(54)【考案の名称】日めくりカレンダー

(73)【実用新案権者】新日本カレンダー株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、卓上、壁掛け等の形態で用いる日めくりカレンダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に用いる日めくりカレンダーは、1年分のカレンダー用紙を束ねて止め部材により綴り止め、1枚ずつ剥がして使用する構成とされており、そこには、西暦を基準とした日付が印刷されている。
使用に際しては、殆どが1枚ずつのカレンダー用紙を剥ぎ取り、廃棄する方式が採られている。
【0003】
このような日めくりカレンダーとしては、例えば、次の技術が知られている。

【効果】

【0009】
本考案の日めくりカレンダーは、1枚ずつ剥がして使用されるカレンダー用紙に月齢図形が表示されていることで、馴れてくれば今日が旧暦の何日かが分かる。また、下部をみれば、西暦の月日も確認できる。
勿論、西暦表示欄によって、馴染みの西暦を読み取ることができるので、西暦と旧暦との対比が一目で分かる。
本考案のその他の具体的な利点は、以下の説明から明らかとなろう。

(57)【要約】

【課題】古来の知識をベースとした生活に触れ、日本独特の風土に生きる上で有用な月齢を基礎とした日めくりカレンダーを提供する。【解決手段】1年分のカレンダー用紙を束ねて止め部材により綴り止め、1枚ずつ剥がして使用する日めくりカレンダー。前記カレンダー用紙1には、中央部の月齢表示欄5に月齢図形が印刷表示され、該月齢表示欄5の右上方部に旧暦表示欄6が設けられ、前記月齢表示欄5の下方に、西暦を表示する西暦表示欄16が設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):