(54)【考案の名称】キャスター付きカバン

(73)【実用新案権者】アイシン通商株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、旅行カバン、スーツケース、トランク等のキャスター付きカバンに関する。

【従来の技術】

【0002】
最近、旅行カバン、スーツケース、トランク等のカバンは、海外旅行のための大型のものが多くなっている。そのため、カバンにキャスターを設置し、コ字形ハンドルで牽引又は押したりして走行する形式のものが増加している。
【0003】
従来技術のキャスター付きカバンについて図4、5を用いて説明する。キャスター付きカバン1は、前部ケース2と後部ケース3がヒンジ部4を介して開閉自在とされ、前部ケース2と後部ケース3の底部にキャスター5が設置される。前部ケース2に伸縮自在のコ字形ハンドル6が設置される。
【0004】

【効果】

【0011】
前部ケースと後部ケースとがヒンジ部を介して開閉自在とされ、前記前部ケースの底部と前記後部ケースの底部にキャスターが設置され、前記前部ケースの両側辺部の近傍に伸縮自在の幅広のコ字形ハンドルが設置され、前記コ字形ハンドル間の前部ケースにケースの内部と遮断される外部収納部を形成し、前記外部収納部に開閉自在のポケット部材を取付けることにより本体ケースの外側から出し入れが可能なポケットを形成することで、幅広のコ字形ハンドルとすることで走行時の安定性を飛躍的に向上することが可能になると共に、幅広ハンドル間の従来利用出来なかった空間を外部収納部として利用することが可能になり、カバン外部から出し入れが出来るポケットとすることで使い勝手の良いキャスター付きカバンを提供することが可能となる。
外部収納部を前部ケースと一体成形される凹部とすることで、製造工程で余分な工程することなく成形できるのでコストを低く抑えることが可能となる。
前部ケース及び後部ケースをハード素材で形成し、ポケット部材をソフト素材で形成することで、カバン本体をハード素材で形成するので耐久性が向上し、カバン内部に収納した物品の外部衝撃に対して保護することができ、ポケット部材が伸縮可能なソフト素材で形成されるのでポケットが若干収縮し物品のポケットへの収納を容易にすることが可能となる。
ソフト素材で形成された前記ポケット部材をスライドファスナーまたはホックにより開閉することで、カバン外部からの小物等の物品の出し入れを容易にすることが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0012】
【図1】本考案の実施形態を示す図である。
【図2】本考案の実施形態を示す図である。
【図3】本考案の実施形態を示す図である。
【図4】従来技術を示す図である。
【図5】従来技術を示す図である。

【0013】
本考案の実施の形態を図により説明する。図1、図2及び図3は、本考案の一実施形態を示す図である。
【0014】
キャスター付きかばん1は、前部ケース2と後部ケース3がヒンジ部4を介して開閉自在とされ、前部ケース2と後部ケース3との上部嵌合部にロック装置5が取り付けられる。前部ケース2と後部ケース3は硬質樹脂やアルミ等のハード素材で形成される。カバン本体をハード素材で形成することにより、カバンの耐久性を向上させることができ、カバン内部に収納した物品を外部からの衝撃に対して確実に保護することができる。
【0015】
前部ケース2と後部ケース3の底部に移動手段としてのキャスター6が設置される。移動手段であるキャスター6を押したり、引いたりして移動操作するため、前部ケース2の両側辺部内部に伸縮部8が位置するコ字形ハンドル7が設置される。コ字形ハンドル7の伸縮部8間の間隔L2は、前部ケース2の両側辺部に配置するためコ字形ハンドル7の横幅は前部ケース2の横幅とほぼ同じ幅広となる。コ字形ハンドル7の横幅を幅広としたため、キャスター付きカバン1を押したり、引いたりして移動する際の安定性を飛躍的に向上することが可能となる。
【0016】
前部ケース2の上部に持ち上げてカバンを運搬するための持手9を取り付けても良い。前部ケース2のコ字形ハンドル7の伸縮部間8間にポケット10を取り付ける。
【0017】
ポケット10の取付け構造について図2及び図3により説明する。前部ケース2のコ字形ハンドル7の伸縮部8の間のスペースに、外部収納部である凹部11を前部ケース2と一体に形成する。凹部11の前部ケース2の内壁面と凹部11の外側面間の長さをL3とする。コ字形ハンドル7の伸縮部8の前部ケース2内部での奥行き幅をL4とした時、L3=L4とする。その結果、外部収納部である凹部11の形成は、従来コ字形ハンドル7の伸縮部8の配置に使用されていたスペースを利用するものであるため、カバンの実質的な収納容積を減少させるものではない。また、凹部11の外側面と伸縮部8の奥側面が面一となりカバン内部の凸凹個所を低減し、物品の収納がし易いカバンを提供することが可能となる。
【0018】
外部収納部である凹部11に、布、皮革等のソフト素材で形成されたポケット部材12を接着剤等で固定する。ポケット部材12は、凹部11に固定するための底部と前部ケース2の表面側に位置する開閉部からなり、開閉部にはスライドファスナー又はホック等の簡易ロック装置を配置する。従来、カバン本体がハード素材で形成されている場合、カバン本体外部から小物等の物品を出し入れする外部収納部を配置することは困難であったが、本考案のように、コ字形ハンドル7の伸縮部8間の従来利用されていなかったスペースを外部収納空間として確保し、外部収納空間にソフト素材で形成されたポケット部材12を固定することにより、カバン本体外部から物品の出し入れができるポケット10を配置することができ、非常に使い勝手の良いキャスター付きカバン1を提供することが可能となる。
【0019】
以上のように本考案のキャスター付きカバンによれば、幅広のコ字形ハンドルとすることで走行時の安定性を飛躍的に向上することが可能になると共に、幅広ハンドル間の従来利用出来なかった空間を外部収納部として利用することが可能になり、カバン外部から出し入れが出来るポケットとすることで使い勝手の良いキャスター付きカバンを提供することが可能となる。
【0020】
1:キャスター付きカバン、2:前部ケース、3:後部ケース、4:ヒンジ部、5:ロック装置、6:キャスター、7:コ字形ハンドル、8:伸縮部、9:持手、10ポケット、11:凹部、12:ポケット部材

(57)【要約】

【課題】簡単な構成で、引いたり又は押したりして移動する際の安定性を向上させ、コ字形ハンドルの設置に要するスペースを有効に活用することが可能なキャスター付きカバンを提供する。【解決手段】キャスター付きカバン1において、前部ケース2と後部ケース3とがヒンジ部を介して開閉自在とされ、前記前部ケースの底部と前記後部ケースの底部にキャスター6が設置され、前記前部ケースの両側辺部の近傍に伸縮自在の幅広のコ字形ハンドル7が設置され、前記コ字形ハンドル間の前部ケースにケースの内部と遮断される外部収納部を形成し、前記外部収納部に開閉自在のポケット部材を取付けることにより本体ケースの外側から出し入れが可能なポケット10を形成する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):