(54)【考案の名称】カレンダー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はカレンダーに係り、とくに当月分のみならず翌月分をも表示できるようにしたカレンダーに関する。

【従来の技術】

【0002】
例えば特開平11−268446号公報には、当月分とともに常に翌月分のカレンダーをも一目で見ることができ、絶えず翌月分をも見ることができるようにしたカレンダーであって、6枚構成で、各シートに2カ月分を印刷し、それを1年分にまとめた吊下げ用カレンダーを、過去となった月のカレンダーを一カ月分ごとに切り離し可能なミシン目及びその他の切込みを入れたカレンダーが開示されている。
【0003】
このようなカレンダーは、当月分のカレンダーと翌月分のカレンダーとが並置されるために、翌月分のカレンダーをも見ることができ、とくに予定を立てる場合に便利である。ここでこのカレンダーは、6枚構成になっており、2カ月分ずつを印刷して1カ月ずつ分離除去できるようにしている。このために、当月分と翌月分の表示が左右で交互に変換することになる。このために見誤って、当月分のカレンダーと翌月分のカレンダーとを逆に認識する可能性があり、予定を立てる場合にミスが起こる可能性がある。
【0004】
特開2001−88465号公報には、常に同じ位置関係で、当月分と翌月分、また前月分と当月分と翌月分とを、同時に掲示できるカレンダーを提供するものであって、カレンダー台紙には、カレンダー紙葉を掛けて保持するための突起部が設けられており、カレンダー紙葉にはひと月分の日付、曜日等が記載され、各紙葉の上部には台紙の突起部に対応する穴等が設けられたカレンダーが開示されている。このようなカレンダーは、各月毎にカレンダー紙葉が分離独立した構成になっており、台紙上の突起部を利用してこのようなカレンダー紙葉を掛けるようにしている。
【0005】
従って月が改まる毎に、カレンダー紙葉を外してその位置を変更したり、新しい月のカレンダー紙葉を保持しなければならず、とくに月が改められるときにおけるカレンダー紙葉の設定が面倒である。また各カレンダー紙葉が比較的厚手の紙によって印刷されるようになっているために、印刷の工数が増大する欠点がある。
【0006】

【効果】

【0014】
本願の主要な考案は、少なくとも12枚のシートを備え、各シートに当月分の7曜表と翌月分の7曜表とを並置するようにしたものである。
【0015】
従ってこのようなカレンダーによると、各シートが1ケ月分ずつ用いられるとともに、各シートには当月分の7曜表と翌月分の7曜表とが並置されているために、とくに予定を立てる場合等に、次のシートをめくって翌月分の7曜表を確認することなく一目で当月分と翌月分とを確認できるようになる。しかも各シートに当月分と翌月分とが同時に並置されるために、1ケ月毎に当月分の7曜表と翌月分の7曜表とを入替える必要がなく、各月の当月分の7曜表と翌月分の7曜表の配置関係を一定にすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】第1の実施の形態の1枚目のシートの構成を示す平面図である。
【図2】同実施の形態の2枚目のシートの構成を示す平面図である。
【図3】13枚構成とした場合における1枚目のシートの平面図である。
【図4】当月分の7曜表と翌月分の7曜表とを上下に配置した実施の形態のカレンダーの1枚目のシートの平面図である。
【図5】シートを横長にして用い、当月分の7曜表と翌月分の7曜表とを左右に配置した構成の実施の形態の1枚目のシートの平面図である。
【図6】図5に示す実施の形態の変形例であって、下側の部分にメモ欄等を設けた構成のカレンダーの1枚目のシートの平面図である。

