(54)【考案の名称】記録帳

(73)【実用新案権者】フロンティア株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、予定や日程の記録等に用いられる記録帳に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
一般に、予定や日程の記録に用いられる記録帳として、手帳に代表されるような、記録紙を多数枚重ね合わせ、この積層された記録紙を表装具で覆ったものが知られている。
【0003】
このような一般的な記録帳では、記録したであろう範囲を大まかに特定し、この範囲を順次めくることによって、目的とする記録を見つけ出さなければならない。
【0004】
このような手順で記録を探し出す場合、似かよった記録が多い場合や細かな記録であるとなかなか見つけ出すことができず、めくり作業を繰り返し行なわなければならないことがしばしばである。
【0005】
このような不具合を解消するために、従来では、長尺な記録紙を折り畳み、この記録紙の適宜の山折り部に着色等の見出しをつけるとともに、この記録紙の両端部に表紙をつけて、これらの表紙間に、前記折り畳まれた記録紙を収容した折り畳み手帳が提案されている(特許文献1)。
【0006】
そして、前記折り畳み手帳は、折り畳んだ状態で、前記見出しを記録箇所の索引とし、また、記録紙を広げることによって多数の記録面を一括して検索できるようにして、検索の簡便性を得るようにしている。
【0007】

【効果】

【0029】
このように、本考案に係わる記録帳によれば、閉じた状態で索引の検索が可能であるとともに、使用に際して記録帳を開く際において、開き面の両側に位置する記録紙を保持しながら開くことができ、使用時における記録紙のばらけを防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0030】
【図1】本考案の一実施形態を示す外観斜視図である。
【図2】本考案の一実施形態の表装具の底面図である。
【図3】本考案の一実施形態の記録紙の底面図である。
【図4】本考案の一実施形態を示すもので、表装具を開き、記録紙の一部を引き出した状態を示す外観斜視図である。
【図5】本考案の一実施形態を示すもので、記録紙の複数頁を同時に開いた状態を示す外観斜視図である。
【図6】本考案の一実施例を示すもので、記録紙を引き出して裏返しにした状態を示す外観斜視図である。
【図7】本考案の一実施形態の変形例を示すもので、記録面の他の例を示した外観斜視図である。

