(54)【考案の名称】ラベル連結体

(73)【実用新案権者】ニチバン株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、マーカーや装飾その他に使用されるラベルを連結したラベル連結体に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、マーカーに使用されるラベル、その他の各種のラベルは、シート状の剥離紙の上に間隔を置いて並べた状態で提供されており、これを剥離紙から剥がして使用している。また、各種の装飾用テープは、一般的に使用されている一定幅のテープに適宜模様を印刷したものを巻芯に巻回した態様で提供されており、これをカッターやハサミで所要の長さに切って使用している。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
上記のようにラベルをシート状の剥離紙の上に間隔を置いて並べた状態にすると、デコレーションに使用する際に一枚ずつ剥がしたものを連続的に並べるようにして貼る必要があって使い勝手が悪いし、また、製造の際にも材料の無駄が多く発生するが、こうした無駄を少なくし、ラベル、特にマーキング、デコレーションなどに使用されるラベルの多数のものを効率的に製造、保存でき、また使用し易いようにしようとするものである。

【効果】

【0005】
本考案によれば、ラベル連結体のラベルを一枚ずつ又は複数枚のラベルが連結部で連結されている状態にして連結部を手などによって容易に切離すことができ、切離す際にラベルを損傷するおそれもなく、切離したラベルを必要な箇所に貼付することができる。
さらに、複数枚のラベルが連結部で連結されている連続状態に切離されたものでは、これを扇状などに湾曲させたりして貼付できるようになるため、多様なデコレーションを容易に行うことが可能となる。
また、このラベル連結体を巻回したものでは、多数のラベルを効率的に保持、保管することができるようになり、更に、巻き戻しの長さによって任意数のラベルが連結された状態のものが得られるので、一層使い易いものとなる。
【0006】
そして、ラベルの粘着剤層を剥離紙で覆うようにしたものでは、こうしたラベル連結体を巻回状態にも、1枚毎のシート状にしても提供することができるので、用途に応じた使い易い種々の商品形態とすることが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案の実施例を示す一部省略平面図である。
【図2】図1に示すものを巻芯に巻回した状態を示す斜視図である。
【図3】本考案の他の実施例を示す一部省略平面図である。
【図4】図3に示すものを巻芯に巻回した状態を示す斜視図である。
【図5】本考案の更に他の実施例を示す一部省略平面図である。
【図6】図5に示すもののI−I線の断面図である。
【図7】図5に示すものを巻芯に巻回した状態を示す斜視図である。
【図8】図5に示すラベルが複数枚連結されたものを扇形に貼付した使用状態を示す説明図である。
【図9】本考案の他例を示す一部省略平面図である。
【図10】図9に示すものを巻回した状態を示す斜視図である。
【図11】本考案の更に他例を示す一部省略平面図である。
【図12】本考案の他の例を示す一部切欠き、一部省略平面図である。
【図13】本考案の更に他の例を示す平面図である。

