(54)【考案の名称】ソーラーパネル設置用ベース板の支承金具

(73)【実用新案権者】大和スレート株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はソーラーパネル設置用ベース板の支承金具に関し、特に、基礎金具となるC字鋼バー材上に波板スレートを葺き、その上にカバールーフを葺いた二重構造屋根にあって、ソーラーパネルを設置するため、そのベース板を支承するための支承金具に関する。

【従来の技術】

【0002】
ソーラーパネルを目的個所に設置するには、そのソーラーパネルのモジュールを支持するためのベース板が必要とされる。現在、ソーラーパネルは建造物の屋根上に設置することが広く実施されており、高効率を得ているが、上記したように二重構造屋根にあっては、ベース板を支承するための構成が開発されておらず、そのため、ソーラーパネルを設置することを断念するか、既設の二重構造屋根を取り外し、他の構造へ変更しなければならないという煩わしさがあった。
【0003】
この二重構造はカバールーフを波板スレートに重ねることで、より段差を設けて防水性を高め台風時等の横風、強風に対する強度を持たせ、カバールーフと波板スレートの間の溝部分は通気性をよくしてあるので断熱効果も得ることができることとなる。
【0004】
この既設の二重構造屋根に対して、取り付けるソーラーパネル設置用ベース支承金具の基本構造は出願人が実願2012−6765号として出願し、第3181079号として登録になっている。しかし、二重構造屋根における波板スレートは葺く際に横重ね及び縦重ねで施工するので、必然的に重合部分は、その波板スレートの厚さ分の段差が生じ、この段差が生じた上にカバールーフを配置すると、その天面位置は水平からずれてしまう。
【0005】
この位置ずれを調整して水平を出す場合にはカバールーフに対して、図7、図8として示すスペーサ(調整座金)を介在させることになる。ここで図7に示す10はサイドスペーサー、図8に示す11はセンタースペーサーである。
【0006】

【効果】

【0012】
本考案に係るソーラーパネル設置用ベース板の支承金具は上記のように構成されている。そのため、波板スレートの重合による段差によって生じるカバールーフ天面の凹凸もこの支承金具の屈曲部によって吸収することができ、カバールーフに対する調整作業も最小のもので済み、容易にフラットな状態でソーラーパネル設置用ベース板を装備させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】本考案の第一実施例に係る支承金具を示す正面図である。
【図2】縦断面図である。
【図3】第二実施例を示す正面図である。
【図4】縦断面図である。
【図5】第三実施例を示す正面図である。
【図6】縦断面図である。
【図7】サイドスペーサーを示す図である。
【図8】センタースペーサーを示す図である。

