(54)【考案の名称】新聞鉄線クリップ

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は硬質で発条力のある鉄線一本で成型し、二本一組で新聞紙の中央部上下より挿入し、新聞読書の安定を計る新聞鉄線クリップに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来の新聞ホルダー系の器具には、合成樹脂系、金属系共に、昨今の新聞の増頁化による読書の安定に、充分対応する能力があるか問題がある。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従来の新聞ホルダーは、新聞の増頁化や新聞を読書する環境の多様化(室内、室外)さらに読書する姿勢から新聞紙を読むときに重ねた新聞紙に「ズレ」や「バラツキ」等の障害が発生し、新聞を読み難くしていた。

【効果】

【0005】
鉄線クリップは図3と図4に示した如く、使用操作は簡単であり、新聞紙面の増加にも対応し、最も発生すると云われる寝室での仰向け読書の「バラツキ」や「ズレ」も改善され、クリップの使用寿命の長さも充分考えられる。
【図面の簡単な説明】
【0006】
【図1】本考案の正面図
【図2】本考案の側面図
【図3】本考案の使用状態を示す斜視図
【図4】本考案の使用状態を示す斜視図

【0007】
イ、一本の可撓性鉄線材を二重に巻回してなる楕円形のゼムクリップ状であって、外側の 外輪部(1)と外輪部(1)の内側に形成される内輪部(2)を構成する。
ロ、外輪部(1)を形成する鉄線材の先端は環状のループ(4)を設ける。
ハ、内輪部(2)を形成する鉄線材の先端は湾曲に折り返して内輪部(2)に溶接して溶 接部(3)とする。
ニ、楕円形の長手方向の先端部位は、外輪部(1)と内輪部(2)が上下に撓み開閉自在 の挿入部(5)を形成する。
本考案は以上の構成からなり、本考案を使用するときは次のようにする。
図3と図4に示すように複数頁を重ねた新聞紙(6)の中央の上辺と下辺を本体の外輪部(1)と内輪部(2)を上下に開いて挿入部(5)により挟持させる。このとき本体の鉄線材は可撓性よりなるために強力な発条力を有し、新聞紙(6)は本体の外輪部(1)と内輪部(2)に確実に保持される。
【0008】
1、外輪部 2、内輪部 3、溶接部 4、ループ 5、挿入部 6、新聞紙

(57)【要約】

【課題】鉄線一本で成型し、鉄線の持つ発条力を挟力として利用し、新聞の増頁化、多様な読書環境に、親しみのある使い易い新聞鉄線クリップを提供する。【解決手段】一本の鉄線材を二重に巻回してなる楕円形のゼムクリップ状であって、外側の外輪部と外輪部の内側に形成させる内輪部を構成し、鉄線材の先端は環状のループを設け、内輪部を形成する鉄線材の他端は湾曲に折り返して内輪部に溶接し、楕円形の長手方向の先端部位は、外輪部と内輪部が上下に撓み開閉自在の挿入部を形成し、挿入部に新聞紙を差込挟持させる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):