(54)【考案の名称】保護シース

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、保護シース(protective sheath)に関し、特に、携帯型電子装置(portable electronic device)及び入力装置(input device)に適用される保護シースに関する。

【従来の技術】

【0002】
科学技術の発展に伴い、MP3、MP4などのマルチメディアプレーヤー(multimedia player)、携帯電話(cell phone)、PDA(personal digital assistant)、携帯型ゲーム機(hand−held game console)、電子書籍(electronic book,E−book)、タブレットコンピュータ(tablet personal computer,tablet PC)、ネットブック(netbook)、ノートパソコン(notebook)など、各種の携帯型電子装置は、現代人の生活になくてはならない製品となっている。従来のデスクトップ型パソコン(desktop PC)と比較し、携帯型電子装置の主な長所は、携帯に便利であるという点である。そのため、近年、携帯型電子装置は、いつでもどこでも使用されている。
【0003】
ここで、上述の携帯型電子装置中、一般に、体積の大きなネットブック及びノートパソコンは、キーボード(keyboard)及びモニター(screen)が折り畳み可能な2つの本体(body)上にそれぞれ設置される。これにより、モニターが設置された本体は、キーボードが設置された本体によって支持されるため、立たせることができる上、傾斜角度を調整することができる。これにより、ユーザは、携帯型電子装置を卓上などの載置面上に置き、動画の閲覧及び操作を便利に行うことができる。一方、他の携帯型電子装置は、一般に、一体成形されているため、受け台(cradle)又は他の支持部材を使用しなければ、載置面上に立たせることができない。
【0004】
しかし、一般に、ユーザは、受け台を常に携帯しているわけではない。また、携帯型電子装置に適用される他の支持部材は、容易に入手できるものではない。そこで、保護シースを製造する一部のメーカーは、携帯型電子装置及びキーボードを同時に収納し、保護シース及びキーボードにより、携帯型電子装置を支持して立たせることができる保護シースを案出した。しかし、現在、市場において販売されている保護シースは、携帯型電子装置を所定角度で支持し、載置面上に立たせることができるのみであり、必要に応じ、載置面上に携帯型電子装置を立たせる際の傾斜角度(tilt angle)を調整することができない。
【0005】

【効果】

【0020】
支持部材の第1の折板が第1の保持部材に枢着され、支持部材の第2の折板が第2の保持部材にスライド可能に設けられることにより、第1の保持部材と第2の保持部材との間の相対位置を調整することができる上、第1の保持部材と第2の保持部材との間の相対角度を調整することができる。ユーザは、本考案の保護シースを使用することにより、携帯型電子装置を保護することができる上、いつでもどこでも携帯型電子装置を載置面上に安定的に立たせることができる。さらに、必要に応じて携帯型電子装置の傾斜角度を調整することができる。
【図面の簡単な説明】
【0021】
【図1】本考案の一実施形態による保護シースに携帯型電子装置及び入力装置を組み合わせる前の状態を示す平面図である。
【図2】図1の保護シースに携帯型電子装置及び入力装置を組み合わせた後の第1の使用状態を示す平面図である。
【図3】図2中の保護シースにより、携帯型電子装置を立たせた状態を示す側面図である。
【図4】図2中の保護シースの第2の使用状態を示す平面図である。
【図5】図4中の保護シースにより、携帯型電子装置を立たせた状態を示す側面図である。

