(54)【考案の名称】太陽光発電設備用フェンス部材

(73)【実用新案権者】株式会社リフォーム技術研究所

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図3

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽光発電設備を囲むフェンスを構成するための太陽光発電設備用フェンス部材に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
近年、エネルギーの安全供給や地球温暖化対策として太陽光発電が期待されており、例えばゴルフ場跡や休耕田などの遊休地を利用し、ここに大規模な太陽光発電設備(いわゆるメガソーラ)を設けることが行われている。この場合には、例えば特許文献1に開示されるような太陽光パネル取付架台を地面に並べて設置し、この太陽光パネル取付架台上に、太陽光パネルを並べて配置することが行われる。
【0003】

【効果】

【0017】
本考案の太陽光発電設備用フェンス部材によれば、防風効果を得ることができる一方で、フェンスの設置や撤収を簡単かつ速やかに行うことが可能となる。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本考案に係る太陽光発電設備用フェンス部材を用いて構成された防風用のフェンスを示す斜視図である。
【図2】図1のフェンスを背面側から見た斜視図である。
【図3】太陽光発電設備用フェンス部材を示す分解斜視図(一部断面図)である。
【図4】太陽光発電設備用フェンス部材を示す背面図(一部断面図)である。
【図5】ベース部を示す平面図である。
【図6】ベース部を示す断面図(図5のVI−VI線断面図である)。
【図7】太陽光発電設備用フェンス部材を示す断面図(図4のVII−VII線断面図)である。
【図8】錘部材を増設した状態の太陽光発電設備用フェンス部材を示す側面図である。
【図9】ベース部を積み上げた状態を示す側面図である。
【図10】太陽光発電設備用フェンス部材を並べてフェンスのコーナー部分を構成した状態を示す平面図である。

