(54)【考案の名称】携帯用雨滴拭き取りタオル

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、雨傘に取りつけて携帯できるようにした、雨滴拭き取り用のタオルに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
雨の日に傘をさしていた歩行者が、店舗等公衆の集まる屋内に入る際、折りたたんだ傘から雨滴が飛散して入口付近や屋内の床を濡らすことがあるので、転倒の危険や床の汚損を防止するため、建物入口に備えた傘用のビニール袋に濡れた傘を収納してから入館していた。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
傘を折りたたんだ際に飛び散った雨滴が建物入口付近の床面を濡らすと、滑って転倒するおそれがあり危険である。また折りたたんだ傘をビニール袋に収納することは煩瑣であり、入口付近での混雑を招くうえ、在館中だけ使用して使い捨てることになるビニール袋は資源の浪費でもある。従って、傘に付属したタオルによって雨滴を簡便に拭き取ることができるようにすることにより、これらの課題を解決しようとするものである。

【効果】

【0005】
上述の様に、雨滴を簡便かつ敏速に拭き取ることができるため、建物入口付近の床が濡れていることによる転倒の危険を防止し、しかも傘を収納するためのビニール袋の使用をも不要とすることにより、入口付近での混雑の緩和と資源の節約に役立つ。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案のタオルの構造を示す正面図である。
【図1】本考案のタオルの構造を示す背面図である。
【図2】本考案のタオルに使用後の傘をくぐらせて使用している場面を示す図である。

(57)【要約】

【課題】輪状にして傘の柄に取りつける布製装具に雨滴を拭き取る機能を持たせ、濡れた傘を折りたたんだ際の雨滴の飛散を防止出来る傘用装具を提供する。【解決手段】長さ25cm、幅8cm程度のマイクロファイバータオル1の両端に面ファスナーを縫い付け、任意の直径の輪状とすることができるようにした上、これに50cm程度のゴム紐3を縫いつけて傘の柄に結びつけられるようにする。傘の携帯時及び使用時には柄の部分に巻いてアクセサリーとして使用するとともに、傘の使用後には輪状のまま柄からはずして、折りたたんだ傘の先端に通し、柄の方向に向けて傘をくぐらせることにより雨滴を拭き取る。これにより、傘から垂れる雨滴が建物の入口付近の床を濡らすのを防止するとともに、屋内に入る際に雨滴のついた傘をビニール袋等に収納する手間をも不要とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):