(54)【考案の名称】携帯機器用ケース

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、携帯機器用ケースに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、ICチップが組み込まれたICカードが広く知られており、特に非接触型ICカードが乗車券および電子マネー等として利用されている。
また、非接触型ICカードとしての機能が付与された携帯電話が広く知られている。
【0003】
今日、携帯電話としては、iPhone(登録商標)に代表されるスマートフォンが人気を集めており、その普及率が急激に増加している。
しかしながら、一部のスマートフォンには、非接触型ICカードとしての機能が備わっておらず、当該機能の付与が強く望まれている。
【0004】
特許文献1には、非接触型ICカードとしての機能が備わっていないスマートフォンのためのケースが開示されている。特許文献1に記載のケースは、スマートフォンとの間に非接触型ICカードを収納できるように構成されている。
しかしながら、特許文献1に記載のケースにおいては、ケースをスマートフォンに取り付ける際、またはケースをスマートフォンから取り外す際に、収納された非接触型ICカードが脱離するおそれがある点で不利である。
【0005】
一方、ポータブルメディアプレーヤおよび携帯情報端末(PDA)等は、携帯電話と同様に常に持ち歩く携帯機器であるにも関わらず、非接触型ICカードとしての機能が備わっているものが殆ど存在していない。
【0006】

【効果】

【0009】
本考案によれば、非接触型ICカードと同様の機能を携帯機器に付与できる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案に係る携帯機器用ケースの一実施形態であるスマートフォンケース、および当該スマートフォンケースが取り付けられるスマートフォンを示す図。
【図2】(a)は、ICモジュールを収納するための溝部が形成されたケース本体を示す図、(b)は、ICモジュールが溝部に収納されたケース本体を示す図。
【図3】ICモジュールと、磁性シートと、スマートフォンとの位置関係を示す断面図。