【0022】
本考案の目的、特徴および長所を示す実施形態を図面に沿って詳細に説明する。
【0023】
図1は、本考案の一実施形態による保護シースに携帯型電子装置及び入力装置を組み合わせる前の状態を示す平面図である。図2は、図1の保護シースに携帯型電子装置及び入力装置を組み合わせた後の第1の使用状態を示す平面図である。図3は、図2中の保護シースにより、携帯型電子装置を立たせた状態を示す側面図である。図4は、図2中の保護シースの第2の使用状態を示す平面図である。図5は、図4中の保護シースにより、携帯型電子装置を立たせた状態を示す側面図である。以下に示す複数の実施形態中に使用する同一の符号は、同一又は類似の部材に用いる。また、以下に示す複数の実施形態中の上下左右の方向は、図1に示す方向に基づく。
【0024】
図1を参照する。図1に示すように、本考案の保護シース10には、携帯型電子装置20及び入力装置30を装着することができる。携帯型電子装置20は、表示面22を有する。入力装置30は、操作面32を有する。本実施形態中、携帯型電子装置20は、タブレットコンピュータを例示して説明する。入力装置30は、キーボードを例示して説明する。しかし、他の実施形態中、携帯型電子装置は、MP3、MP4などのマルチメディアプレーヤー、携帯電話、PDA、携帯型ゲーム機、電子書籍などでもよい。また、入力装置は、ペンタブレットなどのタブレット型入力装置でもよい。
【0025】
図1〜図3を参照する。図1〜図3に示すように、保護シース10は、第1の保持部材100、第2の保持部材200及び支持部材300を含む。第1の保持部材100は、第1の保持部材100の第1の内表面102上に、携帯型電子装置20の背面を保持するために用いられる。本実施形態中、第1の保持部材100は、背板110及び第1の保持部120を含む。背板110は、携帯型電子装置20の一部背面を被覆するために用いられる。第1の保持部120は、背板110の下側縁から左側縁を通り、上側縁まで延伸する鉤部である。
【0026】
第2の保持部材200は、第2の保持部材200の第2の内表面202上に、入力装置30の背面を保持するために用いられる。本実施形態中、第2の保持部材200は、蓋板210及び第2の保持部220を含む。蓋板210は、第1の保持部材100と第2の保持部材200とを折り畳んだ際、入力装置30と共に、表示面22を被覆するために用いられる。第2の保持部220は、蓋板210の下側縁から右側縁を通り、上側縁まで延伸するもう1つの鉤部である。
【0027】
支持部材300は、互いに隣接する上、折り畳むことができる第1の折板310及び第2の折板320を有する上、第3の保持部330を有する。第1の折板310の左側縁312は、背板110の右側縁に枢着される。また、第2の折板320の右側縁322は、第2の保持部材200にスライド可能に設けられる。ここで、第1の折板310は、携帯型電子装置20を支持するために用いられる(図3参照)ため、硬質皮革又は他の硬質材料からなる。本実施形態中、第1の折板310が背板110に枢着される構造例としては、先ず、2枚のプラスチック板又は硬質皮革などの硬質板部材が互いに対向接続される。その後、軟質皮革が被覆されて一体成形されることにより、2枚の硬質板部材が軟質皮革によって折り畳み可能に互いに接続される。
【0028】
第2の折板320は、第2の保持部材200に第1の折板310をスライド可能に接続させるためのみに用いられるため、軟質皮革又は他の軟質材料からなる。これにより、第1の折板310と第2の保持部材200との間は、第2の折板320の任意の位置上で湾曲させることができる。しかし、第2の折板320は、硬質皮革又は他の硬質材料から製造してもよい。第2の折板320が硬質皮革又は他の硬質材料からなる場合、第1の折板310と第2の折板320との間は、ヒンジ又は他の湾曲可能な構造によって互いに接続する必要がある。また、第3の保持部330は、第1の折板310の下側縁から右下角まで延伸する鉤部と、上側縁から右上角まで延伸する鉤部と、である。第3の保持部330は、第1の保持部材100及び第1の折板310を展開した際、第1の保持部120と共に、携帯型電子装置20を保持するために用いられる。しかし、他の実施形態中、第3の保持部は、第1の折板の第3の内表面に配置される少なくとも1つのゴム紐及び少なくとも1つの面ファスナーでもよい。
【0029】
