(54)【考案の名称】墜落防止用安全ネットの取付け治具

(73)【実用新案権者】株式会社日立プラントテクノロジー

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、工場や発電所などの床に設けられた機材搬出入用の開口部の周囲に設置された柵あるいは手すりに着脱可能な墜落防止用安全ネット(以下、単に安全ネットと略すことあり)の取付け治具に関する。

【従来の技術】

【0002】
工場や発電所の床にはその上下階へ荷物あるいは機械設備等の機材を搬出入するための開口部を設けている場合がある。普段はその開口部を閉止する取り外し可能な床が設けられているが、前記の搬出入作業に合わせて一定期間、閉止用の床を取り外し、開口部の周囲に柵や手すりを設けるとともに、開口部には開閉がより簡単に行える墜落防止用の安全ネットを設けることがある。
【0003】
前記安全ネットは、通常その周縁部に引っ張り強度の高い縁ロープを有しており、縁ロープと柵あるいは手すりとを数か所に亘って紐やロープで縛り付けることで張設されている。しかし、この方法では紐やロープで固定する箇所が多い場合、手間と時間が掛かる上、固定部に緩みを生じることがあり、安全上問題があった。
【0004】
そのため、より簡単で、かつ信頼性の高い安全ネットの張設方法を提供する金具も提案されている(例えば、特許文献1参照)。しかし、前記のように開口部は荷物あるいは機械設備の搬出入に使用されるため、搬出入の度に安全ネットを容易に移動あるいは折り畳めることが望まれている。
【0005】

【効果】

【0013】
本考案によれば、開口部への墜落防止用安全ネットの設置・解体および、設置した際の墜落防止用安全ネットの移動・折り畳みが容易に行える効果がある。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案の墜落防止用安全ネットの取付け治具の使用状況を示す断面図。
【図2】本考案の墜落防止用安全ネットの取付け治具の詳細を示す断面図。
【図3】本考案の墜落防止用安全ネットの取付け治具の使用状況を示す正面図。
【図4】本考案のフックの詳細を示す概要図。
【図5】本考案の墜落防止用安全ネットの取付け治具の使用状況を示す鳥瞰図。

【0015】
以下、図に基づいて本考案の実施例を説明する。
図1は本考案の墜落防止用安全ネット70の取付け治具80の使用状況を示す断面図であり、普段は床40に設けられた開口部50を閉止している取り外し可能な床(図示せず)を撤去し、開口部50上部に墜落防止用安全ネット70を設置している状況を示している。吊り荷90あるいは機械設備等の機材(図示せず)を、天井クレーン20によって2階あるいは3階に搬出入する場合、2階および3階の開口部50を覆う安全ネット70を図面奥側あるいは手前側に向かって移動あるいは折り畳んで吊り荷90および天井クレーン20のワイヤ120を通過させる。
【0016】
図2は本考案の墜落防止用安全ネット70の取付け治具80の詳細を示す断面図である。安全ネット70の縁ロープ71を掛けるフック100は、レール30に沿って滑走することで、前記安全ネット70は移動あるいは折り畳みが行われる。レール30はフック100の端部に設けた鉄球111を収容するとともに、フック100の軸部(後に詳述)が貫通する隙間を有した断面が略円筒状の形状である。なお、前記レール30の両端部は閉止することでフック100がレール端部から脱落することを防止している。前記レール30は複数個所でレール取付金具81と溶接等で固定され、該レール取付金具81の脚部83によって開口部の周囲に設けられた柵あるいは手すり60に跨るように設置された上、前記柵あるいは手すり60の支柱61にクランプ82により固定される。クランプ82は断面が略三角形の凸部とその両端にボルト締結用の穴を有する平坦部を有する形状であり、ボルト長によって、前記手すりの支柱61の径の大小を吸収することができる。
【0017】
図3は本考案の墜落防止用安全ネット70の取付け治具80の使用状況を示す正面図である。レール30は複数個所でレール取付金具81と溶接等により接合され、レール取付金具81は柵あるいは手すり60に跨るように設置された上、手すり支柱61にクランプ82により固定される。レール取付金具81にはクランプ82をボルトで固定するための水平方向に長い長穴(図示せず)が設けられており、レール取付金具81と手すり支柱61との位置調整が可能である。
【0018】
図4はフック100の詳細を示す概要図である。フック100の先端部には湾曲部115があり、前記した安全ネットの縁ロープ71を通した後にバネ式のロック113によって縁ロープ71が外れないよう構成されている。フック100の軸部114の他端部にはネジ部112が設けられており、鉄球111のネジ穴112に嵌合された上、溶接部116において溶接される。これにより、万が一にもネジ部が緩んで鉄球111とフックの軸部114が分離することが防止される。
【0019】
図5は説明の便宜上、開口部50の左右のみに本安全ネットの取付け治具80を記載しているが、実際には図面の手前側および奥側にも安全ネットの取付け治具80が設置されている。前記したように、吊り荷あるいは機械設備等の機材を搬出入するために、安全ネット70を移動または折り畳む際には、例えば図面手前側の全てのフック100から安全ネット70の縁ロープ71を外し、ロープ130をその縁ロープに71取り付けて反対側(図面奥側)から引っ張ることで短時間に行うことができる。なお、吊り荷あるいは機械設備等の機材等の搬出入が終了して安全ネット70を元に戻す(開口部を閉止する)ときは、図面手前側からロープ130を引っ張って、移動された(折り畳まれた)安全ネット70の端部を手前側のフックまで戻して取り付けることで容易に行える。
【0020】
10…建屋、20…天井クレーン、30…レール、40…床、50…開口部、60…手すり(または柵)、61…手すり支柱(または柵支柱)、70…安全ネット、71…縁ロープ、80…安全ネット取付け治具、81…レール取付金具、82…クランプ、90…吊り荷(または機械設備)、100…フック、111…フック鉄球、112…フックネジ部、113…フックロック部、114…フック軸部、115…フック湾曲部、120…ワイヤ、130…ロープ。

(57)【要約】

【課題】工場や発電所等の床に設けられた機材搬出入用の開口部に張設される墜落防止用安全ネットを、移動あるいは折り畳みが容易にできる取付け治具を提供する。【解決手段】墜落防止用安全ネットの縁ロープを掛けるフック100と、該フックの端部に設けた鉄球111を内部で滑走させるとともに該フックの軸部を貫通させる隙間を有した断面が略円弧状のレール30と、開口部の周囲に設けられた柵あるいは手すり60と該レールとを固定するレール取付金具81を有する。また、前記レール取付金具は前記柵あるいは手すりに跨る脚部83を有し、前記柵あるいは手すりの支柱を挟み込むクランプ82を有する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):