【0011】
以下では、図1〜図3を参照して、本考案に係る携帯機器用ケースの一実施形態であるスマートフォンケース1について説明する。
スマートフォンケース1は、保護および装飾等のために、スマートフォンSに取り付けられるケースである。
スマートフォンSは、非接触型ICカードとしての機能を有しないスマートフォンであり、略直方体形状を有している。
なお、説明の便宜上、図1における上下方向を、スマートフォンケース1およびスマートフォンSの前後方向と定義する。
【0012】
図1に示すように、スマートフォンケース1は、ケース本体10と、ICモジュール20と、磁性シート30とを具備する。
【0013】
ケース本体10は、スマートフォンSの外形に沿って形成され、スマートフォンケース1がスマートフォンSに取り付けられた際に、ディスプレイ等が設けられたスマートフォンSの前面が露出するように構成されている。つまり、ケース本体10は、前面が開放された略直方体状に形成されている。
ケース本体10は、スマートフォンSの後面を覆う背部11と、スマートフォンSの側面を覆う側部12とを有する。
【0014】
背部11は、所定の厚み(前後寸法)を有し、スマートフォンSの後面の形状に沿った略矩形状に形成されている。背部11には、スマートフォンSの後面に設けられたカメラレンズのための貫通孔11aが形成されている。
【0015】
図2(a)および図2(b)に示すように、背部11の前面には、ICモジュール20を収納するための溝部11bが形成されている。
溝部11bは、背部11の前面が後方に窪むように、ICモジュール20の形状に沿って形成されている。
【0016】
図1に示すように、側部12は、背部11の外縁部が前方に向けて一定の高さ(前後寸法)で突出するように形成されている。側部12は、スマートフォンSに固定できるように構成されている。側部12には、スマートフォンSの電源コネクタの差込口のための貫通孔12a、スマートフォンSのマイクおよびスピーカのための貫通孔12b・12b、ならびにスマートフォンSの音量等の操作スイッチのための貫通孔12cが形成されている。
【0017】
このように、ケース本体10は、スマートフォンSの表面の所定部分(スマートフォンSの表面における、ディスプレイ等を除いた部分)を覆うように構成されている。更に、ケース本体10の内面には、溝部11bが形成されている。
ここで、ケース本体10の「内面」とは、ケース本体10における、スマートフォンSの表面に対向する面である。つまり、ケース本体10の背部11の前面は、ケース本体10の内面の一部を成している。
【0018】
ICモジュール20は、非接触型ICカードに組み込まれたICモジュールと同様に構成され、非接触で外部との通信が可能となっている。
図2(b)に示すように、ICモジュール20は、ICチップ21と、アンテナ22とを有する。
【0019】
ICチップ21は、各種情報処理等を行う制御手段、および各種データが格納される記憶手段を有する集積回路である。ICチップ21は、背部11に形成された溝部11bの所定の位置に収納されている。ICチップ21は、アンテナ22と電気的に接続され、アンテナ22を介して所定のリーダライタ(不図示)との通信を行う。
【0020】
アンテナ22は、前記リーダライタからの磁束によって電流が発生し、当該電流によってICチップ21を起動させる部材である。アンテナ22は、銅またはアルミニウム等から構成された長尺の薄板状の導体であり、所定の形状(本実施形態においては、略矩形状)となるように所定の回数巻かれた状態で、背部11に形成された溝部11bの所定の位置に収納されている。アンテナ22の一端部は、ICチップ21の第一の端子と接続され、アンテナ22の他端部は、ICチップ21の第二の端子と接続されている。
【0021】
磁性シート30は、一般的に、RFID(Radio Frequency IDentification)に用いられる磁性シートであり、樹脂等から成るシートの表面を磁性材料の粉末が覆った構造を有する。
図3に示すように、磁性シート30は、背部11の溝部11bに収納されたICモジュール20を完全に覆うように、両面テープ等によって背部11の前面に接着される。つまり、磁性シート30は、スマートフォンケース1をスマートフォンSに取り付けた際、ICモジュール20とスマートフォンSとの間に介在した状態となる。磁性シート30は、スマートフォンSにおいて磁気エネルギーが電流として消費されるのを抑制し、ICモジュール20と前記リーダライタとの間の通信距離を確保する。
【0022】
以上のように、スマートフォンケース1においては、その外形を成すケース本体10にICモジュール20を組み込み、ICモジュール20とスマートフォンSとの間に磁性シート30を介在させることによって、ICモジュール20と前記リーダライタとの通信を実現させている。
これにより、スマートフォンSに取り付けられるスマートフォンケース1を非接触型ICカードと同様に機能させることができる。換言すれば、スマートフォンSに非接触型ICカードと同様の機能を付与できる。
特に、スマートフォンケース1においては、ICモジュール20がケース本体10に組み込まれているため、非接触型ICカードを収納可能に構成された従来のケースのように、収納された非接触型ICカードが脱離する、という問題が生じない点で有利である。
【0023】
なお、本実施形態においては、ケース本体10の外形を略直方体状としたが、本構成に限定するものではなく、種々の形状を採用可能である。
また、ケース本体10の素材も特に限定されず、例えば、ポリカーボネートまたはシリコンを採用可能である。
【0024】
なお、本実施形態においては、ICチップ21およびアンテナ22を含むICモジュール20を採用したが、本構成に限定するものではない。例えば、本考案に係るICモジュールとして、既存のインレットシートを採用してもよい。
また、複数のICチップを備えたICモジュールを採用することも可能である。かかる場合、各ICチップに接続されたアンテナを、互いに独立させて設けると共に、各ICチップにアンチコリジョン機能を搭載させればよい。これにより、本考案に係る携帯機器用ケースを複数の用途に対応させることができる。
【0025】
また、本考案に係るICモジュールに採用する規格(Type−A、Type−B、およびFelica(登録商標))も特に限定しない。
また、アンテナ22の形状も特に限定されず、ケース本体10の形状等に応じて適宜変更可能である。
【0026】
また、スマートフォンSに限定せず、ポータブルメディアプレーヤおよび携帯情報端末(PDA)等の種々の携帯機器に、本考案に係る携帯機器用ケースを適用可能である。
【0027】
1 スマートフォンケース(携帯機器用ケース)
10 ケース本体
11 背部
11b 溝部
12 側部
20 ICモジュール
21 ICチップ
22 アンテナ
30 磁性シート
S スマートフォン(携帯機器)

(57)【要約】

【課題】非接触型ICカードとしての機能を有する携帯機器用ケースを提供する。【解決手段】携帯機器としてのスマートフォンSに取り付けられる、携帯機器用ケースとしてのスマートフォンケース1であって、スマートフォンSの表面の所定部分を覆うように構成され、内面に溝部が形成されたケース本体10と、非接触で外部と通信可能に構成され、ケース本体10の溝部に収納されるICモジュール20と、ICモジュール20を覆うように、ケース本体10の内面に固定される磁性シート30と、を具備する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):