(54)【考案の名称】多機能情報伝達体

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、複数の機能を有する情報伝達体に関する。

【従来の技術】

【0002】
結婚披露宴、法事、パーティー、又は、各種会合などでは、招待状や式次第などが出席者に配布され、出席者はそれらを持って会に参加することが多い。これらの会では、席札が用意されることもあるが、一般には、出席者に自分の着席位置がわかるようにすることを目的としたものが多い。出席者の名前が他の出席者に分かるように表示する席札もあるが、手間がかかり、面倒である。そこで、出席者に配布された招待状などを利用して簡単に席札を作ることができれば便利である。また、各種会合において、栞を挿みたい場合があるが、栞を持ち歩いていることは少なく、持ち合わせている招待状などを利用することができれば便利である。
【0003】

【効果】

【0007】
本考案の多機能情報伝達体によれば、表側シート部材に折部を設けると共に、切り込みを入れ、又は、切り込みを入れることを可能として、三角状に組み立てることができるようにしたので、折り畳んだ状態で案内状や式次第などとして使用することができると共に、組み立てた状態で席札などとして使用することができる。また、表側シート部材に第1切取部及び第2切取部を設けるようにしたので、これらを切り取り、折部において折り曲げることにより、T字状の栞として使用することができる。更に、第1内シート部及び第4内シート部の連接方向における端部が、折り曲げた状態において、第1表シート部及び第4表シート部よりも突出するようにしたので、第1内シート部及び第4内シート部の端部の色を調節したり、模様を付したりすることにより、真ん中の折部を広げた時の見た目を美しくすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
【図1】本考案の一実施の形態に係る多機能情報伝達体の構成を分解して表す図である。
【図2】図1に示した多機能情報伝達体の一部を折り畳んだ状態を表す図である。
【図3】図1に示した多機能情報伝達体を三角柱状に組み立てた状態を表す図である。
【図4】図1に示した多機能情報伝達体の一部を切り取り、折り曲げた状態を表す図である。

