(54)【考案の名称】追い焚き湯拡散具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、追い焚きされた浴槽内の残り湯を、効率よく浴槽内に拡散することのできる追い焚き湯拡散具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
浴槽内の残り湯を加温する技術として追い焚き装置が知られている。追い焚き装置は、浴槽内の残り湯を吸引し、吸引した残り湯を加温して浴槽内に戻すことによって残り湯を加温するものである。近年は、追い焚き装置を備えた風呂が広く普及している。しかし、残り湯は追い焚きされて温度が上昇すると浴槽の上方に集まる傾向にあり、上方側の湯に比して下方側が加温されにくい(万遍なく加温されにくい)という課題がある。
【0003】
前記課題を解決するため、底側の残り湯を下部パイプで吸い上げて外釜で加温し、加温した液体を上部パイプから送出する装置(特許文献1)や、循環ポンプを備えた装置(特許文献2)、湯出口から噴出される液体を噴出方向の両側方に誘導する誘導板を備えた装置(特許文献3)、湯出口から噴出される液体を底側に導くパイプを備えた装置(特許文献4)等が提案されている。
【0004】

【効果】

【0012】
本考案の追い焚き湯拡散具には、次のような効果がある。
(1)浴槽の湯出口から出る追い焚き湯が、浴槽の底面側に設置される主パイプ、脚パイプを通して浴槽内下方に流出するため、浴槽内全般の残り湯が略均等に加温される。
(2)追い焚き湯が短寸脚パイプの底面開口部から浴槽内に流出するようにした場合は、脚パイプから流出する追い焚き湯の量が多くなり、追い焚き湯が浴槽内に拡散され易くなる。
(3)分岐パイプを設けた場合は、主パイプから脚パイプに流れ込んだ追い焚き湯が浴槽内全般に分岐されて、浴槽内全般がほぼ均一に加温される。
(4)脚パイプの周壁に追い焚き湯が流出する流出孔を開口した場合は、脚パイプに流れ込んだ追い焚き湯がその流出孔からも流出されて、浴槽内全般の残り湯の加温効率が向上する。
(5)短寸脚パイプを設けた場合は、短寸脚パイプ内に流れ込む追い焚き湯が短寸脚パイプの底面開口部から浴槽内に流出するので、追い焚き湯が浴槽の底面側に流出するため、浴槽の底面側も加温され易くなる。
(6)モータなどの機器が不要であるため、浴槽内への設置やメンテナンスが容易である。
(7)主パイプが、浴槽の湯出口から追い焚き湯が流出する方向に長いため、湯出口から離れた部分も確実かつ効率よく加温することができる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の追い焚き湯拡散具の実施形態及び使用例を示す斜視図。
【図2】本考案の追い焚き湯拡散具の側面図。
【図3】分岐パイプの接続部分の拡大図。

