(54)【考案の名称】ツーウエイペンダントヘッド

(73)【実用新案権者】株式会社ラッキー商会

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、主としてネックレス、イヤリング、ブレスレット等のチェーン状装身具に吊着される、好ましくは複数個の宝石類を備えたペンダントヘッドに係り、より詳しくは、ペンダント基体に連結部位を備え、この連結部位に連結金具を装着し、この連結金具を介して、ペンダント基体を直線状に連結し、或いはこれを集合させて新たな形状とすることが可能なツーウエイペンダントヘッドに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般的に、ネックレス、イヤリング、ブレスレット等のチェーン状装身具にはペンダントヘッドを吊着することが多く、このペンダントヘッドの中には宝石類を備えたものが存在する。この宝石類を備えるに際しては、宝石類に直接連結穴を形成して丸環にて連結したり、ペンダント基体である枠体を用い、この枠体内に宝石類を装着し、この枠体を丸環にて連結する方法が採用されている。
【0003】
さて、特許文献1に記載された(特許文献1の図1から図4に記載)ペンダントヘッドは、複数個のダイヤモンドを直線状に丸環にて連結したものであり、ダイヤモンドの上下に連結用穴を開け、これを丸環にて連結したもので、チェーンを装着して使用される。しかしながら、この種のペンダントヘッドにあっては、チェーンに対してダイヤモンドが直線状に吊下げられ、これが左右に揺れるだけであって、ペンダントヘッド自体が他の形状に変化することは考慮に入れられていない。
【0004】
又、特許文献1に挙げられた従来技術(特許文献1の図5に記載)は、枠体内にダイヤモンドが嵌められたペンダントヘッドの構造であって、これまたペンダントヘッド自体が他の形状に変化することは考慮に入れられていないことは明らかである。
【0005】
更に、特許文献2、3に技術にあっても同様であり、チェーンに対してペンダントヘッドが直線状に吊下げられるだけで、他の形状に変化することはない。
【0006】

【効果】

【0014】
本考案のペンダントヘッドは、以上のように複数個連接したペンダント基体にチェーンを装着して一直線状に吊り下げて使用することができることは勿論、チェーン引っ掛け部にチェーンを引っ掛けて使用することにより、ペンダントヘッドとして他の形態に変形することが可能となったもので、いわゆるツーウエイペンダントヘッドを提供可能としたものである。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】図1は、本考案のペンダントヘッドの第1例を示す正面図である。
【図2】図2は、図1の背面図である。
【図3】図3は、図1の最下部のペンダント基体の中央断面図である。
【図4】図4は、丸環の別例を示す図である。
【図5】図5は、ペンダントヘッドの第1例の新たに構成したヘッドの正面図である。
【図6】図6は、本考案のペンダントヘッドの第2例を示す正面図である。
【図7】図7は、ペンダントヘッドの第2例の新たに構成したヘッドの正面図である。
【図8】図8は、本考案のペンダントヘッドの第3例を示す正面図である。
【図9】図9は、ペンダントヘッドの第3例の新たに構成したヘッドの正面図である。
【図10】図10は、本考案のペンダントヘッドの第4例を示す正面図である。
【図11】図11は、ペンダントヘッドの第4例の新たに構成したヘッドの正面図である。
【図12】図12は、本考案のペンダントヘッドの第5例を示す正面図である。
【図13】図13は、図11の背面図である。
【図14】図14は、図11の側面図である。
【図15】図15は、ペンダントヘッドの第5例の新たに構成したヘッドの正面図である。
【図16】図16は、図15の背面図である。

