(54)【考案の名称】組み立て容器シート

(73)【実用新案権者】株式会社 資生堂

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、折れ目線に沿ってシートを折り曲げると、化粧品あるいは菓子等の食品を収容できる組み立て容器が形成されるとともに、組み立て容器の開口部を押し広げると化粧品等を載置するためのトレイとしても利用することができる組み立て容器シートに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、複数の化粧品あるいは菓子等の食品を収容し搬送するための容器としては、厚紙で形成された小箱を使用することが一般的である。そして、このような化粧品等を搬送するための小箱は、化粧品等を保護するために補強構造を施すなどして強度を高め、しかもある程度、美麗な外観を呈するように装飾を施すために、資材や製造コストが高くなる傾向にある。一方、これらの容器は、化粧品等を搬送することが目的であることから他に利用する用途がないため、搬送が終わり、化粧品等を取り出した後は、そのまま廃棄されることが通常であった。
【0003】
しかしながら、化粧品等を搬送するための小箱であったとしても、従来にない美麗な外観を付与すれば、消費者の満足感がより高まり、再度購入しようとする意欲が生じることになる。また、開封した後も、化粧品等を載せ置くためのトレイとして使用できれば、化粧品等の高級感が向上し、さらに消費者の満足感を高めることができる。
【0004】
そこで、資材や製造のコストを抑えながら、美麗な外観で強度にすぐれ、しかも化粧品等を搬送した後は、化粧品等のもつ高級感を効果的に演出し得るようなトレイとしても利用することが可能な組み立て容器の開発が望まれる。
【0005】

【効果】

【0012】
本考案の組み立て容器シート(あるいは組み立て容器)によれば、資材や製造のコストを抑えながら、美麗な外観で強度にすぐれ、しかも化粧品等を搬送した後は、化粧品等のもつ高級感を演出し得るようなトレイとして利用可能な容器を組み立てることができる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】組み立て容器シートを示す図
【図2】組み立て容器シートを折れ目線に沿って折り曲げた状態を示す図
【図3】組み立て容器の外観図((a)正面図、(b)平面図)
【図4】組み立て容器に化粧品を収容した状態を示す図
【図5】組み立て容器を化粧品を載置するトレイとして使用した状態を示す図