【0014】
(実施形態)
本考案の追い焚き湯拡散具1の実施形態を、図1〜3を参照して説明する。ここでは、湯出口Bを一つだけ備えた浴槽Aに使用する場合を一例として説明するが、本考案の追い焚き湯拡散具1は、湯出口Bを二以上備えた追い焚き機能付きの浴槽Aに用いることもできる。
【0015】
図1に示す追い焚き湯拡散具1は、円筒状の主パイプ2と、主パイプ2を支持する三本の脚パイプ3を備え、夫々の脚パイプ3に、主パイプ2の長手方向両側方に突出する分岐パイプ4が設けられたものである。
【0016】
前記主パイプ2は、浴槽A内の残り湯が通過可能な丸パイプであり、その長手方向一端に浴槽Aの湯出口Bから出る追い焚き湯を主パイプ2内に導入するための入口(導入口)6が開口されている。主パイプ2の他端側は開閉蓋7で閉塞してあり、主パイプ2を通過した追い焚き湯が主パイプ2の他端側から流出しないようにしてある。主パイプ2の一端は全面を閉塞することも一部だけを閉塞することもできる。
【0017】
主パイプ2は各種材質製とすることができ、例えば、耐熱性、耐水性を備えるアクリル製のものが適する。図1に示す主パイプ2は、内径65mm程度、長さ800mm程度の円筒材であるが、これ以外の寸法及び形状のものを用いることができる。例えば、湯出口Bからの追い焚き湯の流出方向(通常、浴槽Aの長手方向)の長さより多少短い寸法にしておくのが好ましい。
【0018】
前記脚パイプ3は、主パイプ2を下方から支持するものである。図1に示す例では、主パイプ2の長手方向底面に間隔をあけて三本設けてあるが、脚パイプ3は二本以下であっても四本以上であってもよい。夫々の脚パイプ3は主パイプ2内の追い焚き湯が流れ込むように主パイプ2に連結されている。
【0019】
図2に示す三本の脚パイプ3は、中央の脚パイプ3bを他の二本の脚パイプ3a、3cよりも短寸としてあり、二本の脚パイプ3a、3cの底面を浴槽Aの底面に設置した場合、中央の脚パイプ3bの底面が浴槽Aの底面から離れるようにしてある。この長さとすることにより、中央の脚パイプ3bに流れ込んだ追い焚き湯は、脚パイプ3bの底面開口部11から浴槽A内に流出するようにしてある。
【0020】
夫々の脚パイプ3の外周面四箇所には、貫通孔8が等間隔で設けられ、夫々の貫通孔8に分岐パイプ4を取付けられるようにしてある。貫通孔8は、脚パイプ3の下端寄りの位置に設けられている。分岐パイプ4は貫通孔8に直接取り付けることもできるが、図3に示すような連結具9を用いて取り付けることもできる。図3に示す連結具9はその一端側を脚パイプ3の貫通孔8に圧入することによって脚パイプ3に取り付け可能であり、他端部内周面に螺子溝10があり、その螺子溝10に、分岐パイプ4の外周壁に設けられた螺子山5を螺合することによって、分岐パイプ4を脚パイプ3に連結できるようにしてある。図2の中央の脚パイプ3bのように、底面開口部11が浴槽Aの底面から離れている場合、貫通孔8は設けなくてもよい。
【0021】
前記分岐パイプ4は細長の丸パイプであり、脚パイプ3内の追い焚き湯が流れ込み可能となるように脚パイプ3に連結されており、軸方向一端側に追い焚き湯が浴槽A内に流出する出口(流出口)12が設けられている。その流出口12は下向き傾斜になっており、脚パイプ3に取り付けると流出口12が浴槽Aの底面側に向くようにしてある。この下向き傾斜とすることによって、分岐パイプ4内を通過した追い焚き湯が、垂直にカットした場合に比べて、下向きに流出し易くなる。流出口12の傾斜角は任意に設計することができる。分岐パイプ4には丸パイプのほか、角パイプ等を用いることもできる。
【0022】
図1の例では、各脚パイプ3に二本ずつ分岐パイプ4を取り付けてある。分岐パイプ4が取付けられていない貫通孔8は、脚パイプ3内を流れる追い焚き湯の出口(流出孔)として使用することができる。図1の例では、分岐パイプ4を主パイプ2の長手方向両側方に突出するように脚パイプ3に連結してあるが、この向きは任意に変更することができ、例えば、主パイプ2に対して斜め前方に向けて、あるいは斜め後方に向けて設ける等することができる。分岐パイプ4の本数は任意に変更することができる。脚パイプ3及び分岐パイプ4は各種材質製とすることができるが、主パイプ2と同様、耐熱性及び耐水性に優れるアクリル製とするのが好ましい。
【0023】
(使用例)
本考案の追い焚き湯拡散具1の使用例を、図1を参照して説明する。この使用例は、浴槽A内の残り湯を追い焚きして加温する場合の例である。
(1)図1に示すように、浴槽A内の残り湯内に追い焚き湯拡散具1を沈め、主パイプ2の一端側に設けられた導入口6を浴槽Aの湯出口Bに対向配置する。このとき、追い焚き湯拡散具1が浮上しないように、主パイプ2、脚パイプ3、分岐パイプ4内に残り湯を充填させる。
(2)前記(1)の状態で追い焚き装置を動作させて残り湯の加温を開始する。
(3)前記(2)のように加温を開始すると、浴槽A内の湯出口Bから流出した追い焚き湯が主パイプ2、脚パイプ3、分岐パイプ4内を通過し、その過程において、脚パイプ3の底面開口部11や貫通孔8、分岐パイプ4の流出口12等から浴槽A内の底面側に流出する。流出した追い焚き湯は残り湯内を上昇して、浴槽A内の残り湯全体が略均一に加温され易くなる。
【0024】
本考案の追い焚き湯拡散具1は、主パイプ2、脚パイプ3及び分岐パイプ4が連結されたものであるが、分岐パイプ4はなくてもよい。
【0025】
1 追い焚き湯拡散具
2 主パイプ
3 脚パイプ
3a 左側の脚パイプ
3b 中央の脚パイプ
3c 右側の脚パイプ
4 分岐パイプ
5 (分岐パイプの)螺子山
6 入口(導入口)
7 開閉蓋
8 貫通孔
9 連結具
10 (連結具の)螺子溝
11 底面開口部
12 流出口
A 浴槽
B 湯出口

(57)【要約】

【課題】浴槽内の残り湯全体を万遍なく、効率よく加温できるようにした追い焚き湯拡散具を提供する。【解決手段】浴槽Aの湯出口Bから出る追い焚き湯が流れ込む主パイプ2と、主パイプと連通された脚パイプ3を備え、主パイプは浴槽内に入れることのできる細長であり、浴槽内の底面側に設置でき、長手方向一端に浴槽の湯出口に対向配置される入口6があり、入口は浴槽の湯出口から出る追い焚き湯が流入できるように開口しており、他端はその全面又は一部が閉塞されており、脚パイプは主パイプの長手方向に間隔をあけて二以上設けられている。主パイプから脚パイプに流れ込んだ追い焚き湯が流れ込む分岐パイプ4を備え、分岐パイプは脚パイプの側方に突出するように脚パイプに連結され、脚パイプから流れ込んだ追い焚き湯が浴槽内側方に流出する出口を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):