(54)【考案の名称】浮力補助遊具

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、袋状のビニールからなり、体に装着して利用するものであり、空気の量を変えることによって浮力を自在に変えられる浮力補助遊具である。

【従来の技術】

【0002】
従来、浮力補助具には、ライフジャケットや浮き輪等があった。ライフジャケットには一定の強い浮力が備わっており、人命を守るために利用される等、絶対的な浮力を保持する物である。浮き輪は輪の中に入って浮くためのものである。多くの場合、海、プール、川等の水中で浮いて遊ぶ場合に浮き輪が多く利用されている。
【0003】
しかし、ライフジャケットはその使用目的から安易に浮力の調節ができない。また、浮き輪は装着することができないため、動作によっては体から輪が抜けてしまう。そのため浮き輪では、手足を自由自在に動かすことができない。
【0004】
従って、ライフジャケットのように装着でき、かつ浮力を容易に調節できる浮き輪はない。
【0005】
特許文献1と2は、胴着型水着と浮き輪が開示されている。
【0006】

【効果】

【0011】
以上に記述した様に、浮き輪のようなビニール等からなる袋状のチューブが体に装着可能な形に形成されているため、浮き輪のように体から離れてしまうことがない。また、装着型なので着脱が容易にでき、しかも注入する空気の量は従来の浮き輪よりも少なくて良いため、給排気が容易である。
【0012】
そのため、水泳の苦手な人の練習でも、段階的に空気の量を調節することで、より効果的で実践に近いかたちで泳ぐことができる。また、泳ぎが苦手だが、海やプール等で浮き輪を使うことに抵抗があった人達も、装着して利用するため、浮き輪のように体から外れる恐怖心がなくなり、積極的に海やプールに入ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
【図1】 浮力補助遊具装着時正面図(実施例1)
【図2】 浮力補助遊具装着時背面図
【図3】 浮力補助遊具展開図
【図4】 ビニール皮部拡大図(実施例2)

【0014】
以下、本考案を具体化した実施形態を図面に基づき説明する。
【0015】
図1は本考案の1実施例を示した。図1、図2、図3の1から9は同様である。
図1に示される様に、本実施の形態の浮力補助遊具1はビニール部材2からなり、ベルト5、6と、接続具3によって体に装着可能な形態になっている。
【0016】
浮力補助遊具1は軽量な点等から、従来の浮き輪等に使われているビニール素材が望ましいがこれに限らない。
【0017】
接続具3また接続具4はバックル等、簡単には外れにくいものが望ましいがこれに限らない。
【0018】
空気重鎮口7は手元での給排気が容易にできるよう、口の近く、すなわち肩付近にくるように形成するのが望ましい。この際左右どちらに付いていてもかまわない。
【0019】
また、接続具4と接合部8は輪に形成しそこに接続具8aのついたひもを接続することによって幼児など、一人での使用が危険な場合に、その紐の端を保護者が持つことで、保護者の目の届く範囲に留めておくこともできる。さらに、接合部8の位置はビニール皮部9の長さや大きさを変えることによって位置も変えることができる。
【0020】
上記実施例において、この考案の要旨を変更しない範囲で種々の設計変更を施すことができる。
【産業上の利用可能性】
【0021】
従来の浮き輪に、本考案のような新たな形の浮力補助遊具(浮き袋)を提供することによって、海、プール、川等での遊びや水泳練習法の幅が広がる。また、浮き輪を使うことに抵抗があった人たちも利用することで、必然的に海水浴場や、プール等の施設利用者が増える。その需要は継続的であり、製造、運送、販売、レジャー産業等に大きく貢献できる。
【0022】
1 浮力補助遊具
2 ビニール部材
3 接続具
4 接続具
5 ベルト
6 ベルト
7 空気重鎮口
8 接合部
8a 接続具
9 ビニール皮部

(57)【要約】

【課題】袋状のチューブを、体に装着可能な形に形成し、空気の量を調節することで浮力を自在に変化させる事も出来る浮力補助遊具を提供する。【解決手段】浮力補助遊具1はビニール部材2からなり、ベルト5、6と、接続具3によって体に装着可能な形態とする。空気重鎮口7は手元での給排気が容易にできるよう、口の近く、すなわち肩付近にくるように形成する。また、接続具4と接合部は輪に形成しそこに接続具のついたひもを接続することによって幼児など、一人での使用が危険な場合に、その紐の端を保護者が持つことで、保護者の目の届く範囲に留めておくこともできる。さらに、接合部の位置はビニール皮部の長さや大きさを変えることによって位置も変えることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):