(54)【考案の名称】電力供給能力を有するブラケットアセンブリ

(73)【実用新案権者】新日興股▲分▼有限公司

(73)【実用新案権者】▲青▼山科技股▲分▼有限公司

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ブラケットアセンブリに関し、特に、電力供給能力を有するブラケットアセンブリに関する。

【従来の技術】

【0002】
近年より、薄型のモバイル(mobile)又はポータブル(portable)電子デバイスが益々普遍的になっており、例えば、スマートフォン(smart phone)及びタブレットPC(tablet PC)等であり、市場における占有率は、日増しに上昇し、現在は、徐々に従来の携帯電話及びノート型パソコンに取って代わり、新世代のモバイル電子デバイスの主流となっている。一般的に、この種のモバイル電子デバイスの本体は、略薄板形構造を呈し、スマートフォンであるか、タブレットPCであるかに関わらず、何れも然りであり、且つキーボードを取り付ける基板がないので、卓面上に立てて使用することに便利でない。しかしながら、一般の状況において、この種の電子デバイスは、主に手持ち使用するが、長時間の手持ちは、使用者に疲労を感じさせるという以外に、某状態では卓面に立てて使用することにより適合する状況、例えば、動画観賞又は写真等を自動再生する状況を排除することもできない。
【0003】
この種のモバイル電子デバイスは、使用上において、もう1つの主要な問題を有し、それは、耐久性が普遍的に不足していることである。その原因を探求すると、従来のデバイスに比較し、現在のモバイル電子デバイスの機能は、更に複雑であり、スクリーンが更に大きく、相応する消費電量もより高いだけでなく、更に自身に内蔵する電池容量が低く、それは、軽薄短小を追求するが故であり、設計において、必然的に容量が比較的大きく、体積が比較的大きな電池を採用することが困難である。既存の製品において、外付けのモバイル電源を提供することができ、この種のモバイル電源は、電池本体及び伝送線を含み、電池本体は、伝送線を介し、前記モバイル電子デバイスの入力インタフェースに挿入接続し、電力を電子デバイスに供給する。しかしながら、この種のモバイル電源は、使用上、不便であり、美観も損なっている。この観点において、従来技術は、更なる解決案を開示していない。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
これに鑑み、本考案の目的は、電力供給能力を有するブラケットアセンブリを提供し、それに支持性及び美観性を兼ね備えさせる以外に、更に、電力供給を提供し、更に便利することにある。

【効果】

【0011】
本考案が提示する電力供給能力をブラケットアセンブリは、電子デバイスと一体に整合されることができるだけでなく、それを卓面又はその他の載置面上に支持するのに便利であり、同時に電力供給の機能を更に兼ね備え、従来技術に比較し、本考案は、耐久性、利便性、支持性及び美観性を強化している。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の好適実施例のブラケットアセンブリのブラケット展開状態説明図である。
【図2】本考案の好適実施例のブラケットアセンブリのブラケット収納状態説明図である。
【図3】本考案の好適実施例のブラケットアセンブリの内側正面図である。
【図4】本考案の好適実施例のブラケットアセンブリの説明図である。
【図5】本考案のもう1つの好適実施例のブラケットアセンブリの説明図である。

