(54)【考案の名称】笛つき携帯電話器

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯電話器に笛を設けていることを特徴とする笛つき携帯電話器に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の技術は、笛をポケットなどに入れて持ち歩くのであるが、面倒なため笛を持ち歩かなかったり、笛を忘れることがあるため、防災や防犯などにおいて、肝心のときに笛を活用できないことが多かった。

【効果】

【0005】
現在における携帯電話の高い普及状況から、本考案の笛つき携帯電話器を携帯すれば、多くの人が常に笛を持ち歩くことになり、いつでも、どこにおいても、必要なときに笛を吹くことが可能になる。このことから、本考案の笛つき携帯電話器は、防災および防犯において極めて大きな効果がある。

(57)【要約】

【課題】携帯電話器に笛を設けていることを特徴とする笛つき携帯電話器を提供する。【解決手段】円筒形の笛の本体の一方端に円柱形の閉鎖器具を取り付け、他の一方端に笛の吹き口5を有し、略3角形の笛孔を笛の本体の中央上部に形成し、当該笛孔の下後部の位置に音調整体を取り付けた笛体2を設け、当該笛体を略4角形の携帯電話器体1の右前部9に笛の吹き口5が携帯電話器体1の右前の角に位置する形態で設けている。これにより、現在の携帯電話の高い普及状況から多くの人が常に笛を持ち歩くことになり、いつでも、どこにおいても、必要なときに笛を吹くことが可能になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):