(54)【考案の名称】太陽光発電システム

(73)【実用新案権者】株式会社アドバンス

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】 図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電システムに関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、多数の太陽電池アレイが設けられたメガソーラーと呼ばれる大規模な発電施設の建設が増えてきている。かかる施設に設置される太陽光発電システムとしては、例えば特許文献1に記載されたものがある。同文献に記載の太陽光発電システムにおいては、鉄筋コンクリート製の架台上に、鋼管等の支持材を介して太陽電池パネルが取り付けられている。架台は、施工地において型枠内にコンクリートを流し込んで形成される。

【効果】

【0008】
本考案によれば、土地の有効活用を図ることのできる太陽光発電システムが実現される。
【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案による太陽光発電システムの一実施形態を示す斜視図である。
【図2】本考案による太陽光発電システムの変形例を説明するための側面図である。

【0010】
以下、図面を参照しつつ、本考案の実施形態について詳細に説明する。なお、図面の説明においては、同一要素には同一符号を付し、重複する説明を省略する。
【0011】
図1は、本考案による太陽光発電システムの一実施形態を示す斜視図である。太陽光発電システム1は、架台10、耕作用領域20、及び散水装置30を備えている。
【0012】
架台10は、土が剥き出しになった地面に設置されている。架台10には、太陽光パネル40が取り付けられる。図1においては、架台10に太陽電池パネル40が取り付けられた状態を示している。本実施形態においては、1つの架台10に複数の太陽電池パネル40が取り付けられており、これらの太陽電池パネル40により太陽電池アレイが形成されている。架台10は、例えば複数の鋼管を組むことにより形成され、太陽電池パネル40を支持するのに充分な強度を有している。架台10は、所定の傾斜角(例えば水平面から25°)をもたせて太陽電池パネル40を支持する。
【0013】
耕作用領域20は、農作物を栽培するための領域であり、太陽電池パネル40により覆われた空間、すなわち太陽電池パネル40の下部空間に設けられている。耕作用領域20を構成する土は、畑の土のように耕されている。また、耕作用領域20を構成する土には、必要に応じて肥料が施される。耕作用領域20で栽培される農作物は、日当たりが良好でなくとも発育に支障がない農作物であることが好ましい。かかる農作物としては、例えば、ミント、みょうが、もやし等が挙げられる。
【0014】
散水装置30は、電気的に制御され、耕作用領域20で栽培される農作物に対して自動で散水する。本実施形態において散水装置30は、地面に設置されている。詳細には、散水装置30は、耕作用領域20の外側(すなわち太陽電池パネル40により覆われていない空間)に設置されている。散水装置30には、図示しないホース等の管を通じて水が供給される。散水装置30を制御するための電気は、図示しないケーブルを通じて、太陽電池パネル40から供給される。すなわち、散水装置30は、太陽電池パネル40から発生する電気によって制御される。散水装置30は、例えばスプリンクラーである。
【0015】
散水装置30は、例えば、所定の時間間隔で散水するように制御される。また、散水装置30は、散水の時間間隔や1回あたりの散水量が、太陽電池パネル40の発電量に応じて変化するように制御されてもよい。具体的には、太陽電池パネル40の発電量が多いときは、日差しが強く耕作用領域20の土が乾燥し易くなるため、散水装置30による散水の時間間隔を短くしたり、1回あたりの散水量を増やしたりしてもよい。
【0016】
続いて、太陽光発電システム1の効果を説明する。太陽光発電システム1においては、架台10に取り付けられる太陽電池パネル40により覆われる空間に、農作物を栽培するための耕作用領域20が設けられている。これにより、太陽電池パネル40の下部空間において農作物を栽培することができるようになるため、当該土地を有効活用することができる。
【0017】
さらに、耕作用領域20が太陽電池パネル40により覆われる空間に設けられているため、耕作用領域20に入射しようとする直射日光を太陽電池パネル40によって遮断することができる。このため、耕作用領域20は、日当たりを好まない農作物を栽培するのに特に好適である。
【0018】
また、太陽電池パネル40から発生する電気によって制御される散水装置30が設けられている。このため、太陽電池パネル40で生成される電気を利用して、農作物への水やりを自動化することができる。これにより、水やりの手間を省くことができるとともに、水やりを忘れるのを防ぐことができる。また、太陽電池パネル40で生成される電気を利用するため、太陽光発電システム1の他に電源を用意する必要がないという利点もある。
【0019】
本考案による太陽光発電システムは、上記実施形態に限定されるものではなく、様々な変形が可能である。例えば、上記実施形態においては、散水装置30が耕作用領域20の外側に設けられた例を示した。しかし、散水装置30は、耕作用領域20の内側に設けられてもよい。
【0020】
また、上記実施形態においては、散水装置30が地面に設置された例を示した。しかし、散水装置30は、図2に示すように、耕作用領域20の上方に設置されてもよい。同図においては、太陽電池パネル40の裏面側に散水装置30が取り付けられている。詳細には、架台10を構成する鋼管のうち、太陽電池パネル40の裏面に沿って延在する鋼管10aに散水装置30が取り付けられている。
【0021】
上記実施形態においては、散水装置30が設けられた例を示した。しかし、散水装置30を設けることは必須ではない。
【0022】
上記実施形態においては、太陽電池パネル40で覆われる空間にのみ耕作用領域20が設けられた例を示した。しかし、耕作用領域20は、太陽電池パネル40で覆われる空間の内側だけでなく、その外側にも設けられていてもよい。すなわち、耕作用領域20は、太陽電池パネル40で覆われる空間の内側から外側まで広がっていてもよい。
【0023】
1 太陽光発電システム
10 架台
20 耕作用領域
30 散水装置
40 太陽電池パネル

(57)【要約】

【課題】 土地の有効活用を図ることのできる太陽光発電システムを提供する。【解決手段】 太陽光発電システム1は、架台10、及び耕作用領域20を備えている。架台10は、地面に設置されている。架台10には、太陽光パネル40が取り付けられる。耕作用領域20は、農作物を栽培するための領域であり、太陽電池パネル40により覆われる空間に設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):