【0014】
以下、本考案の実施の形態について、図面を参照して詳細に説明する。
【0015】
本考案の組み立て容器シート(1)は、図1に示すように、1枚のシート(2)の中央部に略方形状の底面(3)を形成するとともに、当該底面の各辺から連続する略方形状の立ち上がり側壁(4)を形成するための縦横に延びる直線状の折れ目線(5a,5b,5c,5d)と、隣り合う立ち上がり側壁を連結する複数の略扇形状又は略三角形状のヒダ部(6)を形成するために底面の四隅からシートの外周縁に向けて放射状に延びる折れ目線(7a,7b,7c)と、を設け、折れ目線に沿ってシート(2)を折り曲げると蛇腹状の複数のヒダ部(6)で連結した立ち上がり側壁(4)が底面(3)から立ち上がり、容器が形成されることを特徴とする。
【0016】
図1に示すヒダ部(6)は扇形状であるが、三角形状とすることもできる。また、これに限らず、シートの外周を波形状など複雑な形状とすれば、化粧品あるいは菓子等の食品を載置するトレイとして使用する際、花弁のように化粧品(10)等を取り囲み、化粧品等を美麗に演出することができる(図5)。
【0017】
シートの材質は、特に限定されるべきものではなく、紙、合成樹脂等、幅広く用いることができるが、例えば、ポリプロピレン、ポリ塩化ビニル、ポリエステル、ポリスチレンなどの合成樹脂シートあるいはこれらを積層した多層シートを使用すれば、透明性や強度にすぐれるため好ましい。更にシートの内外面には、印刷、ホットスタンプ等により加飾しても良い。
【0018】
折れ目線は、シートに型押し加工して設けるほか、ミシン目、ハーフカット等を設け、これを折れ目線とすることもできる。
【0019】
図2に、組み立て容器シート(1)を折れ目線に沿って折り曲げた状態を示す。折れ目線に沿ってシートを折り曲げると、蛇腹状の複数のヒダ部(6)で連結した立ち上がり側壁(4)が底面(3)から立ち上がり、容器を形成することができる。折れ目線(5)はシートの打ち抜きとともに型押し加工により形成することができ、また折れ目線に沿ってシート(2)を折り曲げるだけで容器を形成することができるため、用いる資材に無駄が無く、また組み立ても容易であることから製造コストを安価に抑えることができる。
【0020】
交互に折り返したヒダ部を対向する立ち上がり側壁(4b,4b)に重ねて配置することができる(図3)。このように立ち上がり側壁(4b)に蛇腹状のヒダ部(6)を重ねて配置することで、ヒダ部(6)が緩衝作用を発揮し、搬送途中における横方向からの衝撃や振動を緩和することができる。また、形成した組み立て容器(8)の上部開口に蓋体(9)を取り付ける際、立ち上がり側壁(4)は蛇腹状のヒダ部(6)の弾力により外方に付勢されているため、蓋体の側壁内面に当接して適度な摩擦力が発生するため、組み立て容器(8)と蓋体(9)とを確実に嵌合することができる(図4)。
【0021】
組み立て容器(8)は、組み立て容器シート(1)を折れ目線を折り曲げることにより形成されるが、シートが、合成樹脂シートである場合には、折れ目線を折り曲げたとしても、時間が経過すると徐々にもとにシート形状に戻る傾向にある。このため、立ち上がり側壁の先端部に蓋体を外挿して装着し、立ち上がり側壁の広がりを抑え、容器の形状を保持することが好ましい(図4)。
【0022】
図5は、組み立て容器の開口部を左右に押し開き、化粧品(10)等を載置するためのトレイとして利用する状態を示す。隣り合う立ち上がり側壁を連結する複数の扇形状のヒダ部(6)は伸縮自在な蛇腹を形成するため、立ち上がり側壁を前後左右に押し開くことが可能となる。また、複数の扇形状のヒダ部(6)は、花びらのような形態で展開されるため、載置する化粧品あるいは菓子等の食品を美麗に演出することができる。
【0023】
1 組み立て容器シート
2 シート
3 底面
4 立ち上がり側壁
4a 立ち上がり側壁
4b 立ち上がり側壁
5 折れ目線
5a 折れ目線(縦線)
5b 折れ目線(縦線)
5c 折れ目線(横線)
5d 折れ目線(横線)
6 ヒダ部
7 折れ目線
7a 折れ目線
7b 折れ目線
7c 折れ目線
8 組み立て容器
9 蓋体
10 化粧品

(57)【要約】

【課題】資材や製造のコストを抑えながら、美麗な外観で強度にすぐれ、しかも化粧品等の食品を搬送した後は、化粧品等のもつ高級感を効果的に演出し得るようなトレイとしても利用可能な容器をつくるための組み立て容器シートあるいは組み立て容器を提供する。【解決手段】1枚のシートの中央部に略方形状の底面3を形成するとともに、該底面3の各辺から連続する略方形状の立ち上がり側壁4を形成するための縦横に延びる直線状の折れ目線5と、隣り合う立ち上がり側壁4を連結する複数の略扇形状又は略三角形状のヒダ部6を形成するために底面の四隅からシートの外周縁に向けて放射状に延びる折れ目線7a、7b、7cと、を設け、折れ目線7a、7b、7cに沿ってシートを折り曲げると蛇腹状の複数のヒダ部で連結した立ち上がり側壁4が底面から立ち上がり、容器が形成されることを特徴とする組み立て容器シート又はこれを使用して組み立てた組み立て容器。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):