(54)【考案の名称】茶漉し等のフレーム

(73)【実用新案権者】有限会社戸塚製茶

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、茶漉し等のフレームに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から最も一般的な茶漉し具は、図7に示すように金属製金網が鍔部に溶接又は接着剤等によって取り付けられ、鍔部の一端に別部材からなるフレームが延設され一体化されている。さらに特許文献1(第1頁、図1参照)や特許文献2(第1頁、図2参照)等が提案されている。これらはいずれもフレームに半球状の金網ないしは類似の袋状の濾し網が取り付けられたもので、使用に際しては金網ないしは濾し網に茶葉を投入しお湯を注いで抽出している。抽出後は茶葉を外に取り出して水道水で金網や濾し網をたわし等で洗浄し乾燥させている。
【0003】
しかしながら、従来の茶漉し具や特許文献1及び特許文献2の茶漉し具は、鍔部(枠体)の直径が決まっているために湯呑みや急須との開口部の大きさに合うものを用意しなければならない。また使い捨てするには非経済的であり、茶濾し網と枠体が一体のものは、生ゴミとして出しにくいという不具合がある。また金網や濾し網は、洗浄に手間がかかるうえに水の使用量も増し、また金網や濾し網の網目に茶葉が付着したままになることがある。さらに金網や濾し網は、前回に使用した茶葉の残り香が付いてる場合もあり、異種類のお茶の抽出には不向きである。
【0004】

【効果】

【0007】
本考案に係る、茶漉し等のフレーム(F)は、上記のような特徴的構成要件から構成され、特徴的構成要件に応じた、以下のような本願考案特有の効果を奏する。
また、上記の各考案に応じた、上記のような特徴的構成要件から構成された茶漉し等のフレーム(F)によれば、本願考案の課題を十分解消することができた。
○第1の考案の効果
第1の考案によれば、一本の金属線条体(1)の左右両端部(1a,1b)を除く部分に同じ又は異なる高さの半円状、角状又は各種形状の凸出部(1c)を複数形成して鍔部(10)とすると共に、前記左右両端部(1a,1b)は交互に捻転又は直線状の把持部(20)を形成したことという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
○第2の考案の効果
第2の考案によれば、前記金属線条体(1)が鉄、ステンレス、真鍮、銅、アルミニウム、チタン又はタングステンからなる直径1.0mm〜1.5mmのワイヤーであることという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
○第3の考案の効果
第3の考案によれば、前記鍔部(10)は少なくとも指先等で下向きに折り曲げ可能な形状とされていることという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
○第4の考案の効果
第4の考案によれば、前記鍔部(10)を下向きに折り曲げる前の全体形状が平面視円形、ハート形、星形又は各種幾何図形としていることという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。

【0008】
以下、本考案に係る、茶漉し等のフレーム(F)に関する最良の実施形態について、図面を参照しながら説明する。
図1は、本考案に係る、茶漉し等のフレーム(F)の使用状態を示す平面図である。
図2は、同一部切欠正面図である。
図3は、茶漉し等のフレーム(F)を構成する金属線条体の折曲形状を示す実施例の平面図である。
図4は、茶漉しネット(袋)の一実施形態の斜視図である。
図5は、本考案に係る、茶漉し等のフレーム(F)を茶漉しネット(袋)に取り付けた状態の斜視図である。
図6は、金属線条体をハート形に形成した平面図である。
図7は、茶漉し具の従来例を示す斜視図である。

