(54)【考案の名称】携帯電話機の補助レンズアダプター

(73)【実用新案権者】株式会社AOI Pro.

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
この考案はカメラ機能付きの携帯電話機に取り付けて使用する携帯電話機の補助レンズアダプターに関する。

【従来の技術】

【0002】
撮影レンズと撮像素子を併設することによりデジタルカメラ機能を備えた携帯電話機が広く使用されている。これらの携帯電話機のカメラ機能は画素数の増加により高性能化しており、撮影レンズの前面に各種の補助レンズを取り付ければ各種のカメラ用途に使用することが可能となる能力を備えるに至っている。
【0003】
この場合、予め補助レンズの使用を想定し、鏡筒などに補助レンズの取り付け用のねじ部を設けた一般のカメラと異なり、電話機能が主であるカメラ機能付きの携帯電話機においては補助レンズを取り付けるための特別な機構は設けられていない。そこで、仮に補助レンズを使用する場合は取り付けのための特別な工夫が必要となった。
【0004】
前記の状況に対応するために、従来、カメラ機能付きの携帯電話機に着脱自在な補助レンズとして、撮影レンズの前面に磁性体金属製の突部縁付きリングを貼着し、このリングにマグネットをもって吸着拘止されるもの(特許文献1)、撮影レンズ前方に一端の補助レンズが固定され、携帯電話機の撮影レンズ位置に対応した反対側に他端が当接保持されて全体が略2点支持となるようクリップばね構造の固定手段を備えたもの(特許文献2)が提案されていた。
【0005】

【効果】

【0012】
この考案の携帯電話機の補助レンズアダプターによれば、アダプター本体に突設される柱状体は携帯電話機のイヤホーンジャックに挿入可能な形状とされるので、図5に示すように不使用時は上記柱状体を携帯電話機のイヤホーンジャックに挿入すれば補助レンズアダプターは携帯電話機と一体となって収容される効果を奏する。この場合、携帯電話機のイヤホーンジャックは電話機のケースの端面に設けられるのが通例であるので、収容時に補助レンズアダプターが電話機の厚み方向に張り出してその携帯性を損なうことがない。また、イヤホーンジャックは柱状体により塞がれるので防塵効果も期待できる。
【0013】
次に請求項2に記載の発明によれば、携帯電話機のケース面に貼付される磁性体金属片と、板状のアダプター本体の携帯電話機のケース面側に凹設した嵌合凹部と、アダプター本体の上記嵌合凹部に近接した箇所に埋め込まれる磁石を有するので、予め磁性体金属片を携帯電話機のケース面に貼付し、ここにアダプター本体の嵌合凹部を外嵌すれば磁力によりアダプター本体をワンタッチで携帯電話機のケース面に取り付けることができる。よって、磁性体金属片が貼着可能な携帯電話機なら全てこの発明の補助レンズアダプターを取り付けることができ、汎用性が高い補助レンズアダプターとなる効果を奏する。
【0014】
次に請求項3に記載の発明によれば、補助レンズを接写レンズとし、補助レンズからの焦点距離に対応して柱状体の長さを設定しているので、図7に示すように被写体上に携帯電話機を被せれば、携帯電話機の後端縁と柱状体の接地により携帯電話機は被写体に対し浮いた状態で自立する。この場合、柱状体先端が接する被写体と補助レンズとの間にはその焦点距離に合致した間隙が確保されるので、ただ被写体上に携帯電話機を被せるだけで合焦操作なしで近接撮影を行うことが可能となり、また、手で構えなくてよいので手振れの恐れもない。この作用は特に近接して撮影する必要のある例えば紙面に不可視インクで印刷したコードを読み取るような場合に有用である。
【図面の簡単な説明】
【0015】
【図1】この考案の携帯電話機の補助レンズアダプターの上方から観察した状態の斜視図。
【図2】同上、下方から観察した状態の斜視図。
【図3】この考案の携帯電話機の補助レンズアダプターの一部切り欠き側面図。
【図4】この考案の携帯電話機の補助レンズアダプターの携帯電話機への取り付け方法を示す側面図。
【図5】この考案の携帯電話機の補助レンズアダプターを携帯電話機に収容した状態を示す斜視図。
【図6】この考案の携帯電話機の補助レンズアダプターを携帯電話機の撮影レンズに取り付けた状態を示す斜視図。
【図7】この考案の携帯電話機の補助レンズアダプターを取り付けた携帯電話機の使用方法を示す側面図。