【0019】
以下、本考案の好ましい実施形態について図面を参照して説明する。
【0020】
図1および図2は、本考案の太陽光発電設備用フェンス部材を用いて構成された防風用のフェンスを斜視図で示している。このフェンス1は、主に防風対策として太陽光発電設備を囲うものであり、同図に示すように、複数の太陽光発電設備用フェンス部材(以下、フェンス部材と略す)10が一列に並べられることにより構成されている。このフェンス1は、その上部に、当該フェンス1に沿って張設される侵入防止用の有刺鉄線2を備えている。
【0021】
なお、上記太陽光発電設備については図示を省略しているが、この太陽光発電設備は、例えばパネル取付架台が地面に設置され、この光パネル取付架台上に、所定の傾斜角度で多数の太陽光パネルが並べられた状態で支持されるものである。
【0022】
図3及び図4に示すように、上記フェンス部材10は、ベース部12と、このベース部12上に起立姿勢で取付けられる、防風パネル14と、この防風パネル14に固定される、鉄線の取付バー16とを備える。フェンス部材10は、以下に説明する通り、ベース部12および防風パネル14がコンクリート製であり、当例では約1.2tの重量を有している。そのため、フェンス部材10を地面に載置するだけで、安定的にその位置を維持することが可能となっている。なお、ベース部12および防風パネル14の断面図については、鉄筋を省略した状態で図示している。
【0023】
前記防風パネル14は、正面視長方形の扁平はパネル本体20と、このパネル本体20の底辺に沿って一列に並び、かつ前記パネル本体20から下向きに突出する断面長方形の3つの挿入部22とを備え、これらパネル本体20と挿入部22とがコンクリートにより一体に形成された構造を有する。
【0024】
前記パネル本体20は、その厚みが上側から下側に向かって漸増するように形成されている。また、パネル本体20は、その幅方向(図4の左右方向)に並びかつ前記厚み方向に貫通する一対のスリット状の開口部、より詳しくは上下方向に細長い断面長方形の開口部24を備えている。これら開口部24は、防風パネル14が受ける風の一部を透過させるためのものである。当例では、パネル本体20のサイズは、幅約1500mm、高さ約1400mmであり、各開口部24のサイズは、幅約120mm、高さ約1000mmである。従って、パネル本体20(防風パネル14)の開口率は11%程度である。
【0025】
前記ベース部12は、図5に示すように、中央に位置する平面視長方形の中央部30と、その短手方向両側に繋がる平面視等脚台形の側方部32とを有する平面視八角形の扁平な部材であり、全体がコンクリートにより一体に形成されている。ベース部12の中央部30は、一定の厚みを有しており、各側方部32は、中央部30の短手方向において当該中央部30から離反するに伴いその厚みが漸減するように上面が先下がりに形成されている(図7参照)。
【0026】
前記中央部30の上面には、当該中央部30の長手方向に一定間隔で一列に並ぶ断面長方形の3つの取付穴34が形成されている。これら取付穴34は、前記防風パネル14をベース部12に取付けるためのものである。すなわち、前記防風パネル14の各挿入部22が各々取付穴34に挿入されかつ前記パネル本体20が前記中央部30支持されることにより当該防風パネル14がベース部12に対して起立姿勢で組付けられ、この状態で、前記挿入部22と取付穴34の側面との隙間にモルタル(本考案の固定材の一つである)が充填されることで、防風パネル14がベース部12に固定一体化されている。
【0027】
図4、図6及び図7に示すように、ベース部12の各取付穴34は、上方から下方に向かって底細りのテーパ状に形成されており、一方、防風パネル14の各挿入部22も上方から下方に向かって先細りのテーパ状に形成されている。この構成により、ベース部12への防風パネル14の取付けの際には、各挿入部22がスムーズに各取付穴34に招き入れられるとともに、防風パネル14がベース部12に対して、前記取付穴34の並び方向および当該並び方向と直交する方向に各々位置決めされ、この位置決めにより挿入部22と取付穴34の側面との間にモルタル充填用の隙間が適切に確保される。
【0028】
また、図3、図6及び図7に示すように、防風パネル14の各挿入部22の側面のうち、当該防風パネル14の厚み方向に並ぶ一対の側面には凹部22aが形成され、他方、ベース部12の各取付穴34の側面のうち、当該取付穴34に前記挿入部22が挿入された状態で前記凹部22aが対向する一対の側面には、凹部34aが形成されている。これら凹部22a、34aは、何れも横長の長方形であって、各挿入部22が各取付穴34に挿入された状態で互いに対向するように形成されている。すなわち、このような凹部22a、34aが形成されていることで、モルタルを介してベース部12と防風パネル14とが上下方向により確実に係合し、ベース部12に対する防風パネル14の引き抜き強度が高められている。
【0029】
