(54)【考案の名称】太陽電池パネル取付台

(73)【実用新案権者】協和精工株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池パネルを取り付ける太陽電池パネル取付台に関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽電池パネル取付台は、太陽電池パネルを組み付ける組付枠を備え、庭や空き地などの日当たりのよい場所に設置して、組付枠に組み付けた太陽電池パネルに太陽光発電を行わせる。通常、太陽電池パネル取付台の組付枠は、太陽電池パネルでの発電効率を向上させるため、太陽電池パネルの受光面が太陽に向くように予め傾斜させてある。
【0003】
又、太陽電池パネル取付台の中には、太陽電池パネルの傾斜角度が変更可能となるように、組付枠を回動自在としたものも知られている。このような太陽電池パネル取付台では、例えば、作業者が、組付枠を回動させて、太陽電池パネルの受光面を太陽の方向に設定する。
【0004】
一方、太陽電池パネルでの発電量を増大させるため、近年、太陽電池パネル取付台に大型の太陽電池パネルが組み付けられてきている。すると、太陽電池パネルを含む組付枠の重量が増大し、作業者にとって太陽電池パネルの受光面の向きを変更する作業は、負担が大きくなっていた。
【0005】
又、太陽電池パネルは、傾斜して設けられているため、降雪地帯では、太陽電池パネルの表面に雪が積る。すると、太陽光が遮られ、太陽電池パネルでの発電量の低下や、発電停止を招く。又、雪の重みにより、太陽電池パネルが損壊することも考えられる。
【0006】

【効果】

【0009】
本考案にかかる太陽電池パネル取付台によれば、駆動機構を操作して、作業者が、容易に太陽電池パネルの角度を変更できる。作業者が駆動機構を操作して、太陽電池パネルを鉛直な状態に設定することで、降雪時においても太陽電池パネルの上面への積雪を防止できる。太陽電池パネルを鉛直な状態に設定することで、積雪を落下させることができる。降雪が止んだ場合は、作業者が駆動機構を操作して、太陽電池パネルを太陽の位置に対応した角度に簡易に設定できる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案にかかる一実施形態の太陽電池パネル取付台を示す側面図。
【図2】同太陽電池パネル取付台を示す斜視図。
【図3】同太陽電池パネル取付台を示す背面図。
【図4】同太陽電池パネル取付台を示す側面図。
【図5】同太陽電池パネル取付台の角度変更装置を示す斜視図。