【0016】
以下、この考案の携帯電話機の補助レンズアダプターの具体的実施例に関し、添付図面に基づいて説明する。図1および図2は補助レンズアダプターAの全体を示す図である。この実施例においては、補助レンズアダプターAはプラスチックにより成型している。図中符号3は携帯電話機Tの撮影レンズLの前面に装着されるべき補助レンズであり、ここでは接写レンズを採用している。上記補助レンズ3は板状のアダプター本体1の一端に設けた貫通穴2内に配され、この貫通穴が鏡筒の役割を果す(図3参照)。
【0017】
上記のアダプター本体1の一面には嵌合凹部4が凹設され、この嵌合凹部に嵌合可能な形状を有する磁性体金属片7が別途用意され、この磁性体金属片7は粘着材などにより携帯電話機Tのケース面にして撮影レンズLの横に貼付される(図4参照)。アダプター本体1の上記嵌合凹部4に近接した箇所には磁石5が埋め込まれるものであり、この実施例では磁石5は嵌合凹部4の裏側に埋め込まれている。よって、図4および図6に示すように撮影レンズLの横に貼付された磁性体金属片7に嵌合凹部4を外嵌しながらアダプター本体1を携帯電話機Tのケース面に重ねれば、磁力によりアダプター本体はワンタッチで携帯電話機のケース面に取り付けられることとなる。なお、この場合、上記嵌合凹部4および、これが外嵌される磁性体金属片7の平面形状を例えば矩形などの真円以外の形状とすればアダプター本体1が回転することが防止され、補助レンズ3が携帯電話機Tの撮影レンズL箇所からずれることがない。
【0018】
次に図中符号6は前記の嵌合凹部4が凹設される面とは反対側のアダプター本体1の他面に突設される柱状体である。この柱状体6は携帯電話機TのイヤホーンジャックJに挿入可能な形状とされる。よって、図5に示すように不使用時は上記柱状体を携帯電話機のイヤホーンジャックに挿入すれば補助レンズアダプターAは携帯電話機と一体となって収容されることとなる。
【0019】
また、前記柱状体6の長さを補助レンズ3からの焦点距離に対応して設定すれば、図7に示すように被写体P上に携帯電話機Tを被せれば、携帯電話機の後端縁と柱状体の接地により携帯電話機は被写体に対し浮いた状態で自立する。この場合、柱状体6先端が接する被写体Pと補助レンズ3との間にはその焦点距離に合致した間隙が確保されるので、ただ被写体上に携帯電話機を被せるだけで合焦操作なしで近接撮影を行うことが可能となる。
【0020】
T 携帯電話機
A 補助レンズアダプター
1 アダプター本体
3 補助レンズ
4 嵌合凹部
5 磁石
6 柱状体
7 磁性体金属片

(57)【要約】

【課題】ワンタッチで装着でき、収容が容易な携帯電話機の補助レンズアダプターを提供する。【解決手段】デジタルカメラ機能付きの携帯電話機の補助レンズアダプターAを、携帯電話機の撮影レンズの前面に装着されるべき補助レンズを収容したアダプター本体1と、アダプター本体を撮影レンズ周囲の携帯電話機のケース面に着脱自在に取り付ける手段と、アダプター本体の携帯電話機のケース面への着脱面と反対側の面に突設される柱状体6により構成し、上記柱状体は携帯電話機のイヤホーンジャックに挿入可能な形状とする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):