以下、本考案に係る、茶漉し等のフレーム(F)について、図面を参照しながら説明する。
11111**************************************************
図1及び図2は、本考案に係る、茶漉し等のフレーム(F)の使用状態を示している。茶漉し等のフレーム(F)は、図3(イ)〜(ハ)に示すように一本の金属線条体(1)の左右両端部(1a,1b)を除く部分に同じ又は異なる高さの半円状、角状又は各種形状の凸出部(1c)を複数形成して鍔部(10)とすると共に、前記左右両端部(1a,1b)は交互に捻転又は直線状として把持部(20)を形成している。Yは湯呑み等の飲料食器で、Nは茶漉しネット(袋)である。図2に示すように茶漉しネット(袋)Nは、湯呑み等Yの開口上周縁部に載置され、その上部に茶漉し等のフレーム(F)の鍔部(10)が当接され、各凸出部(1c)、(1c)…は下方に向けて指先等で折り曲げられ、茶漉しネット(袋)Nは湯呑みY等に固定され、該茶漉しネット(袋)N内に茶葉Tが投入され、お湯が注がれて湯呑みY内にお茶が抽出される。
○第1の考案の効果・第1の考案によれば、一本の金属線条体(1)の左右両端部(1a,1b)を除く部分に同じ又は異なる高さの半円状、角状又は各種形状の凸出部(1c)を複数形成して鍔部(10)とすると共に、前記左右両端部(1a,1b)は交互に捻転又は直線状の把持部(20)を形成したことという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
22222**************************************************
図3(イ)〜(ハ)は、茶漉し等のフレームを構成する金属線条体(1)の折曲形状を示している。金属線条体(1)は、鉄、ステンレス、真鍮、銅、アルミニウム、チタン又はタングステンからなる直径1.0mm〜1.5mmのワイヤーを公知の折曲装置等により製作される。図3(イ)は、凸出部(1c)の先端部(膨らみ)を半円状に形成したものであり、図3(ロ)は、凸出部(1c)の先端部と基端部を三角形状に形成したものであり、図3(ハ)は、凸出部(1c)の先端部と基端部を半円状に形成したものであり、図示しないが、先端部又は基端部を四角形や他の各種形状とすることができる。各凸出部(1c)、(1c)…は全体で鍔部を構成する。なお金属線条体(1)の素材のなかで、鉄材を用いて製作するときは、メッキ等の防錆加工して茶漉し等のフレーム(F)は形成される。
○第2の考案の効果・第2の考案によれば、前記金属線条体(1)が鉄、ステンレス、真鍮、銅、アルミニウム、チタン又はタングステンからなる直径1.0mm〜1.5mmのワイヤーであることという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
33333**************************************************
鍔部(10)を構成する各凸出部(1c)、(1c)…は、直径1.0mm〜1.5mmのワイヤーであるから、湯呑み、急須等の飲料食器の開口部の直径に適合するように指先等で下向きに折り曲げ可能な形状とされている。図4に示すように茶漉しネット(袋)Nの上周縁近傍に鍔部(10)の凸出部(1c)に掛止するための挿通穴(H)を設けることができる。また図示しないが、茶漉しネット(袋)Nの上周縁近傍には凸出部(1c)を掛止するための伸縮性又は非伸縮性の紐状体を取り付けるか、又は上周縁を絞り加工して湯呑みY、コップ等の開口部周縁に挟着させることができる。茶漉しネット(袋)Nの素材は、ナイロン、紙又は不織布が好適である。
○第3の考案の効果・第3の考案によれば、前記鍔部(10)は少なくとも指先等で下向きに折り曲げ可能な形状とされていることという特徴的な構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
44444**************************************************
図1に示すように、茶漉し等のフレーム(F)は、鍔部(10)を下向きに折り曲げる前の全体形状は円形としており、花ないしは花びらのイメージを想起させ、また図6に示すようにハート形としたり、星型又は各種幾何図形(図示しない)とすることができ、意匠性が豊かで美麗な形状のフレームにより、お茶入れが楽しくなる茶漉し等のフレーム(F)を提供することができた。
○第4の考案の効果・第4の考案によれば、上記の茶漉し等のフレーム(F)において、前記鍔部(10)を下向きに折り曲げる前の全体形状が平面視円形、ハート形、星形又は各種幾何図形としていることという特徴的構成要件により、本考案が解決しようとする第1課題〜第3課題を達成することができ、当業者予測不可能な顕著な効果を奏することができた。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案に係る、茶漉し等のフレーム(F)の使用状態を示す平面図である。
【図2】同一部切欠正面図である。
【図3】茶漉し等のフレーム(F)を構成する金属線条体の折曲形状を示す実施例の平面図である。
【図4】茶漉しネット(袋)の一実施形態の斜視図である。
【図5】本考案に係る、茶漉し等のフレーム(F)を茶漉しネット(袋)に取り付けた状態の斜視図である。
【図6】金属線条体をハート形に形成した平面図である。
【図7】茶漉し具の従来例を示す斜視図である。

【0010】
F……茶漉し等のフレーム
N……茶漉しネット(袋)
T……茶葉
1……金属線条体
1a、1b……左右両端部
1c……凸出部
10……鍔部
20……把持部




(57)【要約】

【課題】開口部の直径が異なる急須、湯呑み、コップ等の各種飲料食器に使用可能な汎用性ある茶漉し等のフレームを提供する。【解決手段】一本の金属線条体1の左右両端部1a,1bを除く部分に同じ又は異なる高さの半円状、角状又は各種形状の凸出部1cを複数形成して鍔部10とすると共に、前記左右両端部1a,1bは交互に捻転又は直線状の把持部20を形成したことを特徴とする茶漉し等のフレームF。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):