【0016】
本考案のペンダントヘッドの基本形態は、ペンダント基体を複数個連接し、その最上位のペンダント基体の最上部にチェーン装着部を備え、最下位のペンダント基体に備えたチェーン引っ掛け部にチェーンを同時に引っ掛けることによって、最上位のペンダント基体と最下位のペンダント基体とが引っ張られて寄り合い、単にペンダント基体が複数個連接されただけでないツーウエイペンダントヘッドを構成することとなる。
【0017】
本考案のペンダントヘッドの基本形態にあって、各ペンダント基体の連接は対向する位置のピンを丸環にて接続した構造とするのが好ましい。ペンダント基体の最下部のチェーン引っ掛け部は、ピンとこのピンの先端に横方向に伸びる裏部材に形成されたチェーン挿入口とで構成され、このピンに対して横方向に伸びるこの裏部材がフックの役目をしてチェーンが外れることなく、ピンにからみつくこととなる。
【0018】
ペンダント基体の表部材は正面視で任意の形状とすることが可能であり、このことにより、チェーにて吊り下げた際にペンダントヘッドが略々ハート型となったり、六角形状となったりすることが可能となったものである。
【0019】
本考案のペンダント基体の表部材は、金属素材そのものであっても良いが、通常は表部材に各種の宝石を装着した構造のものが装飾上好ましい。尚、本考案でいう宝石とはダイヤモンドをはじめとして天然或いは合成のルビー、サファイヤ、キュービックジルコニア等、特に限定されることはない。
【0020】
ピンの連結に用いられる丸環は、単純に独立したものでも良いが、場合によっては連接される一方のピンと一体に形成されたものであっても良い。そして、裏部材は平板状のものであっても、枠体状のものであっても任意に選択可能であるが、枠体状のものが通常用いられる。
【0021】
図1は、本考案のペンダントヘッドの第1例を示す正面図であり、図2はその背面図、図3は最下部のペンダント基体の中央断面図である。図中、A1、A2、A3は正面視で略正方形のペンダント基体であり、夫々表部材1とこれに間隔をもって構成される枠体状の裏部材2とからなり、少なくとも上下でピン3にて一体とされている。尚、上下のみならず左右のコーナー部もピンにて一体化されることもある。
【0022】
そして、上下のピン(対角線のコーナーのピン)3a、3bを丸環4にてペンダント基体A1、A2、A3を上から順に三個連接したペンダントヘッドである。尚、丸環4はこの例では独立した部材として採用したが、図4に示すように一方のピン3に一体として備え付けても良い。
【0023】
そして、最上位のペンダント基体A1の最上部に位置するピン3aをチェーン装着部5とし、ここにチェーン20を備えるもので、一方、最下位のペンダント基体A3の最下部には、ピン3bとこれに連なる裏部材2に形成されたチェーン挿入口6からなるチェーン引っ掛け部7を備えるものである。チェーン引っ掛け部7にあって、チェーン挿入口6を構成した裏部材2がフックの役割をなし、このため身体への装着時にチェーン20が外れることはない。尚、チェーン挿入口6は直線状の切断面を示したが、これに限定されるものではなく、ジグザグ状、円弧状などであっても良い。
【0024】
従って、チェーン20をチェーン装着部5に通し、更にチェーン挿入口6に通してチェーン引っ掛け部7に引っ掛けてペンダントヘッドを吊り下げた際、チェーン20はピン3a及び3bに絡み付いてペンダントヘッドが吊り下げられ、基本的にはペンダント基体A2の上2辺とペンダント基体A1及びA3の一辺が接して図5に示すような新たな形を構成し、ここにツーウエイペンダントヘッドを構成することとなる。
【0025】
図6は、本考案のペンダントの第2例を示す正面図である。尚、表部材、裏部材、ピン、チェーン引っ掛け部などの構造は第1例と同様であり、説明は省略する。
さて、四つのペンダント基体A1、A2、A3、A4は正面視で略正方形をなし、これを上下のコーナー部をもって丸環にて連接し、ペンダント基体A1にチェーン装着部5を、そしてペンダント基体A4の最下部にチェーン挿入口6を備えたチェーン引っ掛け部7を形成したものである。
【0026】
この実施例2にあって、チェーン20にてかかるペンダントヘッドを吊り下げた際、図7に示すように隣り合うペンダント基体の辺同士が接触し、正面視で略正方形をなす新たなペンダントヘッド構造となる。ここにツーウエイペンダントヘッドを構成することとなる。尚、ペンダント基体の形状に手を加え、これによって新たな構成のペンダントヘッドができることは勿論である。
【0027】