図3及び図5に示すように、ベース部12の各側方部32には各々、フェンス部材10の重量を調整するための錘部材4(図8に示す)を増設するための一対の錘増設部36が形成されている。各側方部32の一対の錘増設部36は、中央部30の長手方向に並んでいる。各錘増設部36は、側方部32の表面に形成された、平面視正方形の上向きに突出する突部である。一方、錘部材4は、図8に示すように、その下面に前記錘増設部36が嵌合することが可能な嵌合用凹部4aを備えた平面視略正方形のコンクリート製の部材であり、同図に示すように、前記錘増設部36を嵌合用凹部4aに嵌合させた状態で前記ベース部12(側方部32)上に載置するように形成されている。このように錘増設部36に被せた(嵌合させた)状態で錘増設部36を前記ベース部12(側方部32)上に載置することで、後発的にフェンス部材10の重量を増やすことができ、またその場合、錘増設部36の位置ずれを招くことなく当該錘部材4を安定的にベース部12上に載置することができるようになっている。なお、当例では、錘部材4の重量は約0.2tであり、従って、4つの錘部材4を増設することで、フェンス部材10の重量を最高2tまで増やすことができる。
【0030】
なお、ベース部12の各錘増設部36は、平坦な上面を有しかつ当該上面が前記中央部30の上面とほぼ面一となるように形成されている。これにより、ベース部12の保管や運搬に際しては、図9に示すように、中央部30の上面および各錘増設部36の上面を介して、複数のベース部12を安定的に積み上げることが可能となっている。
【0031】
また、ベース部12は、上記の通り平面視八角形であるが、当該ベース部12のうち各側方部32の斜辺の角度、詳しくは、図5に示すように中央部30の長手方向両端の一辺と前記斜辺とが成す角度θが15°となるように形成されている。この構成により、図10に示すように、前記斜辺同士が当接するように4つのフェンス部材10を並べると、各フェンス部材10の防風パネル14が一定角度をなして屈曲しながら連続的に並び、全体として90°に曲がったフェンス1のコーナー部分を構成し得るようになっている。
【0032】
前記取付バー16は、例えばステンレス製の山型鋼などであり、図2及び図4に示すように、防風パネル14(パネル本体20)から上方に一定寸法だけ突出する状態で、当該防風パネル14の片側の面にボルトで固定されている。この取付バー16には、その長手方向に一定間隔で、穴や切欠きからなる鉄線の支持部が形成されており、この支持部を用いて有刺鉄線2等の鉄線を支持できるように構成されている。
【0033】
上記フェンス1は、次のようにして設置することができる。まず、フェンス部材10を構成する、ベース部12、防風パネル14および取付バー16を敷地内に搬入する。この際、ベース部11および各脚柱部12、13は、上記の通り扁平な部材であるためスペース効率がよく、複数個ずつ積み重ねた状態(図9参照)で運搬することが可能である。そのため、効率良く敷地内に運び込むことができる。
【0034】
次に、太陽光発電設備を取り囲むように、ベース部12を一定の間隔で地面に並べる。なお、間隔を設けるのは、図4に示すように、防風パネル14の幅がベース部12の幅よりも大きく、防風パネル14の両端がベース部12からはみ出すためである。但し、フェンス1のコーナー部分については、ベース部12(側方部32)の斜辺同士が当接するように隣接するベース部12を並べる(図10参照)。
【0035】
その後、各ベース部12に防風パネル14を取付る。具体的には、防風パネル14の挿入部22をベース部12の取付穴34に各々挿入することにより、防風パネル14をベース部12に対して起立姿勢で組付け、この状態で、防風パネル14の各挿入部22と各取付穴34の側面との隙間にモルタルを充填して防風パネル14とベース部12とを固定一体化する。
【0036】
次に、各防風パネル14に取付バー16をボルトで固定し、各フェンス部材10の防風パネル14に沿って各取付バー16に有刺鉄線2を掛け渡すようにして張設する。これにより上記フェンス1の設置が完了する。なお、太陽光発電設備が設置される場所が、比較的強い風を受けやすい場合には、各フェンス部材10のベース部12上に錘部材4を増設し、これによりフェンス部材10の重量を増やしておく。
【0037】
以上のように、上記実施形態のフェンス部材10によれば、防風パネル14が横方向に連続するようにフェンス部材10を一列に並べることで上記フェンス1を構成することができる。特に、フェンス部材10は、ベース部12および防風パネル14がコンクリート製であるため比較的安価に製作することができることに加え、鋼材の打ち込み等を行うことなく、地面に載置するだけで比較的安定的に設置することができる。そのため、フェンス1の設置や撤収を簡単かつ速やかに、また低コストで行うことが可能となる。
【0038】
しかも、防風パネル14(パネル本体20)にはスリット状の開口部24が形成されており、この開口部24を通じて適度に風を透過させる(逃がす)ことが可能なため、防風という所期の目的を達成する一方で、フェンス部材10が強い風を受けて位置ずれを起こすといった不都合が生じることを効果的に抑制することができる。また、上記のように、開口部24を通じて適度に風が透過することで、夏場などにフェンス1内の雰囲気温度が上昇し過ぎることが抑制される。従って、フェンス1内の太陽光パネルの温度が上昇して発電効率が低下するといった不都合を未然に防止することが可能となる。
【0039】