【0008】
本考案におけるラベル連結体1の基材2には、紙、プラスチックフイルム、布、不織布、金属箔、これらの各種ラミネート体、など適宜の材料を使用することができる。
【0009】
上記基材2の一面には粘着剤層3を形成しており、その粘着剤には天然ゴム系、合成ゴム系、アクリル系、ビニルエーテル系、シリコーン系、ゲル系など各種のものを使用することが可能である。
【0010】
上記基材2に粘着剤層3を形成したものは、円形、楕円形、ハート形、矩形、多角形、動物形、植物形、果実形その他の適宜の形状をしたラベル4に形成することができる。そして、こうしたラベルを狭い連結幅の連結部5によって順次連結してラベル連結体1を形成している。
【0011】
上記狭い連結幅の連結部5は、手などによってその連結部を容易に切離すことができるようなものとしている。上記連結部5の連結幅は0.5mm以上2.0mm以下で形成することが好ましく、さらに好ましくは1.0mm以上1.5mm以下に形成することが好ましい。連結幅が2mmより大きく形成された場合、連結されたラベルを扇状などに湾曲させて貼付することが困難になる。また、連結幅が0.5mm未満で形成された場合、連結部の強度が弱くなりラベル連続体の使い勝手が悪くなることがある。
【0012】
上記基材2の材質が丈夫で連結部5の切離しが難しい場合には、上記連結部5の基材2の粘着剤層3とは反対側の表面6側から、基材の厚さ方向の一部に切線を入れるハーフカットを設けるようにすると、切離しを容易に行うことができるようになる。
【0013】
図1に示すものは、基材2としてやや厚手の紙を使用して直径16mmの円形に形成し、連結部5の連結幅を約1.3mmに形成し、表面側からハーフカットを設けてラベル連結体1としたものである。
このラベル連結体1は、各連結部5で切り離して1枚づつのラベル4として使用したり、幾つかの連結部を切離さずに複数枚のラベルが連なった状態のものとして使用することもできる。
上記したラベルの大きさは、直径が5mm程度の小さなものから直径が20mm以上の大きなものまで、用途に応じて適宜の大きさに形成することができる。
【0014】
図2に示すものは、図1に示すラベル連結体1を巻芯7を使用して巻回したものであり、適宜に巻き戻して使用することができる。この場合、基材2の表面6には剥離処理をおこなって、粘着剤層3が基材の表面に貼り付かないようにするとよい。
このように巻回状態にすると、多数のラベルを効率的に保持させることができる。場合によっては、巻芯の無いものとしてもよい。
【0015】
図3のものは、ラベル4をハート形に形成したものであり、ハート形の膨らみ部分に連結部5を設けてラベル連結体1としたものである。このラベル連結体も図4に示すように、図2と同様にして巻芯7に巻回することができる。
【0016】
図5、6に示すものは、ラベル4を連結している連結部5に繋ぎ片8を設けたものである。この繋ぎ片8は適宜の長さに形成することができるが、通例、約0.1〜1mm、好ましくは0.1〜0.5mm程度にするとよい。
このラベル連結体1には、繋ぎ片8が設けられているので、図8に示すように使用時に複数個のラベルが連結されたものを、扇状やS字状などに適宜に湾曲させて貼り付けることが一層容易に出来るようになり、連結されているラベルが隣接しているラベルと部分的に重なり合うことも少ないので、各種のデコレーション的な使用においても様々な形で使用することが可能となる。
図7には、図5に示すものを図2と同様にして巻芯7に巻回したものを示している。
【0017】
図9のものは、ラベル4をハート形に形成したものを、膨らみ部分で繋ぎ片8を介して連結することによりラベル連結体1としたものである。図10に示すものではこのラベル連結体を巻回状態にしているが、巻芯7を使用していないものである。
【0018】
図11のものは、ラベル連結体1の幅よりやや広い幅のテープ状の剥離紙9を、基材2の片面に設けた粘着剤層3の上に仮着したものである。これは、ラベル4を剥離紙9から剥がし、連結部5を切離して使用することができる。
この剥離紙9を有するラベル連結体1は、上記と同様にして適宜に巻芯7に巻回することができるし、適当な数のラベル4が連結された状態のものを切断して帯状のシートとして提供することもできる。
上記剥離紙9には、ラベル連結体1の幅よりも幅の広いテープ状の剥離紙を使用するようにしてもよい。
【0019】
図12に示すものは、剥離紙9の形状をラベル連結体1と同じ形状に形成したものである。
このものは、ラベル連結体のラベルを剥離紙から剥がし、連結部で切離して使用する他、ラベル連結体を連結部において剥離紙ごと切離してから、ラベルを剥離紙より剥がして使用することもできる。
【0020】
図13には、シート状の剥離紙10に、適宜の数量のラベルが連結されているラベル連結体1の粘着剤層3を仮着したものであり、ラベルの形状の異なるものを並べて貼付している。
このラベル連結体1は、同種形状のものを並行状態に仮着してもよいし、大きさの異なるものや、色彩の異なるものを適宜に組合わせて仮着するようにすることもできる。
【0021】
1 ラベル連結体
2 基材
3 粘着剤層
4 ラベル
5 連結部
6 ラベルの表面
7 巻芯
8 繋ぎ片
9 剥離紙
10 シート状の剥離紙

(57)【要約】

【課題】マーキング、デコレーションなどに使用されるラベルの多数のものを効率的に保存でき、また使用し易いようにしたラベル連結体を提供する。【解決手段】基材2片面に粘着剤層3を有するラベル4を連結部5によって連結する。この連結部5は容易に手によって切離すことができるように、連結部の連結幅を狭く形成している。こうしたラベル連結体1は、ラベルの表面に剥離処理を行って、巻回状態にして提供することができる。ラベル連結体1の連結部5は手で切離して使用することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):