(54)【考案の名称】水上発電機

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【効果】

【0003】
河川で増水、減水した時でも発電する事が出来る、又設置場所を多く出来る発電機である。
【0004】
以下、本案の実施例について説明する、図1に基ずいてタンクの中に発電機その外側に回転羽根付きリングを取り付け、リングに羽根止め具を付けて羽根の角度が変化する事により最良の水力を得る。浮かす事により発電機全体が上下に動く事により最良の水力を得る。
【図面の簡単な説明】
【0005】
【図1】 発電機の側面図
【図2】 発電機の正面図

【0006】
1 タンク 2 回転羽根付きリング 3 上下すべり台座
4 羽根止め具 5リングの水力を伝えるシャフト 6 電線

(57)【要約】

【課題】河川で増水、減水した時でも発電する事が出来、又設置可能場所の選択の巾が広がる発電機を提供する。【解決手段】タンク1の中に発電機、その外側に回転羽根付きリング2を取り付け、リングに羽根止め具4を付けて羽根の角度を変化させる事により最良の水力を得られる様に構成する。タンク1を浮かす事により発電機全体が上下に動き、最良の水力を得ることが出来る様になる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):