(54)【考案の名称】補助蓄電装置

(73)【実用新案権者】株式会社ヒロ建設

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電部で発電される電力又は商用電力を蓄電して利用する充放電制御装置に接続することにより、蓄電量を増加させ、電力供給時間を延ばすことができる補助蓄電装置に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
石油などの化石燃料の枯渇やその使用に伴う大気中の炭酸ガスの増加による地球の温暖化への対策として、太陽エネルギーの利用の促進が図られている。
そして、一般家庭の屋根に設置された太陽電池によって発電を行い、インバータを介して家庭内の電気機器に電力を供給する太陽光発電システムの実用化が進んでいる。
しかし、一般的な太陽光発電システムの使用方法は、日中に太陽電池で発電した電力を使用しながら、電力が余った時には売電し、電力が不足した時には商用電源を使用するものであり、曇りや雨の日及び夜間の電力は商用電源に頼ったものであって、電力の供給安定性に欠けるという問題点を有していた。また、太陽光発電システムの設置費用を償却するのに長期間を要するため、普及し難いという問題点を有していた。
本願考案者が出願した(特許文献1)には、太陽光発電部で発電される電力又は商用電力のいずれか一方が選択されて供給される充電用コンセントに挿抜自在に接続されるプラグと、プラグを通して供給される交流電力を直流電力に変換するコンバータと、コンバータで変換された直流電力を充電するバッテリと、バッテリに充電された電力を交流電力に変換して出力するインバータと、太陽光発電部で発電される電力又は商用電力によるバッテリへの充電及び太陽光発電部で発電される電力、商用電力、バッテリに充電された電力のいずれかによる負荷への電力供給を制御する制御部と、を有する充放電制御装置が開示されている。
【0003】

(57)【要約】

【課題】充放電制御装置に簡単に接続して蓄電容量を増加させ、充放電制御装置のバッテリの充電完了後に充放電制御装置の充電器を利用して、簡単な回路で電力を無駄なく蓄電して有効利用でき、複雑な制御が不要で長時間安定的に電力供給でき、節電や環境保護に貢献し、取扱い性、電力供給の確実性に優れた補助蓄電装置を提供する。【解決手段】補助バッテリ3とその接続先を切替える補助バッテリ接続切替部4を有する補助蓄電部2と、補助バッテリ充電タイマー5がオンの時に充電器14と補助バッテリを接続し補助バッテリ充電タイマーがオフの時にバッテリと補助バッテリを接続する補助バッテリ接続切替部4と、充電タイマーがオンの時にバッテリと補助蓄電部を切断し充電タイマーがオフの時にバッテリと補助蓄電部を接続する補助蓄電部接続切替部8と、を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):