(54)【考案の名称】緩衝空間のある冊子

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、見本台帳機能付の冊子の容易な製本方法に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
従来のサンプル添付用の見本台帳は専用の表紙・台紙・緩衝部材・リングファイル等の綴じ用具などを調達、作成した物の集合体というものが大部分であり、印刷会社などの通常の一般在庫以外の素材を多く使用する。
【0003】
そして、その製品化された見本台帳は重量が有り、高コストになる。
【0004】
一方、見本台紙、いわゆるパターン台紙のみを単体で使用したり、一辺に2穴を空けたものを紐で結び合わせて多数を束にして使用する場合も多い。
いずれにしても、携帯や配布、貸与に不都合な点が多い。
【0005】
この改善策として、印刷会社などの一般在庫の中心である紙、または代替えのものを
使用して、軽量で安価な見本台帳機能のある冊子を作成する。
【考案が解決しようとする課題】
【0006】
解決しようとする問題点は、印刷会社が常備している紙などを用いてサンプルの添付に
対応した緩衝空間のある台紙から構成される冊子を作成する。

【効果】

【0009】
表紙用紙をアートポスト菊判167Kg、台紙用紙、緩衝部用紙をともにマットポスト菊判104Kg、各70枚にて、仕上がり144ページ(表紙4ページ+台紙140ページ)でA4冊子を制作した場合に、背表紙の厚みが25mmに対して小口の厚みが13mmになり、約12mmの緩衝空間を創出している。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】A4冊子の完成したイメージを示した斜視図である。
【図2】切り込み入り素紙を示した説明図である。
【図3】切り込み入り素紙で最終的に取り除く部分を示した説明図である。
【図4】無線綴じ製本を立てて上部から見た状態を示した説明図である。

【0011】
以下、本考案について図面を用いて説明する。
【0012】
図1はA4冊子の完成したイメージを示した斜視図である。
本考案の見本台帳機能付の冊子表示1は表示5により全体をくるみ覆っており、表示2と表示3、表示4が交互に重ね合わされて、綴じられている。
【0013】
図2は緩衝部用紙の構成を示した説明図である。
仕上がりの縦寸法より少し長い表示10があらかじめ入れてあり、横切断予定線の表示7、縦切断予定線の表示8の三方向の外側は仕上げ断裁で排除される。
【0014】
図3は緩衝部用紙で最終的に取り除く部分を示した説明図である。
表示4は表示2と接着、固定されていて、緩衝部を形成しており、表示10によって、表示12と分離される。そして表示12を全て取り除く。
【0015】
図4は無線綴じ製本を立てて上部から見た状態を示した説明図である。
表示5により、交互に重ねられ、丁合された表示3と表示4が覆われ表示2と表示11で表示9により接着、固定され綴じられている。
仕上げ断裁を加えて、図2、図3の示す順序で不必要な部分が取り除かれ、図1の形態となり、サンプル添付用の台紙と緩衝部が一対となった冊子となる。
【産業上の利用可能性】
【0016】
テキスタイル、壁紙、インテリア生地、糸、リボンなど板状やひも状の製品または
素材のサンプルを添付した冊子の用途にも適用できる。
【0017】
1 緩衝空間のある冊子
2 背表紙
3 台紙
4 緩衝部
5 表紙
6 切り込み入り素紙
7 横切断予定線
8 縦切断予定線
9 接着剤
10 分離用の切り込み
11 ノド
12 取り除く部分

(57)【要約】

【課題】添付させるサンプルに応じた台紙間の緩衝空間がある見本台帳の機能を備える冊子を提供する。 【解決手段】調整可能な緩衝空間を持つ部材と台紙3から構成される冊子が、通常の無線綴じ製本、仕上がり断裁を行う時に、台紙部用紙と交互に丁合した緩衝部4の用紙の不必要な部分を取り除くことで緩衝空間が生成される。さらに、緩衝部の用紙の厚み・枚数を調整することで、添付するサンプルに応じた可緩衝空間のある膨らまない冊子となる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):