上述の構造に基づき、ユーザが第1の保持部材100と第1の折板310とを折り畳むと、第3の保持部330から携帯型電子装置20を離脱させることができる。その後、第1の折板310と第2の折板320とを折り畳むことにより、携帯型電子装置20の右側縁を入力装置30の左側縁に当接させることができる。これにより、図3に示すように、携帯型電子装置20は、入力装置30及び第1の折板310によって支持されるため、第2の内表面202上に立たせることができる。また、第2の折板320の右側縁322が第2の保持部材200にスライド可能に設けられるため、携帯型電子装置20を第2の内表面202上に立たせた際、ユーザは、必要に応じ、第1の保持部材100と第2の保持部材200との間の相対位置を調整することができる。これにより、携帯型電子装置20を第2の内表面202上に立たせる際の傾斜角度を調整することができる。
【0030】
詳細に述べると、本実施形態中、第2の保持部材200は、蓋板210の左側縁に形成される開口230と、開口230に連通する収容空間240と、を有する。また、支持部材300は、右側縁322に配置される位置規制部340を有する。第2の折板320の右側縁の長さは、開口230の上下方向上の長さより若干短い。位置規制部340の上下方向上の長さは、開口230の長さより長い上、収容空間240の上下方向上の長さより若干短い。また、位置規制部340の左右方向上の長さは、収容空間240の左右方向上の長さより短い必要がある。これにより、第2の折板320は、開口230に対してスライドさせることができる上、位置規制部340も収容空間240中の図2に示す位置と図4に示す位置との間をスライドさせることができる。これにより、第1の保持部材100と第2の保持部材200との間の相対位置を調整することができる。これにより、ユーザは、図3に示す位置と図5に示す位置との間において、携帯型電子装置20の傾斜角度を調整することができる。また、位置規制部340は、スライドする過程において、収容空間240中から離脱しにくい。
【0031】
また、例えば、蓋板210は、先ず、上下2枚の皮革部材が互いに貼り合わされ、その後、辺縁が縫合されて形成される。このため、2枚の皮革部材を貼り合せる際、2枚の皮革部材の間に貼り合わされない空間を保留することにより、2枚の皮革部材の内表面間に凹陥部(dent)を形成すれば、収容空間240を形成することができる。同様に、2枚の皮革部材を縫合する際、2枚の皮革部材の左側縁の一部を縫合しなければ、開口230を形成することができる。また、位置規制部340は、硬質材料からなるロッド部材であり、第2の折板320の右側縁322に固着されることによって形成される。
【0032】
また、図1に示すように、本実施形態中の第1の保持部材100は、第3の折板130をさらに有する。また、保護シース10は、第3の保持部材400をさらに含む。本実施形態中、第3の折板130は、例えば、背板110の左側縁から外側に延伸する。第3の保持部材400は、例えば、極性が異なる一対の永久磁石である。永久磁石は、第3の折板130及び蓋板210の内部にそれぞれ配置される。これにより、第1の保持部材100と第2の保持部材200とが互いに折り畳まれ、携帯型電子装置20及び入力装置30を被覆すると、第3の折板130を第2の保持部材200の背面の方向に湾曲させることができる。この際、永久磁石(第3の保持部材400)が磁力によって互いに係合し合うため、第1の保持部材100と第2の保持部材200とが折り畳まれた状態を維持することができる。また、他の実施形態中、第2の保持部材は、第4の折板をさらに有し、第4の折板及び背板の内部に永久磁石(第3の保持部材)をそれぞれ配置することができる。第4の折板の配置、構造及び機能は、第3の折板に類似するため、ここでは贅言しない。
【0033】
本考案は、上述の実施形態のみに限定されない。例えば、他の実施形態中、第1の保持部は、背板上に配置され、携帯型電子装置の全ての側縁及び背面を被覆するために用いられるシリコンケース、皮革ケース又はプラスチックケースでもよい。或いは、第1の保持部は、携帯型電子装置を被覆するために用いられる少なくとも1つのゴム紐、少なくとも1つの面ファスナー、少なくとも1つの接着ユニット及びそれらの組合せでもよい。また、第1の保持部材は、背板を含まなくてもよく、携帯型電子装置の全ての側縁及び背面を直接被覆するために用いられる上、一体成形されるシリコンケース、皮革ケース又はプラスチックケースでもよい。この場合、第1の折板の左側縁は、第1の保持部材の右側縁に枢着することができるのみならず、第1の保持部材の左側縁又は第1の保持部材背面の中央領域に枢着することができる。或いは、第1の折板の左側縁も第1の保持部材の上側縁から下側縁に延伸することができる。また、第1の折板は、上述の構造により、第1の保持部材に枢着することができるのみならず、嵌入式のヒンジ又は露出式のヒンジにより、第1の保持部材に枢着することができる。
