(54)【考案の名称】人形型文房具

(73)【実用新案権者】株式会社エンスカイ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図4

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、キャラクター人形の頭部に文房具本体を設けて構成された人形型文房具に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
近年の文房具としては、使用者が興味をもつように付加価値が付与されたものがある。この種の文房具としては、例えば特許文献1に記載されているものがある。
特許文献1に開示されている文房具は、メモ用紙を支持する裏表紙と、メモ用紙の奥側に高さや奥行きのある階段状に形成された階段部とを備えている。階段部には、使用者が興味をもつような商品広告や絵柄などが設けられる。
【0003】

【効果】

【0009】
本考案に係る人形型文房具は、メモ紙塊からなる文房具本体によって頭部が形成されたキャラクター人形を構成するものとなる。このため、使用者に使う楽しみを与えことができるとともに、使用者が見て楽しむことができる人形型文房具を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案に係る人形型文房具とキャラクター人形とを示す図で、同図(A)は人形型文房具の正面図、同図(B)はキャラクター人形の正面図である。
【図2】本考案に係る人形型文房具の側面図である。
【図3】本考案に係る人形型文房具の平面図である。
【図4】本考案に係る人形型文房具の使用前の状態を示す斜視図である。
【図5】本考案に係る人形型文房具のメモ紙を捲り上げた状態を示す斜視図である。
【図6】腕部が一体成形された支持部材を組み立てる手順を説明するための図で、同図(A)は支持部材の初期の状態を示す斜視図、同図(B)は腕部を塗装した状態を示す斜視図、同図(C)は粘着シールの平面図、同図(D)は粘着シールを貼り付ける工程を示す斜視図、同図(E)は支持部材に頭部を接着する工程を示す斜視図である。
【図7】腕部が別体に形成された支持部材を組み立てる手順を説明するための図で、同図(A)は支持部材の初期の状態を示す斜視図、同図(B)は粘着シールの平面図、同図(C)は粘着シールを貼り付ける工程を示す斜視図、同図(D)は腕部材を接着する工程を示す斜視図、同図(E)は支持部材に頭部を接着する工程を示す斜視図である。
【図8】支持部材の他の実施の形態を示す斜視図である。