【0031】
以下、本考案の一実施形態を図1ないし図6を参照して説明する。
図1において符号1は、本実施形態に係わる記録帳を示す。
【0032】
この記録帳1は、表紙2aとこの表紙2aに折曲可能に連設された裏表紙2bとからなる表装具2と、この表装具2に挟み込むようにして内装される記録紙3と、前記表装具2の開きを拘束する拘束部材4とを具備し、前記記録紙3が、山折り(3a)と谷折り(3b)を繰り返すことによって折り畳まれているとともに、隣接する山折り部3aの内、後方に位置する前記山折り部3aが、手前に位置する山折り部3aよりも所定幅露出させられていることにより索引領域Wが形成され、前記表装具2の表紙2aが、前記索引領域Wの全てを露出させる大きさとなされている。
【0033】
前記表装具2は、図1および図2に示すように、厚手の紙や合成樹脂等によって二つ折りに構成されており、その一方が前記表紙2aとなされ、他方が裏表紙2bとなされている。
【0034】
そして、前記裏表紙2bは、前記記録紙3を折り畳んだ状態において、この記録紙3の全面を覆う大きさに形成され、また、前記表紙2aは、前述したように折り込まれた記録紙3の最上部の記録紙のみを覆う大きさに形成されている。
【0035】
前記記録紙3は、図3に示すように、一つの山折り部3aに対する下方側の折り曲げ幅に対して、上方側の折り曲げ幅が大きくなるように折り曲げられており、この折り曲げ形態を複数繰り返すことによって、山折り部3aが、前記折り曲げ幅の差分だけ順次ずれるように折り曲げられている。
【0036】
そして、折り曲げられた記録紙3の、前記折り曲げ幅に相当する部位がそれぞれ記録面となされ、また、前述した折り曲げ形態とすることにより、前記記録面の、前記山折り部3aに沿った部分に、前述した折り曲げ幅の差分に相当する領域に非重畳部が形成され、この非重畳部が前記索引領域Wとなされている。
【0037】
一方、前述したように異なる折り曲げ幅で繰り返し折り曲げることにより、前述した山折り部3a側において形成される索引領域Wが、図3に示すように、前記谷折り部3bの外側においても同様に形成される。
【0038】
すなわち、折り曲げられた記録紙3を裏返すと、前記山折り部3aと谷折り部3bが入れ替わり、両方において前記索引領域Wが形成される。
【0039】
そして、本実施形態においては、前記記録紙3の記録面に、図4に示すように、暦と記録領域が併記された暦欄Dが表記されている。
【0040】
このように、歴欄Dが表記されている場合にあっては、前記索引領域Wに、対応する歴欄Dの月が表記される。
【0041】
前記拘束部材4は、本実施形態においては、伸縮性を有する環状のバンド(たとえばゴムバンド)によって構成され、このバンドが、その一部を前記表装具2の折り畳み部に固定されることによってこの表装具2に装着されている。
【0042】
そして、折り畳んだ前記記録紙3を前記表装具2内に収納した後に、この表装具2を閉じ、ついで、前記拘束部材4を伸ばして前記表装具2を外側から取り囲むことにより、図1に示すように、この拘束部材4の弾性力によって前記表装具2を閉じた状態、すなわち、前記記録紙3を収納した状態に保持することができる。
【0043】
また、前記記録紙3が表装具2とともに前記拘束部材4によって取り囲まれた状態に保持されるから、携帯時において前記表装具2が開いたり、前記記録紙3がばらけることがない。
【0044】
前記拘束部材4は、図示しないが、係脱可能な一対の係合部材からなるフックによって構成し、一方の係合部材を前記表紙2a若しくは裏表紙2bの何れか一方に固定し、他方の係合部材を、前記表紙2a若しくは裏表紙2bの何れか他方に固定した連結片に固定した構成とすることもできる。
【0045】
このような構成とする場合には、前記表装具2を閉じた状態において、前記連結片を、前記表紙2aと前記裏表紙2bの開放側の端部を横切るように取り回した後に、前記両係合部材を係合させることにより、前記表紙2aと前記裏表紙2bの開きを拘束して、記録帳1を、前記記録紙3を収納した状態に保持する。
【0046】
さらに、前記拘束部材4を、前記表紙2aおよび裏表紙2bのそれぞれに固定した結束紐(図示略)によって構成することもできる。
【0047】
そして、この結束紐を、折り畳んだ前記記録紙3を収納した前記表装具2を閉じた状態で、前記結束紐を結ぶことにより、記録帳1を閉じた状態に保持することができるとともに、前記記録紙3のばらけを防止することができる。
【0048】
前記記録紙3は、折り畳んだ状態で最上部に位置する折り曲げ部3c(図3参照)を、前記表紙2aの内側に貼着することによって、前記表装具2と一体化される。
【0049】
そして、本実施形態の記録帳1は、前記記録紙3を折り畳んで前記表装具2内に収納した状態でこの表装具2を閉じ、ついで、この表装具2を取り囲むように前記拘束部材4を巻き付けることにより、図1に示すように、収納状態に保持される。
【0050】
この状態において、前記記録紙3に形成されている索引領域Wの全てが横並び状態で、かつ、前記表紙2aの側部に露出させられる。
【0051】
したがって、使用者は、収納状態において索引の全てを認識することができ、使用に当たっては、まず、前記拘束部材4を前記表装具2の折り曲げ部側へ移動させて、前記表紙2aと裏表紙2bとの拘束を解除する。
【0052】
この後に、前述したように露出状態にある索引領域Wにより、目的とする記録紙3の部位を特定し、該当する検索領域Wを押さえつつその上方に位置する残余の記録紙3を前記表紙2aとともに開くことにより、目的とする記録面を開くことができる。
【0053】
あるいは、前記上方に位置する記録紙3を掴むとともに、目的とする索引領域Wより下方の記録紙3を掴んで、図4に示すように、引き出すことにより前記記録面を開くことができる。
したがって、目的の記録面を素早く開くことができる。
【0054】
また、記録面を開く作業において、この記録面の両側の記録紙3を掴んだ状態で開くことから、この記録紙3の不要な動きを防止した状態で開き作業が行なわれ、この結果、前記記録紙3がばらけてしまうことが防止される。
【0055】
そして、記録作業や記録された情報の確認作業等を終え、記録帳1を閉じて収納する際には、前記記録紙3を折り畳んで表装具2内に収納し、ついで、前記表装具2の表紙2aを閉じ、さらに、この表装具2に前記拘束部材4を巻き付けるといった簡便な作業で済む。
【0056】
一方、複数の記録面を一度に参照したい場合にあっては、前記表紙2aを開いた状態で、参照したい記録面の挟んだ両側の検索領域Wを掴んで開くことによって、目的とする複数の記録面を開くことができる。
【0057】
たとえば、記録面に歴欄Dが表記され、12月から2月までの記録面を参照したい場合、2月の索引が表記された索引領域Wを備えた記録紙3を、その下方に位置する記録紙3とともに掴み、これらを前記表装具2から引き出す。
【0058】
この操作によって、図5に示すように、12月から2月までの歴欄Dが表記された記録面が開かれ、これらを同時に参照することができる。
【0059】
一方、本実施形態においては、前記記録紙3を異なる折り曲げ幅で繰り返し折り曲げることにより、前述した山折り部3a側において形成される索引領域Wが、図3に示すように、前記谷折り部3bの外側においても同様に形成される。
【0060】
そこで、折り曲げられた記録紙3を、図6に示すように、前記表紙2aを下側にして裏返すと、前記索引領域Wが反転した状態で出現する。
したがって、本実施形態においては、前記記録紙3の両面において、前述した作用が得られる。
【0061】
なお、前記実施形態において示した各構成部材の諸形状や寸法等は一例であって、使用目的や顧客の要望等に基づき種々変更可能である。
たとえば、前記記録紙3の記録面には、前述した歴欄Dに代えて、図7に示すように、メモ欄Mを表記してもよい。

【0062】
1 記録帳
2 表装具
2a 表紙
2b 裏表紙
3 記録紙
3a 山折り部
3b 谷折り部
3c 最上部に位置する折り曲げ部
4 拘束部材
D 歴欄
M メモ欄
W 索引領域



(57)【要約】

【課題】閉じた状態であっても索引を確認することができるとともに、記録確認に際し、記録紙を支持しつつ表紙の開放操作を可能にしてこの記録紙のばらけを防止し、これによって、記録箇所を開く作業や記録内容の確認作業を簡便に行ない得る記録帳を提供する。【解決手段】折曲可能に連設された表紙2aおよび裏表紙2bとからなる表装具2と、表装具に挟み込むようにして内装される記録紙3と、表装具の開きを拘束する拘束部材4とを具備し、記録紙が、山折り3aと谷折りを繰り返すことによって折り畳まれ、隣接する山折り部の内、後方に位置する山折り部が、手前に位置する山折り部よりも所定幅露出させられていることにより索引領域Wが形成され、表装具の表紙が、索引領域の全てを露出させる大きさとなされていることを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):