【0034】
また、他の実施形態中、第2の保持部は、蓋板上に配置される少なくとも1つのゴム紐、少なくとも1つの面ファスナー、少なくとも1つの嵌入部、少なくとも1つの接着ユニット又はそれらの組合せでもよい。或いは、第2の保持部は、入力装置を蓋板上に保持することができる他の任意の構造でもよい。また、第2の折板は、上述の構造のみによって第2の保持部材にスライド可能に設けられるわけではない。他の実施形態中、第2の保持部材及び第2の折板の少なくとも何れかは、少なくとも1つのスライドレールを有してもよい。第2の折板は、スライドレールによって第2の保持部材にスライド可能に設けられる。また、スライドレールは、第2の保持部材と第2の折板との間の相対位置を限定する少なくとも1つの位置規制部をさらに有する。これにより、ユーザは、必要に応じ、第1の保持部材と第2の保持部材との間の相対位置を調整することができる。
【0035】
このほか、第3の保持部材は、極性の異なる永久磁石のみに限定されない。本考案の他の実施形態中、第3の保持部材は、第1の保持部材及び第2の保持部材の少なくとも何れかに配置される少なくとも1つのゴム紐でもよく、第1の保持部材と第2の保持部材とを折り畳んだ際、第1の保持部材及び第2の保持部材を1つにまとめることができる。或いは、第3の保持部材は、第1の保持部材及び第2の保持部材に配置されるファスナーセットと、少なくとも1つの面ファスナーと、少なくとも1つのスナップボタンセットと、少なくとも1つの永久磁石と少なくとも1つの強磁性材料との組合せと、少なくとも1つの鉤部と少なくとも1つの係合孔との組合せと、少なくとも1つのピンと少なくとも1つの挿入孔との組合せと、の中の少なくとも1つでもよい。
【0036】
説明したことから分かるように、本考案中、携帯型電子装置と入力装置とが保護シースの第1の保持部材上と第2の保持部材上とに保持される。このため、本考案の保護シースを使用することにより、携帯型電子装置を保護することができる。また、保護シースの構造により、携帯型電子装置と共に入力装置を携帯することができる。また、支持部材の第1の折板が第1の保持部材に枢着され、支持部材の第2の折板が第2の保持部材にスライド可能に設けられることにより、第1の保持部材と第2の保持部材との間の相対位置を調整することができる上、第1の保持部材と第2の保持部材との間の相対角度を調整することができる。このため、ユーザは、保護シースを使用することにより、いつでもどこでも携帯型電子装置を載置面上に安定的に立たせることができる上、必要に応じて携帯型電子装置の傾斜角度を調整することができる。
【0037】
上記の本考案の実施形態は、本考案を限定するものではなく、当業者は、本考案の主旨を逸脱しない範囲において変更及び修飾を行うことができる。本考案の保護範囲は、実用新案登録請求の範囲に準ずる。
【0038】
10 保護シース
20 携帯型電子装置
22 表示面
30 入力装置
32 操作面
100 第1の保持部材
102 第1の内表面
110 背板
120 第1の保持部
130 第3の折板
200 第2の保持部材
202 第2の内表面
210 蓋板
220 第2の保持部
230 開口
240 収容空間
300 支持部材
310 第1の折板
312 左側縁
320 第2の折板
322 右側縁
330 第3の保持部
340 位置規制部
400 第3の保持部材

(57)【要約】

【課題】携帯型電子装置の傾斜角度を調整することができる保護シースを提供する。【解決手段】本考案の保護シース10は、携帯型電子装置20を保持する第1の保持部材100と、入力装置30を保持する第2の保持部材200と、支持部材300と、を含む。支持部材300は、互いに隣接し合う上、折り畳むことができる第1の折板310及び第2の折板320を有する。第1の折板310は、第1の保持部材100に枢着される。第2の折板320は、第2の保持部材200にスライド可能に設けられる。第2の保持部材200及び第1の折板310に対し、第1の保持部材100を展開すると、第2の内表面202上に携帯型電子装置20を立たせることができる。また、第1の保持部材100を折り畳むと、入力装置30及び第2の内表面202は、携帯型電子装置20の表示面22を被覆する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):