(54)【考案の名称】弾性構造及び弾性構造を用いたシューズ

(51)【国際特許分類】

A63C 1/02 ・靴底に固定したもの

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、弾性構造及び弾性構造を用いたシューズに係り、特に、シューズ本体に弾性接続部材が結合されることで、ユーザがシューズ本体を履いた後弾性接続部材をかかとに嵌め、シューズ本体が離脱し難くなるようにユーザの足部に密着可能な脱落防止シューズ構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
ハイヒールとは、かかとが特に高いシューズを指し、シューズを履くもののかかとがつま先より明らかに高い。ハイヒールを履けば、下腿の線が目立つように下腿から足の平までの曲線を延ばすことができ、腰部が真直ぐになり、歩く様子が変えられ、シューズを履く者によい姿勢をもたらし身長が高く見える。
【0003】
ハイヒールを履くと歩く際の身体の姿勢がより美しくなるが、シューズを履く者が早く歩くと、かかとがハイヒールと離脱しやすくなり、ハイヒールが脱げることもあり、恥ずかしい思いをする。
【0004】
以上に鑑みて、シューズ本体に弾性接続部材を結合し、ユーザがシューズ本体を履いた後、弾性接続部材をかかとに嵌め、シューズ本体が離脱し難くなるようにユーザの足部に密着可能な弾性構造及び弾性構造を用いたシューズを提供することが、本考案を創作する動機である。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
本考案は、シューズ本体に弾性接続部材を結合することで、ユーザがシューズ本体を履いた後弾性接続部材をかかとに嵌め、シューズ本体が離脱し難くなるようユーザの足部に密着可能な弾性構造及び弾性構造を用いたシューズを提供することを主な目的とする。

(57)【要約】

【課題】ユーザが足をシューズ本体内に入れる際、弾性接続部材をユーザのかかとに嵌めることにより、シューズ本体が離脱し難くなるようにユーザの足部に密着し、ユーザが走行時にシューズ本体が脱げることを防止できるシューズを提供する。【解決手段】受容空間を有するシューズ本体10と、弾性接続部材20と、弾性接続部材の一端に設けられた第1の結合部201と、第1の結合部に対し、弾性接続部材の他端に設けられた第2の結合部202とを備え、第1の結合部が受容空間内の一方側に結合され、第2の結合部が受容空間内の他方側に結合されている弾性構造とを含む。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):