(54)【考案の名称】ワンコール促進装置

(73)【実用新案権者】JFEエンジニアリング株式会社

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、電話の呼出し音が鳴ったときに受話器を出来るだけ早く、できればワンコールで取るように促進するワンコール促進装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
電話の呼出し音が鳴ったときに、受話器を取るのを促進する装置としては各種のものが提案されている。
例えば、特許文献1に提案されている電話機は、「交換機からの着信信号を検出し検出信号を出力する検出手段と、前記検出信号によって起動されるタイマーと、このタイマーの時間計測値によって音量の増幅度が変化する増幅器を含む呼出し音発生手段とを備えてなる」ものである。
【0003】
特許文献1においては、自動的に呼出し音の音量を変化させることにより、電話機が比較的離れた場所に配置され呼出し音が小さいために呼出し音が何度も鳴っているが誰も出ないと言う問題を改善できるとともに、電話機の近くで呼出し音が大きな音で鳴り出し騒音のもとになるという問題も大幅に改善できるとしている。
【0004】
また、特許文献2においては、電話機の近くに人がいる場合には着信があると短時間内に応答することを前提として、所定時間内に応答しない場合は電話機の周囲には人がいないものと見なして音量調整を解除して最大音量で鳴動させることにより、応答を促すようにした電話機が提案されている。
【0005】

【効果】

【0017】
本考案においては、外線からの着信があったことを検出する着信検出手段と、前記電話機のオフフックを検出するオフフック検出手段と、前記着信検出手段によって着信を検出後の時間等を検出する発音開始時間設定手段と、予め設定した少なくとも90dB以上の音量の発音を発する発音ユニットと、前記着信検出手段によって着信を検出した後、前記発音開始時間設定手段で設定された時間を経過したときに前記発音ユニットに発音を指示する発音ユニット制御手段とを備えたことにより、着信後に予め設定した時間経過後に90dB以上の音量の発音があるので、それを知っている者は発音がある前に受話器を取ろうと必死になり、それによって、大音量が発する前に受話器を取る習慣が身に付く。他方、電話をした側においてはいち早く受話器が取られることに感激し、電話をかけた側に好感を与え、人間関係の良好な関係を構築できる一助ともなり得る。
つまり、従来の電話機における音量増幅装置の考え方は、徐々に音量を上げるというように電話を受ける側の立場に配慮していたのに対して、本考案では電話をかけた側への配慮を最優先することにより、結果として電話を受けた者に対するメリットをもたらすものである。
【図面の簡単な説明】
【0018】
【図1】本考案の一実施の形態に係るワンコール促進装置の構成を説明するためのブロック図である。
【図2】本考案の一実施の形態に係るワンコール促進装置の設置例を説明するための説明図である。
【図3】本考案の一実施の形態に係るワンコール促進装置の発音開始時間の設定の一例について説明する説明図である。
【図4】本考案の一実施の形態に係るワンコール促進装置の発音量と時間の関係について説明する説明図である。
【図5】ワンコール促進装置の発音のタイミングと発音量の関係の他の態様について説明する説明図である。
【図6】ワンコール促進装置の発音のタイミングと発音量の関係の他の態様について説明する説明図である。

(57)【要約】

【課題】電話機の呼出し音が鳴れば何をさておいても直ぐに受話器を取るような動作を促すことのできるワンコール促進装置を提供する。【解決手段】ワンコール促進装置は、電話機に取り付けられるワンコール促進装置1であって、外線5からの着信があったことを検出する着信検出手段31と、電話機のオフフックを検出するオフフック検出手段33と、着信検出手段31による着信の検出後、発音までの時間を設定する発音開始時間設定手段35と、予め設定した少なくとも90dB以上の音量の音を発音する発音ユニット11とを備える。さらに、着信検出手段31によって着信を検出した後、発音開始時間設定手段35で設定された時間を経過したときに発音ユニット11に発音を指示する発音ユニット制御手段37とを備えてなる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):