【0011】
本考案にかかる一実施形態の太陽電池パネル取付台について図を用いて説明する。図1は、本考案にかかる一実施形態の太陽電池パネル取付台10を示す側面図である。図2は、太陽電池パネル取付台10を示す斜視図である。図3は、太陽電池パネル取付台10を示す背面図である。図4は、太陽電池パネル60を鉛直な状態に設定したときの太陽電池パネル取付台10を示す側面図である。図5は、角度変更装置16を示す斜視図である。尚、図1及び図4は、太陽電池パネル取付台10の構造を見易くするため、太陽電池パネル取付台10の手前側に設けられている支柱等の一部を除去して示している。
【0012】
以下、太陽電池パネル取付台10について、太陽電池パネル取付台10に太陽電池パネル60を取り付けた状態において、太陽電池パネル60の受光面側を正面とし、それを基準に太陽電池パネル取付台10の後方、及び左右を定める。又、重力の方向を下方、その逆を上方として説明する。
【0013】
太陽電池パネル取付台10は、図1、及び図2に示すように、脚部12と、組付枠14と、駆動機構としての角度変更装置16とを備えている。脚部12は、門型フレーム22と、支え棹24と、台座部26を備えている。
【0014】
門型フレーム22は、門型で、台座部26に垂直に取り付けられている。支え棹24は、図3にも示すように門型フレーム22の上部から斜め後方に延び、下端が台座部26に固定されている。又、門型フレーム22の後方には、延設部28が設けられている。台座部26は、土台30に取り付けられている。土台30は、例えばコンクリート製で、地面100に据え付けてある。脚部12の上部には、組付枠14が設けられている。
【0015】
組付枠14は、縦方向(上下方向)に延びる支持棹32と、支持棹32と直角に交わる方向に取り付けられた保持棹34とを備えている。組付枠14は、上面に太陽電池パネル60を取り付けるに十分な大きさと強度とを有している。組付枠14は、支持棹32から斜めに取り付けられた取付棹33で角度変更装置16に連結している。
【0016】
次に、角度変更装置16について説明する。角度変更装置16は、図5に示すように、延設部28に設けられたハンドル部40と、送りねじ部42と、雌ねじ部44と、作動腕46と、一対の連結棒48と、取付板50とを備えている。
【0017】
延設部28は、門型フレーム22から後方に延びる横部材36と、横部材36の後方端に取り付けられた縦部材38とを備えている。横部材36の上部には、作動腕46が取り付けてある。縦部材38にはハンドル部40が設けてある。
【0018】
ハンドル部40は、円盤部52と、円盤部52から突出した持ち手部54とを備えている。円盤部52は、円板状で、送りねじ部42の端部に、送りねじ部42と同心に取り付けられている。持ち手部54は、円盤部52の端部に、送りねじ部42と平行に設けられている。ハンドル部40は、作業者が容易に操作できる位置に設けてある。図4に、比較のため作業者Mを示す。
【0019】
送りねじ部42は、図5に示すように、外周面にねじを備えたねじ部材である。送りねじ部42は、縦部材38に設けられた取付具58に、軸周りに回動自在に取り付けられている。取付具58は、送りねじ部42を縦部材38に、組付枠14の回動方向と平行な方向、すなわち上下方向に回動自在に保持している。
【0020】
作動腕46は、取付具56を介して横部材36に回動自在に取り付けてある。作動腕46は、組付枠14の回動方向と平行な方向、すなわち上下方向に回動自在に取り付けてある。作動腕46は、取付具56を中心としたほぼ対称形に形成されている。作動腕46の一方の端部には、雌ねじ部44が設けられている。雌ねじ部44は、送りねじ部42に螺合している。雌ねじ部44は、作動腕46に、組付枠14の回動方向と平行な方向に回動自在に取り付けてある。
【0021】
作動腕46の両端には、それぞれ連結棒48の一端が取り付けてある。2本の連結棒48は、同一の長さを有し、連結棒48のそれぞれの他端は、1枚の取付板50の両端に取り付けてある。
【0022】
取付板50は、平行に3枚設けられ、それらは一体に固着されている。取付板50は、門型フレーム22の上端に、門型フレーム22の上縁を回動中心として回動自在に取り付けられている。2本の連結棒48は、作動腕46での取付間隔と取付板50での取付間隔をほぼ同一の間隔として、作動腕46と取付板50との間に取り付けられている。
【0023】
したがって、角度変更装置16は、作動腕46が回動すると、2本の連結棒48により、取付板50が、作動腕46と平行を保持した状態で回動する。又、2本の連結棒48は、作動腕46及び取付板50の傾斜角度にかかわらず、常に平行に作動する。取付板50は、組付枠14の支持棹32に、取付棹33を介して組付枠14の縦方向のほぼ中央に連結されている。
【0024】
角度変更装置16は、組付枠14を、組付枠14に組み付けた太陽電池パネル60が鉛直な状態となる角度に設定できるように構成されている。特許請求の範囲でいう、組付枠が鉛直になる状態とはこのことをいう。
【0025】
更に、角度変更装置16は、太陽電池パネル60を設置する地域において太陽が最も高くなったときに、組付枠14に組み付けた太陽電池パネル60の受光面を太陽に対して垂直に向けられるように構成されているのが好ましい。組付枠14と脚部12との間には、固定具70が設けられている。
【0026】