また、フェンス1の設置に際しては、上記の通り、フェンス部材10を分解した状態で運搬可能なため、個々の部材の占有スペースを抑えて効率良く敷地内に搬入することができる。また、ベース部12の取付穴34に防風パネル14の挿入部22を挿入してモルタルで固定するだけでフェンス部材10の組立が可能なため、当該フェンス部材10の組立も非常に簡単に行うことができる。この場合、防風パネル14の挿入部22をベース部12の取付穴34に挿入し、ベース部12に対して防風パネル14を起立姿勢で組付ければ、上記の通り、防風パネル14がベース部12に位置決めされて、挿入部22と各取付穴34の側面との間にモルタル充填用の適切な隙間が確保される。そのため、特に熟練を要することなく、フェンス部材10の組立てを簡単かつ円滑に行うことができる。また、各挿入部22の側面に凹部22aが形成される一方、各取付穴34の側面に凹部34aが形成され、これによりベース部12と防風パネル14とがモルタルを介して上下方向に確実に係合するように構成されているので、フェンス部材10の組立後は、ベース部12と防風パネル14とを強固に一体化することができる。
【0040】
また、上記フェンス部材10によれば、ベース部12(側方部32)の斜辺同士が当接するように隣接するベース部12同士を並べれば、図10に示すように、フェンス1のコーナー部分を簡単に構成することができる。従って、太陽光発電設備を完全に取り囲むことが可能なフェンス1を、同一のフェンス部材10だけで難なく構成することができるという利点もある。
【0041】
また、上記フェンス部材10は、上記の通り、ベース部12上に錘部材4を増設することで全体の重量を調整することができる。従って、太陽光発電設備が設置される場所の環境に応じてフェンス部材10の重量調整を適宜行うことで、その環境に適した良好なフェンス1を構築することができる。特に、錘部材4は、上記の通り、錘増設部36に被せた(嵌合させた)状態でベース部12(側方部32)上に載置されるので、錘部材4を、その位置ずれを防止しつつ安定的にベース部12上に載置しておくことができる。
【0042】
ところで、以上説明したフェンス部材10は、本考案に係る太陽光発電設備用フェンス部材の好ましい実施形態の例示であって、その具体的な構成は、本考案の要旨を逸脱しない範囲で適宜変更可能である。
【0043】
例えば、実施形態のフェンス部材10は、上下方向に延びるスリット状の2つの開口部24が防風パネル14(パネル本体20)に形成されているが、開口部24は、1つだけ、又は3つ以上形成されていてもよいし、横方向に延びるスリット状であってもよい。
【0044】
また、実施形態のフェンス部材10は、防風パネル14(パネル本体20)の開口率が11%程度となるように開口部24が形成されているが、この開口率は、11%に限定されるものではない。ゴルフ場跡、休耕田、工業団地および埋め立て地など、上記のようなフェンス1が要求される太陽光発電設備の設置場所を想定すれば、概ね10%〜15%の範囲内であるのが望ましい。この範囲内であれば、フェンス部材10の位置ずれやフェンス1内の過度の温度上昇という不都合を伴うことなく、防風という所期の目的を良好に達成することが可能である。
【0045】
また、実施形態のフェンス部材10は、防風パネル14の3つの挿入部22が各々、ベース部12に形成される取付穴32に挿入されることで、防風パネル14がベース部12に取付けられているが、挿入部22や取付穴34の数は、1つだけ、又は3つ以上であってもよい。
【0046】
また、実施形態のフェンス部材10は、上向きに突出する錘増設部36がベース部12の上面に形成され、錘部材4がこの錘増設部36に被さる(嵌合する)状態でベース部12上に載置されるように構成されているが、例えば、ベース部12の上面に凹部からなる錘増設部36を形成し、この錘増設部36(凹部)に錘部材4を嵌め込むように構成してもよい。要するに、ベース部12の錘増設部36は、錘部材4の形状との関係で、当該錘部材4を、その位置ずれを伴うことなく安定的にベース部12上に載置することができるように形成されていればよい。
【0047】
1 フェンス
10 フェンス部材
12 ベース部
14 防風パネル
20 パネル本体
22 挿入部
24 開口部
30 中央部
32 側方部
34 取付穴

(57)【要約】

【課題】太陽光発電設備に対する防風用フェンスの設置や撤収をより簡単かつ速やかに行うことが可能な太陽光発電設備用フェンス部材を提供する。【解決手段】太陽光発電設備用フェンス部材は、コンクリート製のベース部12と、これに起立姿勢で取付けられる防風パネル14とを含む。ベース部12は、その上面に防風パネル14の取付穴34を備える。防風パネル14は、パネル本体20とその下端部に設けられる挿入部22とを備えかつパネル本体20と挿入部22とがコンクリートにより一体的に形成され、挿入部22が取付穴34に挿入された状態で、当該挿入部22と取付穴34の側面との間に固定材が充填されることによりベース部12に一体的に固定される。パネル本体20には、当該パネル本体20が受ける風の一部を透過させることが可能なスリット状の開口部24が形成されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):