【0017】
以下本願考案を図示の実施の形態によって説明する。
【0018】
図1および図2は第1の実施の形態のカレンダーを示しており、とくに図1はこの実施の形態のカレンダーの1枚目のシート11の構成を示している。このシート11は縦長にして用いられるようになっており、その上部に絵柄表示領域16が設けられている。この絵柄表示領域16には、写真、絵画、模様、広告等の暦以外の表示がなされる領域である。そしてこの絵柄表示領域16の下側の半分の領域をさらに左右に2分割し、左側の部分に当月分の7曜表17を、右側の領域に翌月分の7曜表18をそれぞれ印刷して形成している。例えば1枚目のシート11の場合には、左側に1月の7曜表が、右側に2月の7曜表が表示される。また上部には綴じ代19が所定の幅で設けられとともに、この綴じ代19の下端側が破断線20になっている。
【0019】
図2はこのようなカレンダーのとくに2枚目のシート12の構成を示しており、ここではその絵柄表示領域16の下側の部分に、当月分の7曜表17として2月分の7曜表が、右側に翌月分の7曜表18として3月分の7曜表が表示されている。それ以外の構成は、図1に示す1枚目のシート11の構成と同様である。
【0020】
このような図1および図2に示すようなシートを順次12枚重合わせる。そして綴じ代19の部分で綴じることによってカレンダーが組立てられる。このような1年分のカレンダーの12枚のシートの構成は、表1に示される。
【0021】
【表1】[fig000003]


【0022】
すなわちシートNo.1においては、1月分と2月分とがそれぞれ左側と右側に配置される。シートNo.2においては、2月分と3月分とがそれぞれ左側と右側とに配置される。シートNo.3においては、3月分と4月分とが左側と右側とにそれぞれ表示される。シートNo.4においては、4月分と5月分とがそれぞれ左側と右側とに配置される。シートNo.5においては、5月分と6月分とがそれぞれ左側と右側とに配置される。シートNo.6においては、6月分と7月分とがそれぞれ左側と右側とに配置される。シートNo.7においては、7月分と8月分とがそれぞれ左側と右側とに配置される。シートNo.8においては、8月分と9月分とがそれぞれ左側と右側とに配置される。シートNo.9においては、9月分と10月分とがそれぞれ左側と右側とに配置される。シートNo.10においては、10月分と11月分とがそれぞれ左側と右側とに配置される。シートNo.11においては、11月分と12月分とがそれぞれ左側と右側とに配置される。シートNo.12においては、12月分と1月分とがそれぞれ左側と右側とに配置される。
【0023】
従って12枚のシートから成るカレンダーであって、各シートにそれぞれ当月分の7曜表と翌月分の7曜表とが、左右に、当月分の7曜表17を左側に、翌月分の7曜表18を右側にして配置することが可能になる。従って毎月必ず翌月分の7曜表をも当月分の7曜表と併せて見ることができ、とくに予定を立てる場合の翌月分の7曜表を見るためにこのカレンダーをめくる必要がなくなる。また月が改められる際には、上側の綴じ代19の下側の破断線20によってその月のシートを破断して除去すればよい。これによって次の月についても、同様に当月分の7曜表17と翌月分の7曜表18とが表示されたシートが露出する。
【0024】
従ってこのようなカレンダーによると、月が改められる毎に、当月分の7曜表17と翌月分の7曜表18の位置関係が交互に逆転する弊害が防止されるようになり、常に当月分の7曜表17が左側に、翌月分の7曜表18が右側に配置される。従って当月の7曜表と翌月の7曜表の表示を誤って認識することがなくなる。また月が改められる度にカレンダー紙葉を交換したり保持し直したりするような面倒な手間が一切無く、単に1ケ月毎にシート11、12を破断線20のところで単に破断するだけでよく、月が改まった場合における操作も簡便になる。
【0025】
次に別の実施の形態を図3によって説明する。この実施の形態は、1番上側に載るシート13が、絵柄表示領域16の下側の左側の部分に当月分の7曜表17として12月の7曜表が表示され、翌月分の7曜表18として、右側に1月分の7曜表が表示されるようにしている。なおその後の2枚目以降の構成は、上記図1および図2、表1に示す構成と同様である。このように前年の12月から用いることができるようにしたカレンダーの各シートの7曜表の構成、配列は表2に示される。ここでシートNo.1については、左側に12月分が、右側に1月分が表示される。シートNo.2〜シートNo.13までの構成は、表1のシートNo.1〜シートNo.12の構成と同じなので、ここではその説明を省略する。
【0026】
【表2】[fig000004]