【0013】
本考案の目的、特徴及び利点を当業者に理解し易くする為、以下に好適実施例を挙げ、図面に合わせ、詳細を説明する。
【0014】
<実施方式>
図1、図2、図3、図4を同時に参照し、図1は、本考案の好適実施例のブラケットアセンブリのブラケット展開状態説明図であり、図2は、本考案の好適実施例のブラケットアセンブリのブラケット収納状態説明図であり、図3は、本考案の好適実施例のブラケットアセンブリの内側正面図であり、図4は、本考案の好適実施例のブラケットアセンブリの説明図である。ブラケットアセンブリ10は、電子デバイスを固持するとともに、電力を前記電子デバイスに出力することに適用し、言い換えれば、ブラケットアセンブリ10は、電子デバイスを支持することができる以外に、更に電子デバイスの電力供給元とすることができる。本実施例において、電子デバイスは、タブレットPCであるが、これに限定するものではない。
【0015】
ブラケットアセンブリ10は、板体100、ブラケット200及び電力モジュール300を含む。板体100は、前記タブレットPCを固持することに用い、互いに対立する内側面101及び外側面102を有し、内側面101の周縁に周壁110を延伸設置し、周壁110は、前記タブレットPCの周縁に対応し、且つその形状及び構造は、タブレットPCの周縁と相互に適合する。このタブレットPCが板体100上に取り付けられる時、板体100の内側面101がタブレットPCの背面に隣接され、周壁110は、タブレットPCの周縁を覆い、板体100及び前記タブレットPCに一体感を有する外観を形成させ、且つ板体100及び周壁110にタブレットPCを保護する効果を更に兼ね備えさせる。また、周壁110上に嵌合部120を有し、嵌合部120は、周壁110上の板体100から背面に離れる末端に設置される。本実施例において、嵌合部120は、周壁110末端の突起構造であり、このタブレットPCが板体100上に安置され、その周縁及び周壁110に貼合される時、嵌合部120の突起構造は、タブレットPCを板体100及び周壁110上に嵌合固定することができる。
【0016】
板体100の中央箇所に開口130を設け、開口130が内側面101及び外側面102を貫通し、且つそれが円形貫通孔であり、ブラケット200が板体100の外側面102に設置され、且つ開口130に対応する。ブラケット200は、環部210、支持アーム部材220及び凹溝230を有し、凹溝230は、環形を成し且つ開口130の周縁に環状に凹設され、環部210は、凹溝230と補い合う環形構造を有し、環部210は、支持アーム部材220を介し、凹溝230に移動可能に枢着する。これにより、環部210は、凹溝230中に収納でき、外側面102と一体的な平面を形成し、図2に示すように、板体100上に取り付けたタブレットPCを手持ち方式で使用することに有利である。又は環部210は、展開することもでき、図1に示すように、板体100を適当な載置面上に支持することに有利であり、例えば、卓面であり、このように、タブレットPCを卓面に立てて使用することができる。
【0017】
電力モジュール300は、好ましくは、板体100の内側面101に配置され、これに限定するものではない。電力モジュール300は、電池310及び電力伝送部を含み(図示せず)、板体100の内側面101は、電池スロット160を凹設し(図3及び図4は、電池310の取り付け位置を示す)、電池310は、収容溝160を設置する。本実施例において、電池310は、板体100の内側面101と揃って共同で平坦面を形成する。内側面101の一側は、側壁140を延伸設置し、側壁140及びその近隣の周壁110の間に収容溝150を形成し、電力伝送部は、収容溝150中に収容することができる。電力伝送部は、出力インタフェース320を有し、入力インタフェース320は、側壁140に貫通設置され、且つタブレットPCが有する出力インタフェース320に対応して設置される。
【0018】
電力伝送部は、制御回路を更に含むことができ、且つ導線を接続し(図示せず)、導線の一端に電池310を接続し、他端に制御回路を接続し、制御回路が更に出力インタフェース320接続し、そのうち、前記導線は、内側面101上に接着固定されるか板体100中の所定位置に埋設されることができる。タブレットPCは、板体100上にしっかりと取り付けられる時、出力インタフェース320及びタブレットPCの入力インタフェースが互いに嵌合して電気接続し、これにより、タブレットPC及び電力モジュール300が電気的に導通し、ループを形成し、電池310が出力する電力は、前記導線を経由し、制御回路に伝送することができ、制御回路は、その電流/電圧を制御した後、出力インタフェース320を介し、タブレットPCに伝送し、従って、ブラケットアセンブリ10がタブレットPCに電力を供給する能力を実現する。電源供給方面の技術手段に関しては、当業者が熟知しているものであるので、ここでは、更に記載しない。
【0019】
図5を参照し、図5が開示するのは、本考案の他の好適実施例のブラケットアセンブリの説明図である。図5のブラケットアセンブリ40は、図1〜図4に示すブラケットアセンブリ10を例とし、一部の構造の設計を変更している。ブラケットアセンブリ40は、板体400を有し、板体400の内側面401の中央箇所に凹部430を有し、凹部430は、内側面401から突出して相対側に凹溝を作る構造であり、それは、相応するブラケットを取り付けることに用い(板体400の裏側に位置し、図示せず)、電池510は、凹部430の両側に対称に固定設置され、且つ内側面401及び凹部430の一部分の上を覆う。
【0020】
上記のように、本考案は、電力供給能力を有するブラケットアセンブリであり、それは、電子デバイスと一体に整合することができ、電子デバイスを保護することができる以外に、更に美観性を向上させ、ブラケットの展開時、電子デバイスを卓面又はその他の載置面上に支持することに更に便利であり、また、本考案は、更に電力を要求する機能を兼ね備え、従来技術に比較し、本考案は、耐久性、利便性、支持性及び美観性等の方面に対し、解決案を提示している。
【0021】
なお、本考案では好ましい実施例を前述の通り開示したが、これらは決して本考案に限定するものではなく、当該技術を熟知する者なら誰でも、本考案の精神と領域を脱しない均等の範囲内で各種の変動や潤色を加えることができることは勿論である。
【0022】
10,40 ブラケットアセンブリ
100,400 板体
101,401 内側面
102 外側面
110 周壁
120 嵌合部
130 開口
140 側壁
150 収容溝
160 電池溝
200 ブラケット
210 環部
220 支持アーム部材
230 凹溝
300 電力モジュール
310,510 電池
320 出力インタフェース
430 凹部

(57)【要約】

【課題】支持性及び美観性を向上させた電力供給能力を有するブラケットアセンブリを提供する。【解決手段】電力供給能力を有するブラケットアセンブリ10は、電子デバイスを固持し、保護するとともに、電力をこの電子デバイスに出力することに適用し、それは、板体100、電力モジュール300及びブラケットを含む。板体は、嵌合部120及び相互に対立する内側面101及び外側面を有し、嵌合部が内側面に位置し、且つ電子デバイスに対応する。電力モジュールは、内側面且つ嵌合部と重なり合わない箇所に配置され、電池310及び電力伝送部を含み、電力伝送部の一端が電池に電気接続し、他端が電子デバイスに対応し、ブラケットが外側面に設置される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):