて作業が行なわれていても電源を供給することができる。
【0018】
図2を参照して説明する。電池モジュール140は、連接線146をさらに有することもできる。例えば、連接線146は、電池モジュール140から裏側緩衝材料層128を貫通し、溝150まで延伸し、連接部130を貫通し、カバーケース100の外側に延伸し、その末端に位置するプラグ148が外部電源(図示せず)に電気的に接続することができる。これにより、電池モジュール140は、図2または図3の状態、あるいはカバーケース100が携帯型電子機器200を収納していない状態において、外部電源により充電を行なうことができる。
【0019】
本実施形態において、第1のカバープレート110は、留め具119をさらに有することもできる。また、第2のカバープレート120は、留め具129をさらに有することもできる。留め具119、129は、位置的に対応し、第1のカバープレート110および第2のカバープレート120が相対的に折り畳まれると相互に噛み合わさり、携帯型電子機器200をカバーケース100内にしっかりと収納する。留め具119、129は、図1〜3に示すように、チャックであったり、図示されていないが、面ファスナーのフックおよびループ、スナップボタンの凸部および凹部、極性が反対の永久磁石、永久磁石および強磁性体、ホックおよびホックの穴、ピンおよびピン穴でもよく、また、これらの組み合わせでもよい。
【0020】
図示されていないその他の実施形態において、携帯型電子機器に電気的に接続する連接線が裏側緩衝材料層および内層材料層を貫通してカバーケースまで直接延伸してもよい。カバーケースは、連接部に隣接する保持部をさらに含む。保持部は、第1のカバープレートまたは第2のカバープレートの内表面上に連接部を保持するのに用いられる。また、外部電源に電気的に接続する連接線は、裏側緩衝材料層および内層材料層を貫通してカバーケースまで直接延伸してもよい。カバーケースは、連接部に隣接する保持部をさらに含む。保持部は、収縮ベルト、面ファスナー、凹部、粘着ユニット、ホックのうちの少なくとも一つである。上記の連接線は、下記の実施形態で示すように、連接部内に埋設されてもよい。
【0021】
図4を参照して説明する。図4は、本考案の第2の実施形態によるカバーケースを示す断面図である。図4に示すように、連接部130は、例えば、一つの内層材料層132および一つの外層材料層134からなる。内層材料層132、内層材料層114、内層材料層124は、一体成形され、外層材料層134、外層材料層116、外層材料層126も、一体成形される。内層材料層132は、内層材料層114と内層材料層124との間に連接され、内層材料層114および内層材料層124と同じ材料である。外層材料層134は、外層材料層116と外層材料層126との間に連接され、外層材料層116および外層材料層126と同じ材料である。また、連接線142および連接線146は、裏側緩衝材料層118、裏側緩衝材料層128と、内層材料層132と外層材料層134との間の収納空間160内に埋設形成される。
【0022】
連接線142は、例えば、携帯型電子機器200に電気的に接続するため、収納空間160から内層材料層132を貫通し、内表面112と内表面122との間に延伸している。連接線146は、携帯型電子機器200に電気的に接続するため、収納空間160から外層材料層134を貫通し、カバーケース100まで延伸している。
【0023】
図示されていないその他の実施形態において、内部が空洞の回転軸を用いて連接部に変えてもよい。この際、連接線および連接線は、回転軸内に埋設され、それぞれ回転軸を貫通してカバーケースおよび外部に延伸している。
【0024】
以上のように、本考案のカバーケースは、連接線を介して携帯型電子機器に電気的に接続する電池モジュールを内蔵している。そのため、カバーケースにより携帯型電子機器を保護するだけでなく、いつでもどこでもカバーケースに内蔵された電池モジュールにより携帯型電子機器に電源を供給することができる。電池モジュールは、カバーケース内部に向かって延伸した連接線を介して携帯型電子機器に電気的に接続するため、カバーケースから携帯型電子機器を取り出さずそのまま携帯型電子機器に電源を供給することができる。また、電池モジュールは、連接部を貫通してカバーケースの外側に延伸した連接線を介し、外部電源に電気的に接続し、外部電源により充電を行なうことができる。
【0025】
本考案では好適な実施形態を前述の通りに開示したが、これらは決して本考案を限定するものではなく、当該技術を熟知する者は誰でも、本考案の精神と領域を脱しない範囲内で各種の変更や修正を加えることができる。従って、本考案の保護の範囲は、実用新案請求の範囲で指定した内容を基準とする。
【0026】
100 カバーケース
110 第1のカバープレート
112 内表面
114 内層材料層
116 外層材料層
118 裏側緩衝材料層
119 留め具
120 第2のカバープレート
122 内表面
124 内層材料層
126 外層材料層
128 裏側緩衝材料層
129 留め具
130 連接部
132 内層材料層
134 外層材料層
140 電池モジュール
142 連接線
144 電源コード差込
146 連接線
148 プラグ
150 溝
160 収納空間
200 携帯型電子機器
210 電源コード差込口

(57)【要約】

【課題】携帯型電子機器に対する電源供給が便利なカバーケースを提供する。【解決手段】二つのカバープレート110、120、連接部130および電池モジュール140を含む。二つのカバープレート110、120は、内表面112、122をそれぞれ有する。連接部130は、二つのカバープレート110、120を相互に連接させ、相対的に折り畳むことにより、内表面112、122がそれぞれ携帯型電子機器200の両側を覆う。電池モジュール140は、二つのカバープレート110、120の少なくとも一つに設けられ、第1の連接線142を有する。第1の連接線142は、携帯型電子機器を電気的に接続するのに用いられ、携帯型電子機器に電源を供給する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):