【0011】
以下、本考案に係る人形型文房具の一実施の形態を図1〜図6によって詳細に説明する。
図1(A)に示す人形型文房具1は、同図(B)に示すキャラクター人形Aを構成するように形成されている。すなわち、この人形型文房具1は、前記キャラクター人形Aの胴体Bと、脚Cと、腕Dとを構成する支持部材2と、前記キャラクター人形Aの頭部Eを構成する文房具本体3とを備えている。
【0012】
前記支持部材2は、図1(A)、図2および図4に示すように、立方体状の胴体部4および脚部5と、前記胴体部4の2側部に凸設された一対の腕部6とによって形成されている。この実施の形態による前記胴体部4と、前記脚部5と、前記腕部6とは、プラスチック材料によって一体成形により一体に形成されている。
【0013】
前記胴体部4は、前記キャラクター人形Aの胴体Bを構成するものである。この胴体部4には、前記キャラクター人形Aの胴体Bの絵柄7が設けられている。この絵柄7は、前記胴体部4に巻き付けられて貼付けられた粘着シール8{図6(C)〜(E)参照}によって構成されている。この粘着シール8の表面には、前記キャラクター人形Aの胴体Bを展開させた絵柄9が印刷されている。この粘着シール8の裏面には、接着剤(図示せず)が塗布されている。また、この粘着シール8には、後述する腕部6を通すための穴10が形成されている。
【0014】
前記脚部5は、前記キャラクター人形Aの脚Cを構成するもので、前記胴体部4の下に設けられている。この実施の形態による前記脚部5は、キャラクター人形Aの前後方向に長い角柱状に形成されており、前記胴体部4より前記キャラクター人形Aの前側と後側とに突出している。脚部5の左右方向の幅は、胴体部4の左右方向の幅と略等しくなるように形成されている。この脚部5は、図示してはいないが、胴体部4と同様に粘着シールを貼り付けたり、塗装したりしてキャラクター人形Aに適する絵柄を設けることができる。
【0015】
前記腕部6は、前記キャラクター人形Aの腕Dを構成するもので、前記胴体部4の左右方向の両側部に側方へ突出するように設けられている。この実施の形態による前記腕部6は、図2に示すように、側方から見て上下方向に長い楕円状であって、正面および上方から見て円弧状を呈する縦長の球の一部となるような形状に形成されている。
【0016】
前記文房具本体3は、図5に示すように、いわゆるブロックメモと呼称されるもので、多数のメモ紙11が一つの塊となるように重ねられたメモ紙塊12によって構成されている。前記多数のメモ紙11は、厚み方向に重ねられている。各メモ紙11の一端11aどうしは、図示していない接着剤によって互いに切り離し可能に接着されている。
【0017】
このメモ紙塊12は、前記支持部材2(胴体部4)の上面2a(図6参照)に着脱可能に貼り付けられている。この実施の形態においては、メモ紙塊12における前記厚み方向の一端(下端)が両面テープ13{図6(E)参照}によって前記胴体部4の上面に着脱可能に貼付けられている。両面テープ13は、支持部材2の上面2aと略同一の形状に予め形成されている。
【0018】
メモ紙塊12の水平方向を指向する4つの側面と上面とには、前記キャラクター人形Aの顔面14を含む頭部Eの絵柄15が設けられている。この頭部Eの絵柄15は、メモ紙塊12の側面および上面に印刷されている。また、この絵柄15は、前記各メモ紙11の互いに接着される前記一端11aが前記キャラクター人形Aの後頭部Fに位置するように描かれている。
【0019】
メモ紙塊12の絵柄15には、顔面14に位置する目15a、鼻15b、口15cなどが含まれている。また、メモ紙塊12の左右方向の両側面と上面とには、耳15dが描かれている。なお、メモ紙塊12の絵柄15は、これらの目15a、鼻15b、口15c、耳15dなどに限定されることはない。すなわち、この絵柄15には、図示してはいないが、例えばリボンや頭髪などのキャラクターの特徴的な絵柄、模様などを加えることができる。
【0020】
次に、この実施の形態による人形型文房具1の組立手順を図6によって説明する。この人形型文房具1の文房具本体3であるメモ紙塊12は、顔面14を含む頭部Eの絵柄15が予め印刷されているものを用いる。
先ず、図6(A)に示すように、支持部材2を用意し、図6(B)に示すように、この支持部材2の腕部6を必要に応じて塗装する。次に、同図(C)に示す粘着シール8を用意する。この粘着シール8は、キャラクター人形Aの胴体Bを展開した絵柄が予め印刷されたものである。そして、図6(D)に示すように、前記粘着シール8を支持部材2の胴体部4に巻き付けて貼り付ける。このとき、支持部材2の腕部6を粘着シール8の穴10に挿入する。粘着シール8が胴体部4に貼り付けられることによって、支持部材2が完成する。
【0021】
次に、支持部材2の上面2aに両面テープ13を貼付け、この両面テープ13の上側の剥離紙(図示せず)を剥離した後、この両面テープ13の上に文房具本体3を載せて貼り付ける。このように文房具本体3を両面テープ13で支持部材2に貼り付けることによって、人形型文房具1の組立が終了する。