【0014】
図面として示し、実施例で説明したように構成したことで実現した。
【0015】
次に、本考案の好ましい第一実施例を図1、図2を参照して説明する。これらの図にあって1は本考案を実施した支承金具を示している。この支承金具1は鋼板で成形され、防錆のため亜鉛メッキ仕上げが施されたものとなっており、全体としては長方形の板状となっており、その短手側の両端はカバールーフのカバー部の外側面と合致して沿うように屈曲されており(想定は120度)、正背面から見ると略台形状となっている。
【0016】
この支承金具1の長手方向に沿った中央部分は略断面コ字状に外方へ突出された突出部2となっており、補強処理がなされている。本実施例ではこの突出部2の突出寸法は4mmを想定している。この突出部2の中央部位には、支承金具1の長手方向に沿って長寸とした小判状の長孔3が設けられている。ここで長孔3を設けてあるのはボルト挿通位置をアジャストすることができるようにするためである。
【0017】
また、突出部2には前記長孔3と中心線を直線上としたネジ挿通孔4、4が設けられ、このネジ挿通孔4、4はカバールーフのカバー部頂面と対応する位置とされ、ネジの挿通位置をアジャストすることができるように、このネジ挿通孔4、4も長孔が使用されている。
【0018】
さらに、この第一実施例にあっては、支承金具1の長手方向に沿って、一方端部から長さの約3分の1程度の位置に第一屈曲部5を設け、ネジ挿通孔4の位置面を水平に保つテーパ面7を形成する第二屈曲部6が形成されている。この二つの屈曲部5、6によるテーパ面7の存在で、波板スレートの重合による段差で生じるカバールーフの天面位置の凹凸を吸収し、支承金具1の水平性を保持することができる。尚、この第一屈曲部5、第二屈曲部6及びテーパ面7は突出部2のみに設ければよいが、加工上は、そのサイド部分にも同様に加工している。
【0019】
この支承金具1の使用方法は特許文献1に詳述してあるが、屋根の傾斜方向と直交させて適宜間隔で配置した既存母屋材であるC字鋼バー上に波板スレートを取り付け、この波板スレートは幅方向(波形方向)の端部で重合する。この波板スレート上には鋼製、それもカルバリューム製のカバールーフが配置される。このカバールーフは波板スレートの空面上に位置する断面台形状をしたカバー部と、そのカバー部間を連結する平板部よりなる。このカバールーフ上に支承金具1は隣接するカバー部を跨ぐように架設される。
【0020】
この架設状態でネジ挿通孔4、4に上方からカバールーフのカバー部及び波板スレートの突面を貫通してネジが挿通され、その下端はC字鋼に止着されて固定される。このネジによる止着にあって、支承金具1の上面にはネジ挿通孔4、4と対応して座金とパッキンが介在され、締着力を高める。
【0021】
また、支承金具1の中央長孔3に対応する上面には架台を載荷する諸種のブラケット等また架台を連結する諸種の受金具等が設置される。
【0022】
この架台を載荷する諸種のブラケット等また架台を連結する諸種の受金具等は支承金具1の下方からボルト8を長孔3に挿通して止着固定される。前記した架台はソーラーパネルのモジュールを固定するためのベース板となる。
【0023】
次に、図3、図4を参照して本考案の第二実施例を説明する。これらの図中1aは支承金具を示しており、この支承金具1aの基本構造及び使用方法は第一実施例における支承金具1と同様であり、突出部2aの存在構成も同様である。
【0024】
この第二実施例における支承金具1aは、第一実施例で第一屈曲部5、第二屈曲部6及びテーパ面7を片側のみに形成してあるのに対し、これと同様の第一屈曲部5a、5a、第二屈曲部6a、6a及びテーパ面7a、7aを、中心を境として左右対称に設け、結果としてセンター部分を外方(上方)へ膨出させた形態となっているもので、このセンター部分で波板スレートの重合による突出した段差を吸収するものとしている。
【0025】
さらに、図5、図6を参照して本考案の第三実施例を説明する。これらの図中1bは支承金具を示しており、この支承金具1bも第一実施例における支承金具1、第二実施例における支承金具1aと同様であり、突出部2bの存在構成も同様である。
【0026】
この第三実施例における支承金具1bは、第二実施例の支承金具1aがセンター部分を外方(上方)へ膨出させた形態としているが、これと逆にセンター部分を内方(下方)へ凹ませた形態としてある。つまり、第一屈曲部5b、5bの位置が第二屈曲部6b、6bの位置よりも内方(下方)へ位置する。換言すると支承金具1bの両端をセンター位置よりも高く設定してあるもので、この両端寄りの部分で波板スレートの重合による突出した段差を吸収するものとしている。
【産業上の利用可能性】
【0027】
本実施例に係るソーラーパネル設置用ベース板の支承金具は上記のように構成されている。実施例における数値材料はこれに限定されるものではなく、必要に応じて変更採択されるものであることは勿論である。加えて、本考案の目的は波板スレートの重合によって、カバールーフの天面位置が凹凸となってしまう段差の吸収にあり、その現場に応じて、支承金具の屈曲を構成することは各実施例以外でも有効である。
【0028】
1,1a,1b 支承金具
2,2a,2b 突出部
3 長孔
4 ネジ挿通孔
5,5a,5b 第一の屈曲部
6,6a,6b 第二の屈曲部
7,7a,7b テーパ面
8 ボルト
10 サイドスペーサー
11 センタースペーサー

(57)【要約】

【課題】ソーラーパネルの設置作業において、波板スレートの重合部分に生じる段差を吸収して水平を出すための調整作業を最小限にすることができ、かつ屋根の部位別に合ったパネル設置用ベース板の支承金具を提供する。【解決手段】カバールーフの隣接するカバー部を跨いで架設され、断面をカバー部の側面と沿う略台形状とし、その断面台形状の突出部2間の中央部位に受金具を固着するボルト挿通用の長孔3を設け、前記カバー部と対応する部位には、カバー部、波板の突面を貫通し、既存母屋材に当該金具を固定するためのネジの挿通孔4が設けられているソーラーパネル設置用ベース板の支承金具1において、前記突出部2の一部に波板スレートの重合による段差を吸収し、平坦度を保持するための屈曲部を形成してあることとする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):