(54)【考案の名称】携帯型ホワイトボード

(51)【国際特許分類】

B43L 1/04 ・黒板

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は板書や掲示板として使用されるホワイトボードに関し、より詳しくは携帯可能なホワイトボードに関する。

【従来の技術】

【0002】
筒状に丸めて携帯することが可能な白板が、特許文献1に記載されている。
【0003】
文字等を記入するための表示部を、ポリプロピレンフィルム層で形成し、巻き取りローラで移動可能とすることで小型化した携帯型白板が、特許文献2に記載されている。
【0004】

【効果】

【0012】
上記のように構成される本考案が、如何に作用して課題を解決する効果を奏するかを、図面参照しながら概説する。
【0013】
図3、図4及び図7に示すように、本考案に係るホワイトボード1はその中央部を折り曲げることで、畳むことが可能に構成してある。すなわち、コンパクトで携帯可能な形態にすることができ、一人でも簡単に持ち運びできる等、その取扱性が格段に向上する。しかも使用時には、すばやく展開してフラットで筆記可能な台板を再現できるように構成しているので、使い勝手に優れたものとなる。
【0014】
しかも、図9に示すようにボード本体2の上面に隔離板4を、ボード本体と接しない状態で嵌めこむことが可能であり、あるいは図10に示すように、シート材5をボード本体と接しない状態で被せることが可能であり、一方のボード本体2の筆記面に書かれた文字等が他方のボード本体2の筆記面等に移ることを可及的に防ぐことが可能となる。すなわち、予めボード本体2に文字等を書き込んで携帯可能となり、作業性の向上が図れるものである。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】請求項1記載の考案の正面図
【図2】同、A−A線断面図
【図3】同、斜視図
【図4】同、折畳んだ状態の断面図
【図5】他の実施例にかかる請求項1記載の考案の正面図
【図6】同、B−B線断面図
【図7】同、斜視図
【図8】請求項2記載の考案の正面図
【図9】同、C−C線断面図
【図10】請求項3記載の考案の斜視図

【0016】
一、 以下、好ましい考案の一実施形態につき、図面を参照しながら概説する。なお、本考案の実施の形態は、下記の実施形態に何ら限定されることはなく、本考案の技術的範囲に属する限り種々の形態を採りうる。
【0017】
二、 各請求項に係る本考案は、いずれも、折り畳み自在な板材3にボード本体2が嵌め込まれて形成されている。
【0018】
ボード本体2は一般的なホワイトボードに用いられるボード、すなわち芯材である合板の表面に樹脂を被覆して筆記面を形成したものや、板紙や段ボールの一面に樹脂をコーティングしたりフィルムを貼着して筆記層を形成したものなどを利用できる。
【0019】
ボード本体としては白色以外、使用するホワイトボード欄のペンのインクの色が見易い色であれば、青,赤,黒等何色でもよい。また板の厚さも厚板,薄板等、特に限るものではない
三、 図1乃至図4は、請求項1記載の考案の一実施形態を示すものである。
【0020】
板材3として、皮革や弾性を有する樹脂など柔軟素材を利用することで、折り畳み自在にしてあり、折畳んだ際に対向する位置に、一対のボード本体2,2が嵌めこんである。
【0021】
ボード本体2の嵌め込み方法は、板材3に方形にわたる係止辺3aを設け、当該係止辺3aに係止される形状でボード本体2を嵌めこんである。この係止辺3aは、図4に示すように、ホワイトボード1を折畳んだ際に、係止辺3a同士が当接する形状に設けてある。
【0022】
四、 図5乃至図7は請求項1記載の考案の他の実施形態を示すものである。
【0023】
板材3として、一対の木板や樹脂板を用いており、ヒンジを備える連結金具6により折り畳み自在に形成してある。係止辺3aの形状等は上記と同様である。
【0024】
五、 図8及び図9は、請求項2記載の考案を示すものである。
【0025】
板材3に設けた係止辺3aに、方形にわたる段部3bを設け、当該段部3bに隔離板4を嵌め込み可能に形成してある。なお、段部3bは図中、一方のボード本体2を嵌めこむ係止辺3a側にのみ設けられているが、双方に設けても構わない。
【0026】
隔離板4は、木板や樹脂板などを利用可能である。
【0027】
六、 図10は請求項3記載の考案を示すものである。ボード本体2の一方又は双方の上面に、シート材5をボード本体2と接しない状態で被せることを可能に構成してある。すなわち、板材3の上面に取付手段7を用いて、シート材5を着脱自在に、あるいは固着して、取付けるものである。取付手段7は対をなす雄型スナップ・雌型スナップ等で着脱自在に構成しても良いし、面状ファスナでも代用可能である。あるいはピンなどで固定してもよい。
【0028】
シート材7は樹脂シートや、布体を利用可能である。シート材7の大きさは、ボード本体2の外部に現れている面をほぼ全て覆う程度が好ましい。
【0029】
1・・ホワイトボード
2・・ボード本体
3・・板材
3a・・係止辺
3b・・段部
4・・隔離板
5・・シート材
6・・連結金具
7・・取付手段

(57)【要約】

【課題】携帯可能であり、手軽に持ち運べる携帯型ホワイトボードを提供する。【解決手段】折り畳み自在な板材3にボード本体2が嵌め込まれて形成されている。ボード本体2は一般的なホワイトボードに用いられるボード、すなわち芯材である合板の表面に樹脂を被覆して筆記面を形成した。板材3として、皮革や弾性を有する樹脂など柔軟素材を利用することで、折り畳み自在にしてあり、折畳んだ際に対向する位置に、一対のボード本体2,2が嵌めこんである。ボード本体2の嵌め込み方法は、板材3に方形にわたる係止辺3aを設け、当該係止辺3aに係止される形状でボード本体2を嵌めこんである。この係止辺3aは、ホワイトボードを折畳んだ際に、係止辺3a同士が当接する形状に設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):