(54)【考案の名称】ソーラパネル装置

(73)【実用新案権者】株式会社日本エナジー研究所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はソーラパネル装置に関し、特に面状照明装置の光エネルギーを有効利用して発電するようにした装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
蛍光灯背後のリフレクタにソーラパネルを取付け、蛍光灯からの光をソーラパネルで受け、ソーラパネルの起電力でコンデンサや充電池を充電し、蛍光灯器具のスイッチがOFFされたとき、あるいは蛍光灯器具が消灯したときにコンデンサや充電池から非常灯や誘導灯に通電して点灯させ、電気エネルギーの有効利用を図ることが提案されている(特許文献1、特許文献2)。
【0003】
本件出願人も、蛍光灯やLED灯の光を効率よく受光して発電するようにしたソーラパネル装置を開発し出願するに至った(特許文献3、特許文献4)。
【0004】
最近、透明ガラス板の一面に透明有機EL層を形成し、透明ガラス板の他面に透明ソーラパネル層を形成し、透明ソーラパネル層で発電した電力を蓄電装置に蓄電し、透明有機EL層の電源として使用するようにした有機EL装置が提案されている。
【0005】
また、導光板の側端面にLEDなどの光源を設け、導光板の表裏面に光反射部を設け、導光板内に光を入射させて光反射部で反射させ、光を導光板の前方に均一に出射させるようにした側面入射方式の面状照明装置が提案され実用化されている(特許文献5、特許文献6)。
【0006】

(57)【要約】

【課題】面状照明装置の光エネルギーを有効利用して発電するようにしたソーラパネル装置を提供する。【解決手段】照明装置の光を受光して発電するようにしたソーラパネル装置において、裏面12に光反射部16が設けられ表面11に微小凹状の光反射部15が形成され表面11から光を出射する導光板10、及び導光板10の側端面に配置され上記導光板10に光を入射させる光源14とを有する面状照明装置と、面状照明装置の表面側に貼着され上記導光板10の表面から出射される光のうち、可視光の光の一部及び紫外光を受光して発電する透明ソーラパネル20と、を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):