(54)【考案の名称】冊子状装飾品

(73)【実用新案権者】有限会社トライアード

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、冊子の側面を利用して装飾効果を持たせた冊子状装飾品に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、冊子の小口を情報の表示に利用することが行われている(例えば、下記の特許文献1〜6)。これらは、冊子の小口に文字やマークを印刷することにより、冊子の内容やインデックス等の情報を表示するようにしたものである。

【0003】

【効果】

【0007】
本考案の冊子状装飾品は、綴じられることにより冊子を構成する各枚葉紙について、小口、天、地の少なくともいずれかに対応する辺部分と各枚葉紙の中央部の少なくともいずれかに、屈曲状の加工部分を形成することにより、各枚葉紙を綴じて冊子としたときの小口、天、地、冊子内部の少なくともいずれかの部分に、彫刻状の凹凸によって構成される装飾形状を形成した。これにより、冊子自体を立体的な装飾品として機能させ、室内装飾や贈答品ならびに立体説明書などとして利用することができる。
【0008】
本考案において、綴じられた枚葉紙に外装が取り付けられ、上記小口、天、地の部分に彫刻状の凹凸によって構成される装飾形状が、外装の周縁をはみ出ないように形成されている場合には、
外装を閉じた状態で彫刻状の凹凸がはみ出ないため、持ち運ぶ際に装飾形状が損傷するのを防止できる。

【図面の簡単な説明】
【0009】
【図1】本考案の一実施の形態における冊子状装飾品を示す図である。
【図2】上記冊子状装飾品に用いる枚葉紙の一部を示す図である。

【0010】
以下、本考案の冊子状装飾品の実施の形態について詳細に説明する。
【0011】
図1は本考案の一実施形態における冊子状装飾品を示す図である。(A)は表紙を開いた状態、(B)は閉じた状態である。
【0012】
この冊子状装飾品は、綴じられることにより冊子1を構成する各枚葉紙2について、小口3a、天3b、地3cの少なくともいずれかに対応する辺部分を屈曲状に加工形成している。これにより、各枚葉紙2を綴じて冊子1としたときの小口3a、天3b、地3cの少なくともいずれかの部分に、彫刻状の凹凸によって構成される装飾形状4を形成したものである。
【0013】
より詳しく説明すると、上記冊子1は、複数の枚葉紙2が綴じられて外装6が取り付けられている。この例では、上記外装6は、表紙と裏表紙ならびに背表紙から構成された、いわゆるハードカバー用の堅表紙である。外装6として堅表紙を用いることで、装飾品としてよりゴージャスな装飾効果を持たせることができる。
【0014】
この例では、上記彫刻状の凹凸によって構成される装飾形状4として建築物の形状を形成した。そして、各枚葉紙2として、当該建築物を建造する際に作成された設計図面の青焼き写しを切断して使用している。
【0015】
図2は上記冊子状装飾品に用いる枚葉紙2の一部を示す斜視図である。図2では、数100枚の枚葉紙2のうち5枚を抜き出して示している。
【0016】
上記枚葉紙2は、四角形の枚葉紙2における小口3a、天3b、地3cの少なくともいずれかに対応する辺を含む部分に、切り落とし部5が形成されている。上記切り落とし部5を形成して残されたところに、屈曲状の加工部分が形成される。
【0017】
図示した例では、枚葉紙2の小口3aに対応する部分に、第1〜第5の凸片7a,7b,7c,7d,7eが形成されている。
この例では、図示の最も上に位置する第1の凸片7aは、外に向かって延びる帯状である。
その下に位置する第2の凸片7bは、第1の凸片7aより少し幅広である。
その下に位置する第3の凸片7cは、第2の凸片7bより少し幅広である。
その下に位置する第4の凸片7dは、第3の凸片7cより少し幅広である。
その下に位置する第5の凸片7eは、第4の凸片7dより少し幅広である。
【0018】
このように、厚み方向に重なる各枚葉紙2において、屈曲状の加工部分の形状や寸法を少しずつ変化させている。もちろん、複数枚にわたって屈曲状の加工部分の形状や寸法を変化させない部分を設ける場合もある。このような屈曲状の加工部分を形成した各枚葉紙2を、所定の順番で厚み方向に重ねることにより、屈曲状の加工部分が徐々に形状や寸法を変化させたり、一定の形状や寸法を保ったりした、彫刻状の凹凸が形成される。
【0019】
この状態で重ねたままの各枚葉紙2の背表紙に対応する部分を綴じ合わせ、必要に応じて外装6を取り付けて冊子1を形成する。
【0020】
このように、綴じられた枚葉紙2に外装6が取り付けられた状態で、上記彫刻状の凹凸によって構成される装飾形状4が、外装6の周縁をはみ出ないように形成する。
【0021】
すなわち、上記各枚葉紙2は、外装6の表紙および背表紙の形状および寸法よりも少なくとも同じか小さい形状および寸法のものを用い、それに切り落とし部5を形成して屈曲状の加工部分をつくるようにする。
【0022】
以上のように、本実施形態の冊子状装飾品は、綴じられることにより冊子1を構成する各枚葉紙2について、小口3a、天3b、地3cの少なくともいずれかに対応する辺部分を屈曲状に加工形成することにより、各枚葉紙2を綴じて冊子1としたときの小口3a、天3b、地3cの少なくともいずれかの部分に、彫刻状の凹凸形状によって構成される装飾模様を形成した。これにより、冊子1自体を立体的な装飾品として機能させ、室内装飾や贈答品ならびに立体説明書などとして利用することができる。
【0023】
また、綴じられた枚葉紙2に外装6が取り付けられ、上記小口、天、地の部分に彫刻状の凹凸によって構成される装飾形状4が、外装6の周縁をはみ出ないように形成されている場合には、
外装6を閉じた状態で彫刻状の凹凸がはみ出ないため、持ち運ぶ際に装飾形状4が損傷するのを防止できる。
【0024】
上記実施形態では、小口3a、天3b、地3cの少なくともいずれかに対応する辺部分を屈曲状に加工形成することにより、各枚葉紙2を綴じて冊子1としたときの小口3a、天3b、地3cの少なくともいずれかの部分に、彫刻状の凹凸形状によって構成される装飾模様を形成したものを説明した。他の実施形態として、各枚葉紙2の中央部をくりぬくように屈曲状の加工部分を形成することもできる。このようにすることにより、冊子の中央部をくりぬいたように彫刻状の凹凸によって構成される装飾形状4を形成することができる。
【0025】
以上は本考案の特に好ましい実施形態について説明したが、本考案は図示の実施形態に限定する趣旨ではない。本考案は、各種の態様に変形して実施することができ、各種の変形例を包含する趣旨である。

【0026】
1 冊子
2 枚葉紙
3a 小口
3b 天
3c 地
4 装飾形状
5 切り落とし部
6 外装
7a 第1の凸片
7b 第2の凸片
7c 第3の凸片
7d 第4の凸片
7e 第5の凸片

(57)【要約】

【課題】冊子の側面を利用して立体的な装飾効果を持たせた冊子状装飾品を提供する。【解決手段】綴じられることにより冊子1を構成する各枚葉紙について、小口3a、天3b、地3cの少なくともいずれかに対応する辺部分を屈曲状に加工形成することにより、各枚葉紙を綴じて冊子1としたときの小口3a、天3b、地3cの少なくともいずれかの部分に、彫刻状の凹凸によって構成される装飾形状4を形成した。これにより、冊子1自体を立体的な装飾品として機能させ、室内装飾や贈答品として利用することができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):