【0009】
以下、本考案の実施の形態について図面を参照して詳細に説明する。
【0010】
図1は、本考案の一実施の形態に係る多機能情報伝達体1の構成を表すものであり、(A)は表側シート部材10を表側から見たものであり、(B)は内側シート部材20を表側から見たものである。図2は、多機能情報伝達体1の一部を折り畳んだ状態を表すものである。図3は、表側シート部材10を三角柱状に組み立てた状態を表すものである。図4は、表側シート部材10の一部を切り取り、折り曲げた状態を表すものである。この多機能情報伝達体1は、表側シート部材10と、その内側に設けられた内側シート部材20とを備えている。表側シート部材10及び内側シート部材20は、例えば、それぞれ矩形状の紙よりなり、B4程度の大きさであることが好ましい。
【0011】
表側シート部材10は、第1表シート部11、第2表シート部12、第3表シート部13、及び、第4表シート部14が折部15A,15B,15Cを介して連接して設けられている。第1表シート部11に隣接する折部15A、及び、第4表シート部14に隣接する折部15Cは、第1表シート部11及び第4表シート部14が内側になるように折り曲げ可能とされている。第2表シート部12と第3表シート部13の間の折部15Bは、折り曲げた第1表シート部11及び第4表シート部14が内側になるように折り曲げ可能とされている。
【0012】
内側シート部材20は、第1内シート部21、第2内シート部22、第3内シート部23、及び、第4内シート部24が折部25A,25B,25Cを介して連接して設けられている。第1内シート部21に隣接する折部25A、及び、第4内シート部24に隣接する折部25Cは、第1内シート部21及び第4内シート部24が内側になるように折り曲げ可能とされている。第2内シート部22と第3内シート部23の間の折部15Bは、折り曲げた第1内シート部21及び第4内シート部24が内側になるように折り曲げ可能とされている。
【0013】
表側シート部材10の第1表シート部11、第2表シート部12、第3表シート部13、第4表シート部14、及び、折部15A,15B,15Cと、内側シート部材20の第1内シート部21、第2内シート部22、第3内シート部23、第4内シート部24、及び、折部25A,25B,25Cとは、それぞれ対応して設けられていることが好ましい。第1内シート部21及び第4内シート部24の連接方向における端部は、折り曲げた状態において、第1表シート部11及び第4表シート部14よりも突出するように構成されている。第1内シート部21及び第4内シート部24の端部の色を調節したり、模様を付したりすることにより、真ん中の折部15B,25Bを広げた時の見た目を美しくすることができるからである。
【0014】
また、表側シート部材10は、第1表シート部11及び第4表シート部14の対応する位置に切り込み16A,16B,16C,16Dが入れられており、この切り込み16A,16B,16C,16Dを組み合わせることにより、三角柱状に組み立てることが可能とされている。なお、切り込みに変えて、ミシン目などにより切り込みを入れることが可能とされていてもよい。具体的には、第1表シート部11には、例えば、連接方向の端部近傍に、上から下に向かい直線状の切り込み16Aが設けられると共に、下側において連接方向の端部から第2表シート部12に向かい直線状の切り込み16Bが設けられている。第4表シート部14には、例えば、上側において連接方向の端部から逆T字状の切り込み16Cが設けられると共に、下側において連接方向の端部から第3表シート部13に向かい直線状の切り込み16Dが設けられている。なお、上下方向は、連接方向を横方向として表している。
【0015】
このうち切り込み16Aと切り込み16Cとが対応し、切り込み16Bと切り込み16Dとが対応している。切り込み16A,16B,16Dの大きさは、1cmから2cm程度が好ましく、切り込み16Cの大きさは、T字の横棒部分が2cmから4cm程度、縦棒部分が1cmから2cm程度が好ましい。また、切り込み16B,16Dは、下から2.5cmから4cm程度の位置に設けることが好ましい。表側シート部材10をB4程度の大きさとした場合に、その程度の位置で折り曲げることにより、長形3号又は洋形長3号の封筒に入れることができるからである。また、例えば、切り込み16B,16Dを結ぶように、折線16Eを設けるようにすれば、容易に折り曲げることができるので好ましい。
【0016】
更に、表側シート部材10には、第1表シート部11から第3表シート部13にかけて、上端の連接方向に沿って連続して切り取り可能な第1切取部17Aと、第1表シート部11の連接方向における端部に沿って、第1切取部17Aと連続して切り取り可能な第2切取部17Bとが設けられている。第1切取部17A及び第2切取部17Bは、切り取って折部15A,15Bにおいて折り曲げることにより、T字状の栞として利用可能となっている。第1切取部17A及び第2切取部17Bは、例えば、ミシン目などにより切り取り可能とされている。第1切取部17A及び第2切取部17Bには、例えば、模様や装飾がされていることが好ましく、切り取り線は直線状でもよいが、模様に沿って入れられていてもよい。第1切取部17Aの上端部及び第2切取部17Bの連接方向の端部は、直線状に切断されていてもよいが、模様を形とるように切断されていてもよい。
【0017】
第1切取部17Aの第3表シート部13側の端部近傍には、切り込み16Aに対応する位置に、ミシン目などにより切り込みを入れることが可能とされた切込可能部18が形成されていることが好ましい。切り込み16Aと組み合わせることにより、T字状の栞を形成することができるからである。切込可能部18は、例えば、第1切取部17Aの下から上に向かい直線状に設けられており、大きさは1cmから2cm程度が好ましい。第2切取部17Bには、例えば、一部が切り込みにより切り離された、又は、ミシン目などにより切り離し可能とされた挟み込み部19が形成されていることが好ましい。栞として使用する際に、挟み込んで用いることもできるからである。第1切取部17A及び第2切取部17Bの幅は、例えば、1.5cmから3cm程度が好ましい。
【0018】
この多機能情報伝達体1は、例えば、表側シート部材10の内側に内側シート部材20を重ね、折部15A,15B,15C,25A,25B,25Cで折り曲げて使用する。表側シート部材10及び内側シート部材20には、文字や絵などを自由に記載することができ、招待状、案内状、式次第、メッセージカードなどとして使用することが可能である。また、表側シート部材10は、切り込み16A,16B,16C,16Dを組み合わせることにより、三角柱状に組み立てて用いることもできる。これにより、席札などとして使用することもできる。更に、第1切取部17A及び第2切取部17Bを切り取れば、栞として利用することもできる。
【0019】
このように本実施の形態によれば、表側シート部材10に折部15A,15B,15Cを設けると共に、切り込み16A,16B,16C,16Dを入れ、又は、切り込みを入れることを可能として、三角状に組み立てることができるようにしたので、折り畳んだ状態で案内状や式次第などとして使用することができると共に、組み立てた状態で席札などとして使用することができる。また、表側シート部材10に第1切取部17A及び第2切取部17Bを設けるようにしたので、これらを切り取り、折部15A,15Bにおいて折り曲げることにより、T字状の栞として使用することができる。更に、第1内シート部21及び第4内シート部24の連接方向における端部が、折り曲げた状態において、第1表シート部11及び第4表シート部14よりも突出するようにしたので、第1内シート部21及び第4内シート部24の端部の色を調節したり、模様を付したりすることにより、真ん中の折部15B,25Bを広げた時の見た目を美しくすることができる。
【0020】
以上、実施の形態を挙げて本考案を説明したが、本考案は上記実施の形態に限定されるものではなく、種々変形可能である。例えば、上記実施の形態では、各構成要素について具体的に説明したが、全ての構成要素を備えていなくてもよく、また、他の構成要素を備えていてもよい。
【産業上の利用可能性】
【0021】
席札や栞の機能を備えた案内状などに用いることができる。
【0022】
1…多機能情報伝達体、10…表側シート部材、11…第1表シート部、12…第2表シート部、13…第3表シート部、14…第4表シート部、15A,15B,15C…折部、16A,16B,16C,16D…切り込み、17A…第1切取部、17B…第2切取部、18…切込可能部、19…挟み込み部、20…内側シート部材、21…第1内シート部、22…第2内シート部、23…第3内シート部、24…第4内シート部、25A,25B,25C…折部

(57)【要約】

【課題】複数の機能を有する多機能情報伝達体を提供する。【解決手段】多機能情報伝達体は、表側シート部材10の内側に内側シート部材20を備えている。表側シート部材10は、第1表シート部11、第2表シート部12、第3表シート部13、及び、第4表シート部14が折部15A,15B,15Cを介して連接されている。内側シート部材20は、第1内シート部21、第2内シート部22、第3内シート部23、及び、第4内シート部24が折部25A,25B,25Cを介して連接されている。表側シート部材10は、切り込み16A,16B,16C,16Dを組み合わせることにより、三角柱状に組み立てることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):