(54)【考案の名称】増設トイレ室を備えた改造ユニットバス構造

(73)【実用新案権者】アムス・インターナショナル株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図2

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、既設のユニットバスを改造した構造に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、浴室と便器と洗面器が一体となったタイプのユニットバスが普及している。浴室と便器が一室に共存していると、浴室のお湯がトイレ側に出てしまい、トイレを使用する際に床が濡れていたり、トイレットペーパーが濡れることがある。また、複数人が浴室と便器を同時に使用できないという問題もある。
【0003】
このことから浴室とトイレが一体のユニットバスは敬遠されがちである。そのため、賃貸マンションなどでは、浴室とトイレが一体の既設のユニットバスを改造して浴室とトイレを別室とする施工が行われるようになっている。特許文献1では、既設のユニットバスを浴室側とトイレ側に仕切る施工が提示されている。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案では、浴室とトイレが一体の既設ユニットバスから既設便器を取り外し、別途増設されたトイレ室に既設便器を設置する。すなわち既設便器を廃棄することなく移設して新たなトイレ室で利用する。これにより、既設便器が無駄とならず、施工費も低減できる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】図1は、浴室とトイレと洗面器が一体の既設ユニットバス及び周辺の施工前の構造を示す概略平面図である。
【図2】図2は、既設ユニットバスから取り外した既設便器を、増設したトイレ室に設置した施工後の構造を示す概略平面図である。

【0012】
以下、一例を示した図面を参照して本考案の実施形態を説明する。
図1は、浴室とトイレと洗面器が一体の既設ユニットバス及び周辺の施工前の構造を示す概略平面図である。
【0013】
既設ユニットバス10は、便器11と洗面器13と浴槽14とが一体となったタイプのユニットバスである。既設便器11は、ここでは便器本体に加え水タンク及び蓋等の付帯設備を含む全体を意味する。また、温水洗浄装置等の、移設しても使用可能な全ての設備を含む。既設便器11の底部には排水口12がある。既設ユニットバス10には、通常、1つのドア15が取り付けられている。ドア15の外側の周囲空間20は、例えば脱衣所や洗濯機置き場等である。この既設ユニットバス10を浴室・洗面専用室とするために、浴槽14及び洗面器13のみを残し、既設便器11を撤去する。
【0014】
図2は、図1の既設ユニットバス10から取り外した既設便器11を、増設したトイレ室30に設置した施工後の構造を示す概略平面図である。
【0015】
増設トイレ室30は、既設ユニットバス10の外側の周囲空間20を利用して設けられる。既設便器11を設置してトイレとして使用可能となる程度の面積の部分を、新たに設置した仕切り壁31により仕切る。図示の例では、増設トイレ室30は既設ユニットバス10と離れているが、隣接していてもよい。増設トイレ室30には専用のドア35も取り付けられる。既設便器11を設置した床面には新たな排水口32も設けられる。
【0016】
一方、既設ユニットバス10では、例えば次の手順で仕上げ施工を行う。既設便器を取り外した床面の排水孔12に円形のキャップ41を嵌め込む。次に、キャップ41及びその周囲の上に防水テープ42を貼る。さらに、防水テープ42及びその周囲の上にFRP樹脂シート43を敷設し、FRP樹脂シート43の上にFRP樹脂(液体)44を2回(二重)に分けて塗布する。FRP樹脂44が乾燥すると硬化して強化プラスチックの防水塗装膜となる。これらの防水テープ42、FRP樹脂シート43及びFRP樹脂塗装膜44は、防水層として防水効果を発揮する。最後に、床面のほぼ全体に、塩化ビニル製の防滑シート45をエポキシ系接着剤で貼り付け敷設する。
【0017】
10 既設ユニットバス
11 既設便器
12 排水口
13 洗面器
14 浴槽
15 ユニットバスドア
20 周囲空間
30 増設トイレ室
31 仕切り壁
32 排水口
35 トイレ室ドア
41 キャップ
42 防水テープ
43 FRP樹脂シート
44 FRP樹脂塗装膜
45 防滑シート

(57)【要約】

【課題】既設便器を無駄なく利用する低コストの改造ユニットバス構造を提供する。【解決手段】既設便器11を取り外した既設ユニットバス10と、前記既設ユニットバス10とは別に増設されたトイレ室30とを備え、前記トイレ室30には、前記既設ユニットバス10から取り外した前記既設便器11が設置されていることを特徴とする増設トイレ室を備えた改造ユニットバス構造である。既設ユニットバス10における前記既設便器11を取り外した床面の排水孔12を覆うように敷設した防水層42、43、44及び防滑シート45を有することを特徴とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):