(54)【考案の名称】ヘラ

(73)【実用新案権者】株式会社カネシカ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図5

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、塗り壁材、モルタルおよびパテ等の可塑性材料を、建築物の仕上げ時、表面に塗るためのヘラに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
可塑性材料を表面に塗る道具として左官用鏝以外にもヘラが近年用いられている。
【0003】

【効果】

【0008】
本考案は、相当の厚みを有する把持柄側略半楕円形部材に、薄い厚みの塗りつけ先端側略等脚台形部材を固着しているため、可塑性材料の塗りつけ作業時、略等脚台形部材の塗りつけ先端付近のみが撓む構造となる。
【0009】
本考案は、2つの部材を、例えば接着剤あるいは溶接で固着するため、研磨作業に比べて工期が短く、コスト面でも安価である。
【0010】
本考案は、ヘラ板を把持柄側と塗りつけ先端側に2分した、略半楕円形部材と略等脚台形部材の2つの部材から成り、前述の本来のヘラ板と同等の厚さかつ、一定の厚みである略半楕円形部材と、前述の研磨作業後のヘラ板塗りつけ先端付近と同等の厚さかつ、一定の厚みである略等脚台形部材を、略半楕円形部材の直線部と略等脚台形部材の長底辺部が平行になるように、固着した構造とする。
【0011】
本考案を図において説明すると、図7に示す略半楕円形部材5および図8に示す略等脚台形部材6の2つの部材を、図5および図6に示す、例えば重ね代4を設け、接着剤で貼りあわせた構造とする。
【0012】
2つの部材の固着方法は、接着剤にかかわらず、溶接等でも当然よい。また、重ね代4を設けず、略半楕円形部材5の直線部と略等脚台形部材6の短底辺部を突き合わせて溶接や圧接を施してもよい。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本来のヘラの平面図である。
【図2】本来のヘラの正面図である。
【図3】ヘラ板に研磨作業を施したヘラの平面図である。
【図4】ヘラ板に研磨作業を施したヘラの正面図である。
【図5】本考案のヘラの平面図である。
【図6】本考案のヘラの正面図である。
【図7】本考案のヘラの略半楕円形部材の平面図である。
【図8】本考案のヘラの略等脚台形部材の平面図である。

【0014】
1 ヘラ板を示す。
2 把持柄を示す。
3 研磨作業後のヘラ板を示す。
3a 塗りつけ先端部を示す。
4 重ね代を示す。
5 本考案の略半楕円形部材を示す。
6 本考案の略等脚台形部材を示す。

(57)【要約】

【課題】内装工が使用するヘラにおいて、製造時の工期及びコストを改善する構造のヘラを提供する。【解決手段】ヘラ板を把持柄2側と塗りつけ先端側に2分した、略半楕円形部材5と略等脚台形部材6の2つの部材から成り、前述の本来のヘラ板と同等の厚さかつ、一定の厚みである略半楕円形部材5と、前述の研磨作業後のヘラ板塗りつけ先端付近と同等の厚さかつ、一定の厚みである略等脚台形部材を、略半楕円形部材5の直線部と略等脚台形部材6の長底辺部が平行になるように、固着した構造とすることによって上記課題を解決するものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):