固定具70は、固定棹72と、止め具74とを備えている。固定棹72は、一端が組付枠14の端部に回動自在に取り付けられている。止め具74は、ねじ部を有し、門型フレーム22に設けてある。止め具74は、ねじ部の締結により固定棹72を任意の位置で固定する。これにより、固定具70は、組付枠14を所望の角度に設定した状態で、組付枠14を固定できる。尚、固定具70は、予め固定棹72の固定部を定めておき、組付枠14を任意の角度で固定するのではなく、予め定めた所定の角度で固定するようにしてもよい。
【0027】
組付枠14の上部には、覆い板76が設けられている。覆い板76は、組付枠14を図4に示すように鉛直な状態に設定したとき、門型フレーム22の上部を覆うように形成されている。又、太陽電池パネル60を取り付けた組付枠14は、角度変更装置16の回動中心を支点として、上下方向での重量バランスがほぼ均衡した状態となっている。
【0028】
次に、太陽電池パネル取付台10の作用、及び効果について説明する。土台30を地面100に設置する。設置された土台30に台座部26を据え付ける。台座部26上の門型フレーム22は、基本的に鉛直に設ける。
【0029】
脚部12に設けられている組付枠14に、太陽電池パネル60を取り付ける。太陽電池パネル60は、基本的に南側に向けられる。太陽電池パネル取付台10を設置し、組付枠14に太陽電池パネル60を組み付けたら、作業者は、角度変更装置16の持ち手部54を回す。すると、送りねじ部42が軸周りに回転し、雌ねじ部44が送りねじ部42に対して螺進する。雌ねじ部44が螺進すると、作動腕46が取付具56を中心として回動する。
【0030】
作動腕46が回動すると、作動腕46の両端に連結されている連結棒48を介して取付板50が門型フレーム22の上部で回動する。組付枠14は、基本的に作動腕46と平行に傾斜する。組付枠14が太陽の位置(角度)に対応した所望の角度に設定されたら、固定棹72を止め具74で固定し、組付枠14を所定の傾斜角度で固定する。
【0031】
これにより、太陽電池パネル60は、太陽電池パネル60の受光面が太陽の方向に向けられ、高い発電効率が実現される。又、作業者は、季節の変化に応じて、角度変更装置16を操作して太陽電池パネル60の受光面を太陽の向き(角度)に追従させる。このように、作業者は、角度変更装置16を操作することにより太陽電池パネル60の角度を簡易に変更し、高い発電効率を維持できる。
【0032】
一方、雪が降るとき、あるいは雪が降って、太陽電池パネル60の上に積雪が生じたとき、作業者は、角度変更装置16を操作して組付枠14を鉛直な状態に設定する。組付枠14が鉛直な状態になると、太陽電池パネル60の受光面が鉛直な状態になり、降雪時においても太陽電池パネル60の上に積雪が生じない。又、太陽電池パネル60の上に積雪がある状態でも、太陽電池パネル60を鉛直な状態にすると、太陽電池パネル60に降り積もった雪が表面から落下する。
【0033】
したがって、作業者は、太陽電池パネル60を鉛直な状態にすることにより、積雪による太陽光の遮断を防止し、太陽電池パネル60を用いて太陽光発電を効果的に実施できる。尚、冬季は太陽の位置が低いので、作業者が太陽電池パネル60を鉛直な状態に設定した場合でも、冬季における最大発電量に対する発電量の減少は小さな範囲に抑えられる。又、作業者は、太陽電池パネル60を鉛直な状態にすることにより、積雪による太陽電池パネル60の損壊等を防止できる。
【0034】
太陽電池パネル取付台10は、角度変更装置16を用いて太陽電池パネル60の角度が変更できるので、作業者は、簡易、かつ安全に太陽電池パネル60の角度を変更する作業が行える。角度変更装置16は、取付板50で組付枠14を支持しているので、太陽電池パネル60を、太陽電池パネル60の中心で、かつ中心を挟んで所定の幅をもって支持するので安定して太陽電池パネル60を保持できる。
【0035】
更に、作業者が、太陽電池パネル60を鉛直な状態にすると、太陽電池パネル60の表面を雨や雪が流れ落ちるので、太陽電池パネル60の表面に付着した埃や汚れ等が効率よく除去される。
【0036】
尚、本考案は前記実施形態に限られるものではなく、適宜変更して実施できる。例えば、太陽電池パネル取付台10は、地面100でなく、ビルの屋上や屋根の上等に設置してもよい。又、駆動機構は、送りねじ機構でなく、他の駆動機構であってもよい。更に駆動機構は、電動機を組付け、電動で駆動されるようにしてもよい。又、太陽電池パネル取付台10に、降雪のセンサを取り付け、降雪センサの感知により駆動機構を作動させるようにしてもよい。
【産業上の利用可能性】
【0037】
本考案は、太陽電池パネルを取り付ける太陽電池パネル取付台に用いられる。
【0038】
10…太陽電池パネル取付台、12…脚部、14…組付枠、16…角度変更装置、22…門型フレーム、24…支え棹、28…延設部、30…土台、32…支持棹、33…取付棹、34…保持棹、36…横部材、38…縦部材、40…ハンドル部、42…送りねじ部、46…作動腕、48…連結棒、50…取付板、52…円盤部、54…持ち手部、56、58…取付具、60…太陽電池パネル、70…固定具、72…固定棹、74…止め具、100…地面。

(57)【要約】

【課題】太陽の位置に対応し、容易に太陽電池パネルの角度を変更でき、かつ降雪時には太陽電池パネルを鉛直な状態に設定することで、太陽電池パネルの上面への積雪を落下させることができる太陽電池パネル取付台を提供する。【解決手段】設置個所に据え付けられる脚部12と、脚部に回動自在に設けられた、太陽電池パネル60を組み付ける組付枠14と、組付枠と脚部との間に設けられ、組付枠を、回動範囲内に組付枠が鉛直になる状態を含んで回動駆動する駆動機構16と、を備えて太陽電池パネル取付台10を構成した。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):