図8は、本考案のペンダントの第3例を示す正面図である。尚、表部材、裏部材、ピン、チェーン引っ掛け部などの構造は第1例と同様である。
さて、三つのペンダント基体A1、A2、A3は正面視で正三角形を二つ繋げた菱形をなし、これを連接したペンダントヘッドである。
【0028】
この実施例3にあって、チェーン引っ掛け部7にチェーン20を引っ掛けてペンダントヘッドを吊り下げた際、図9に示すようにペンダント基体A2の2辺とペンダント基体A1及びA3の一辺が接して正面視で略六角型をなす新たなペンダントヘッド構造となる。ここにツーウエイペンダントヘッドを構成することとなる。かかる例にあっても、ペンダント基体の形状に手を加え、これによって新たな構成のペンダントヘッドができることは勿論である。
【0029】
図10は、本考案のペンダントヘッドの第4例を示す正面図である。この例は、ペンダント基体の形状に変化をもたせて特異な形状を発現する例であり、A1、A3は正面視で略々正方形をなし一方、ペンダント基体A2は正面視で略々十字形をなしたものである。尚、表部材、裏部材、ピン、チェーン引っ掛け部などの構造は第1例と同様である。
【0030】
そして、ペンダント基体A2の夫々の辺8、9とペンダント基体A1及びA3の外周の一部が接する形状としておけば、図11に示すようにペンダントヘッドが全体として正面視で略々ハート型を呈する構造となり、ここにツーウエイペンダントヘッドを構成することとなる。
【0031】
図12は実施例5の正面図、図13は背面図、図14は側面図、図15はペンダント基体A1及びA3をチェーンにて吊り上げた際の正面図、図16はその背面図である。
この実施例5は、前記した実施例4の変形例とも言うべきものであり、各ペンダント基体には夫々宝石が装着されている例である。ペンダント基体A1、A3は略々方形をなし、この略々方形のコーナー近傍に四つの宝石11が装着され、中央に大きめの表部材からの突起12が配置されている。そして、宝石11を固定するため、略々方形の辺中央近傍からやや外周からはみ出すごとくフック13が伸び、突起12とフック13にて宝石11を挟持したものである。
【0032】
一方、ペンダント基体A2は正面視で略々十字形をなし、中央に大きめの表部材からの突起14、その外側に四つの宝石15、更にその外側に宝石15を固定するためのフック16が配置され、突起14とフック16にて宝石15を挟持したものである。
【0033】
このように構成された実施例5にあって、ペンダントヘッドは図12に示すような単にペンダント基体が複数連接されただけでなく、ペンダント基体A1及びA3をチェーンにて吊り上げた際、ペンダント基体A2の上2辺8、9とペンダント基体A1及びA3の外周の一部が接する形状、即ちペンダント基体A2の凹み辺8、9と、ペンダント基体A1、A3の外周から突出するフック13が嵌まり合う形状としたので、図15に示すようペンンダントヘッドが全体として正面視で略ハート型を呈する構造となり、ここにツーウエイペンダントヘッドを構成することとなる。
【産業上の利用可能性】
【0034】
本考案は以上の通りであり、従来では単にペンダント基体が上下に吊り下がるだけのペンダントヘッドであったのに対し、ペンダント基体の最下部にチェーン挿入口を備えたチェーン引っ掛け部を形成し、ここにチェーンを通して吊り挙げることにより、ペンダントヘッドそのものの正面視で宝石等の配置のバリエーションを変えることができるようになったものであり、装飾的にきわめて優れたものとなったものである。このため、各種の装身具として広く採用可能となったものである。
【0035】
A1、A2、A3、A4 ペンダント基体
1 表部材
2 裏部材
3、3a、3b ピン
4 丸環
5 チェーン装着部
6 チェーン挿入口
7 チェーン引っ掛け部
8、9 ペンダント基体A2の側辺
20 チェーン
11、15 宝石
12、14 突起
13、16 フック

(57)【要約】

【課題】チェーン状装身具に吊着される、複数個の宝石類を備えたペンダントに係り、連結金具を介して、宝石類を直線状に連結し、或いは宝石類を集合させて新たな形状とすることが可能なツーウエイペンダントヘッドを提供する。【解決手段】各ペンダント基体A1,A2,A3は、表部材1とこれに間隔をもって構成される裏部材とからなり、この表部材と裏部材はピン3にて一体とされ、各ペンダント基体のピンを丸環4をもって複数個連接してなり、最上位のペンダント基体A1の最上部にチェーン装着部5を備え、最下位のペンダント基体A3の最下部にチェーン引っ掛け部7を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):