文房具本体3のメモ紙11は、上に位置するものから1枚ずつ切り離して使うことができる。メモ紙11をメモ紙塊12から切り離すためには、最も上に位置するメモ紙11の前端部を把持し、図5に示すように、このメモ紙11を例えば斜め上方に捲るように引いて行う。
メモ紙塊12の全てのメモ紙11を使い終わった場合は、支持部材2の上面2aの両面テープ13を剥がし、この支持部材2に新しい両面テープ13を介して新品のメモ紙塊12を取り付ける。
【0022】
この実施の形態による腕部6は、胴体部4と一体に形成されている。しかし、この腕部6は、図7に示す第1の変形例や図8に示す第2の変形例のように、胴体部4とは別体に形成することができる。図7および図8において、前記図1〜図6によって説明したものと同一もしくは同等の部材については、同一符号を付し詳細な説明を適宜省略する。
【0023】
第1の変形例に示す腕部6は、図7(D)に示すように、支持部材2とは別体に形成され、支持部材2の胴体部4に貼り付けられた粘着シール8の表面に接着される。この場合の粘着シール8は、図7(B)に示すように、腕部6と対応する部分にも延びるように形成されている。すなわち、この第1の変形例に用いる粘着シール8に前記腕部6を通すための穴10は形成されていない。
【0024】
第2の変形例に示す腕部6は、図8に示すように、取付用ピン21が一体に設けられている。一方、この第2の変形例に用いる支持部材2の胴体部4には、前記ピン21を挿入するための小孔22が穿設されている。この腕部6は、前記ピン21が前記小孔22に嵌ることによって、胴体部4に簡単に外れることがないように取付けられている。
【0025】
上述したように構成された人形型文房具1は、メモ紙塊12からなる文房具本体3によって頭部Eが形成されたキャラクター人形Aを構成するものとなる。このため、この実施の形態によれば、使用者に使う楽しみを与えことができるとともに、使用者が見て楽しむことができる人形型文房具を提供することができる。この実施の形態による人形型文房具1は、例えば棚に立てて置くことができるから、他の種類のキャラクターのものを集めて楽しむことも可能である。
【0026】
この実施の形態による前記支持部材2の胴体部4の絵柄9は、この胴体部4に貼付けられた粘着シール8によって構成されている。前記粘着シール8は、前記キャラクター人形Aの胴体Bを展開させた絵柄9が印刷されて前記胴体部4に巻き付けられている。
このため、この実施の形態によれば、支持部材2の胴体部4にキャラクター人形Aの胴体Bの絵柄を簡単に設けることができるから、製造コストを低減でき、人形型文房具を安価に提供することができる。
【0027】
この実施の形態による前記支持部材2の胴体部4には、前記キャラクター人形Aの腕Dを構成する腕部6が設けられている。
このため、この実施の形態によれば、支持部材2の胴体部4がより一層キャラクター人形Aの胴体Bに似るようになるから、更に見る楽しみが増すようになる。
【0028】
この実施の形態による各メモ紙11の互いに接着される前記一端11aは、前記キャラクター人形Aの後頭部Fに位置付けられている。前記支持部材2の脚部5は、この支持部材2の胴体部4より前記キャラクター人形Aの前側と後側とに突出している。
このため、支持部材2の載置の安定が図られるから、使用者が最上部のメモ紙11の前端部を把持し、このメモ紙11を上方に捲るようにして切り離すことが可能になる。
したがって、この実施の形態によれば、人形型であるにもかかわらず使い勝手がよい人形型文房具を提供することができる。
【0029】
上述した実施の形態による人形型文房具1は、腕部6を備えている。しかし、本考案に係る人形型文房具は、このような限定にとらわれることはなく、腕部6を省略して構成することが可能である。また、文房具本体3であるメモ紙塊12の形状は、この実施の形態に示したような立方体に限定されることはなく、適宜変更することが可能である。
【0030】
1…人形型文房具、2…支持部材、3…文房具本体、4…胴体部、5…脚部、6…腕部、8…粘着シール、9,15…絵柄、11…メモ紙、12…メモ紙塊、A…キャラクター人形、B…胴体、C…脚、D…腕、E…頭部、F…後頭部。

(57)【要約】

【課題】使用者が使って楽しく、しかも、見て楽しむことも可能な人形型文房具を提供する。【解決手段】キャラクター人形の胴体および脚を構成する支持部材2を備える。支持部材2の上面に着脱可能に取付けられてキャラクター人形の頭部を構成する文房具本体3を備える。支持部材2は、胴体部4と脚部5とを有する。文房具本体3は、多数のメモ紙11が厚み方向に重ねられるとともに各メモ紙11の一端11aどうしが切り離し可能に接着されてなるメモ紙塊12である。文房具本体3における前記厚み方向の一端が支持部材2の上面に着脱可能に貼り付けられる。文房具本体3の側面と上面には、キャラクター人形の顔面を含む頭部の絵柄15が設けられている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):