(54)【考案の名称】車載用映像記録装置

(73)【実用新案権者】健生實業股▲ふん▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、車載用映像記録装置、特に映像データを動的に記録するために、車両内外の映像を統合することができる車載用映像記録装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
車両前方の映像を撮像するための一般の車載用映像記録装置は、バックミラー取付型やフロントガラス取付型如何にかかわらず、多くの場合、カメラ及び記憶装置を具備する。
【0003】
近年、車両の周囲の映像を、様々な角度から撮像しかつ記録するため、複数のカメラが車両に装着されている。複数のカメラを使用することで、走行の安全性は改善されるが、映像記録量は、依然、記憶装置の記憶容量に依存している。しかし、そのような車載用映像記録装置による連続記録処理は、幾つかの問題を生じる場合がある。例えば、全てのカメラが常態的に車両の周囲の映像を記録するようになっている場合、新しく撮像した映像を記録するために記憶消去動作を頻繁に行うことで、記憶装置の寿命が著しく短くなる。
【0004】
さらに、車載用映像記録装置の最も重要な目的は、緊急時における特定の出来事を示す重要な映像を保存することである。しかし、膨大な量の映像データから、重要な映像を探し出すのは困難である。また、頻繁に記憶装置のデータを消去することで、過去に記憶した重要な映像を消失してしまうかもしれないという問題があった。
上記した問題を解決するため、本考案は、それらの問題を軽減又は無くすことができる車載用映像記録装置を提供する。
【0005】

(57)【要約】

【課題】複数のカメラを用いて、異なる視点からの車両周囲の映像及び車両内の映像をそれぞれ撮像し、車両の検出された状態に基づいて、適切なカメラを選択的に作動させる車載用映像記録装置を提供する。【解決手段】車両に取り付けられる複数のカメラ1〜5と、複数のカメラに電子的に接続される映像処理装置6と、複数のカメラから出力される映像を記憶する記憶装置7と、制御装置8とを具備する。制御装置は、車両状況信号を受信する信号検出モジュール81と、車両と対象物との距離を感知する距離検出モジュール82と、警告信号を出力する出力モジュール83と、車両状況信号に基づいて複数のカメラを制御する中央制御モジュール87とを具備する。車載用映像記録装置は、カメラを適宜選択しながら作動し、車両の周囲の画像を記録することにより、走行の安全性を高めることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):