【0027】
このような実施の形態においても、上記第1の実施の形態と同様の作用効果を奏する。しかも12月から利用することができるために、利用期間が長くなる。
【0028】
次にさらに別の実施の形態を図4によって説明する。この実施の形態は、シート11を縦長に用いるようにし、しかもそのシートの上半分の領域に当月分の7曜表17を、下半分に翌月分の7曜表18をそれぞれ表示している。すなわちここでは、絵柄表示領域が存在せず、当月分の7曜表17と翌月分の7曜表18とを上下2段に配列している。また上部の綴じ代19の下側に破断線20が形成され、ここでその月が終わったら破断するようにしている。なおこのようなカレンダーにおける12枚構成のシートの上側と下側の7曜表の配列は、表3に示される。表3に示す配列は、表1に示す配列と同様であって、この表1における左側を上側に置換え、右側を下側に置換えただけの構成になる。
【0029】
【表3】[fig000005]


【0030】
このようなカレンダーにおいても、上側に当月分の7曜表17が表示され、下側に翌月分の7曜表18が表示されるために、当月と翌月の暦を同時に見ることができ、予定を立てるときに非常に便利である。しかもその月が終わって月が改まる場合には、破断線20に沿ってこのシート11を破断除去すればよく、とくに操作が面倒になることがない。
【0031】
次に図5によって第3の実施の形態を説明する。この実施の形態は、シート11を横長に用いるとともに、左側の半分の領域に当月分の7曜表17を、また右側の半分の領域に翌月分の7曜表18を配置している。すなわちここでは、シート11に絵柄表示領域が形成されず、シート11の左半分と右半分とにそれぞれ当月分の7曜表17と翌月分の7曜表18とを配置した構成となっている。なお各シートの左側と右側の組合わせは、表1に示す第1の実施の形態の表示と同様になる。
【0032】
次に図5に示す上記実施の形態の変形例を図6によって説明する。この実施の形態は、横長シート11の左側の部分に当月の7曜表17を配置し、右側の部分に翌月分の7曜表18を配置したものである。またここでは絵柄表示領域が設けられておらず、その代わりに下端側の余白部分にメモ欄23が配置されるとともに、メモ欄23の横には、各季節の行事等の暦事項を表示する暦事項表示欄24が配置されている。なおそれ以外の構成は図5に示す実施の形態と同様である。
【0033】
このような変形例においても、各シート11には、当月分の7曜表17と翌月分の7曜表18とが、左右に並置して配置されているために、予定を立てる場合においても、翌月分の7曜表18をも常時ひと目で見ることができる。しかも当月分と7曜表17と翌月分の7曜表18の位置関係が各月毎に総て共通であるために、当月分と翌月分を見誤ることがない。また月が改まったら、破断線20によってシートの全体を破断除去すればよく、月が改まったときの操作が簡単になる。
【0034】
以上本願考案を図示の一実施の形態によって説明したが、本願考案は上記実施の形態によって限定されることなく、本願考案の技術的思想の範囲内において各種の変更が可能である。例えば上記実施の形態における当月分の7曜表17と翌月分の7曜表18の配置関係については、左右あるいは上下を通年を通して逆にするように配置してもよい。
【産業上の利用可能性】
【0035】
本願考案は、壁等に吊下げておくカレンダーとして利用することが可能である。
【0036】
11〜13 シート
16 絵柄表示領域
17 当月分の7曜表
18 翌月分の7曜表
19 綴じ代
20 破断線
23 メモ欄
24 暦事項表示欄

(57)【要約】

【課題】当月分の暦と翌月分の暦とを同時に表示することが可能であって、しかも月毎に当月分の暦と翌月分の暦とが逆転することがないようにし、さらには月が改まった場合における操作が容易なカレンダーを提供する。【解決手段】カレンダーのシート11において、その左側に当月分の7曜表17を、右側に翌月分の7曜表18を配置するか、上側に当月分の7曜表17を配置し、下側に翌月分の7曜表18を配置する。月が改まったら、綴じ代19の下側の破断線20のところでシート11の全体を破断する。すなわち、前記カレンダーは、少なくとも12枚のシートを備え、各シートに当月分の7曜表と翌月分の7曜表とを並置するようにしたものである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):