(54)【考案の名称】ハンドヘルド型モバイル端末固定装置の延伸棒

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案はハンドヘルド型モバイル端末固定装置の延伸棒に関し、特に、携帯可能で、携帯電話、ゲーム機、電子ブックリーダー、GPSナビゲーションシステム、タブレットコンピュータ等のモバイル端末を挟持して保持することができる、可動式固定装置の延伸棒に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、携帯電話やタブレットコンピュータ等のハンドヘルド型モバイル端末が非常に普及しており、ほぼ誰もが1台保有している。これらモバイル端末のサイズは小型軽量化が進んでいるが、長時間手に持っていると普段運動不足の人々にとっては徐々に筋肉に負担が蓄積される。
【0003】
小型のモバイル端末に使用するために別途固定器材が設計されているが、迅速に固定し、便利に取り外すことができ、かつ体積が小さく軽量で、携帯しやすいようにフレームを容易に収縮させることができる効果を備えたものはない。
【0004】
市販のモバイル端末の固定装置はいずれも湾曲可能な軟質の管体にクリップを組み合わせて卓上に設置するようになっている。しかし、モバイル端末を卓上に懸吊することはできるものの、全体構造が非常に軟弱で、懸吊時間が長すぎて変形し、下垂して湾曲することがよくある。このため、使用者がモニターをタッチして選択の操作をしたいとき、片手でモバイル端末の背面を支えなければならず、従来のモバイル端末の固定装置はタッチによる選択や可動操作に適していない。
【0005】
また、従来の固定装置は平面の場合のみクリップで挟んで設置することに適しているが、屋外で例えば電車や地下鉄、バスなどには乗客が握持するための垂直の円形の柱しかなく、これらの場合クリップでは効果的に固定できず、かつ従来の固定器材のフレームは単純に固定器材を支持するために用いられ、その他の用途はないため、上述の問題に対する改善が必要である。
【考案が解決しようとする課題】
【0006】
本考案の目的は、携帯が可能で、携帯電話、ゲーム機、電子ブックリーダー、GPSナビゲーションシステム、タブレットコンピュータ等のモバイル端末を挟持して懸持できる可動式固定装置の延伸棒であって、主に、モバイル端末を懸吊できるだけでなく、適切な全体的剛性を提供し、使用者が懸吊されたモバイル端末上をタッチして操作したり、ジェスチャを使用して手を滑らせたりしてもモバイル端末の固定位置に影響せず、また滑らかな直立した棒を挟んで容易に設置でき、使用者が公共交通機関を利用するとき、モバイル端末を交通機関上に懸吊できると同時に、全体的剛性を維持して、使用者が懸吊したモバイル端末上をタッチして操作したり、ジェスチャを使用して手を滑らせたりすることができ、これにより筋肉の疲労を低減し、肩や首が過度に使用されてコリや痛みを生じることを防止できる、ハンドヘルド型モバイル端末固定装置の延伸棒を提供することにある。

【効果】

【0013】
本考案のハンドヘルド型モバイル端末固定装置の延伸棒は、携帯が可能で、携帯電話、ゲーム機、電子ブックリーダー、GPSナビゲーションシステム、タブレットコンピュータ等のモバイル端末を挟持して懸持できる可動式固定装置の延伸棒であって、主に、モバイル端末を懸吊できるだけでなく、適切な全体的剛性を提供し、使用者が懸吊されたモバイル端末上をタッチして操作したり、ジェスチャを使用して手を滑らせたりしてもモバイル端末の固定位置に影響せず、また滑らかな直立した棒を挟んで容易に設置でき、使用者が公共交通機関を利用するとき、モバイル端末を交通機関上に懸吊できると同時に、全体的剛性を維持して、使用者が懸吊したモバイル端末上をタッチして操作したり、ジェスチャを使用して手を滑らせたりすることができ、これにより筋肉の疲労を低減し、肩や首が過度に使用されてコリや痛みを防止できる効果を有する。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】本考案の最良の実施例の正面図である。
【図2】図1の上面図である。
【図3】図1の位置決めフレームの立体図である。
【図4】本考案の追加実施形態の正面図である。
【図5】本考案の別の追加実施形態の正面図である。
【図6】図5の上面図である。
【図7】図5の使用状態の部分拡大図である。
【図8】本考案のさらに別の追加実施形態の正面図である。
【図9】本考案の使用状態を示す図である。
【図10】本考案の別の使用状態を示す図である。
【図11】図8の棒状体の断面図である。

【0015】
図1から図11に本考案の最良の実施例を示す。本考案のハンドヘルド型モバイル端末固定装置の延伸棒は、棒状体1を含み、棒状体1は断面が円柱形または多辺形の棒体とすることができる。棒状体1の両端には取り外し可能な方式で外部の固定装置の置決めフレーム2と固定部材3がそれぞれ設置され、位置決めフレーム2が携帯電話、ゲーム機、電子ブックリーダー、GPSナビゲーションシステムまたはタブレットコンピュータ等の外部のモバイル端末7を嵌持して位置決めするために用いられ、固定部材3が平面または棒体を含む外部物品上に棒状体1と位置決めフレーム2を固定し、モバイル端末7を懸持するために用いられる。
【0016】
前記棒状体1が一端に位置決めフレーム2を結合可能な第2接続部12を備え、他端に固定部材3を結合可能な第1接続部11を備え、かつ棒状体1は垂直または水平方向に剛性を備えている。
【0017】
前記固定部材3は水平または垂直の平面、円柱形または細長い形状の棒、竿、棒状の支持フレーム構造等の外部物品を迅速に挟み込んで外部物品に固定することができ、使用者がモバイル端末7をタッチ制御できるようにして、モバイル端末7が使用者によってタッチされるとき、棒状体1により外部物品上に強制的に位置決めされ、ぐらつきやずれが生じないようにモバイル端末7が保持される。
【0018】
前記棒体は、公共交通機関の車両内及び周辺の人が握持するために用いることができる水平ポール81と垂直ポール82としてもよい。
【0019】
棒状体1は一節または多節の伸縮可能な棒状、竿状の個人用携帯物品とすることができる。個人用携帯物品は傘、杖、ステッキ、棍棒、釣竿、ペン、マイクスタンドまたは譜面台としてもよい。
位置決めフレーム2と固定部材3をそれぞれ棒状体1の両端から取り外した後、棒状体1は傘、杖、ステッキ、棍棒、釣竿、ペン、マイクスタンドまたは譜面台として使用でき、かつ傘、杖、ステッキ、棍棒、釣竿、ペン、マイクスタンドとして使用する棒状体1両端の第1接続部11と第2接続部12上に第1接続部11と第2接続部12を保護するためのパッドまたはカバーをそれぞれ設置することができる。棒状体1を雨傘または日傘として使用する場合、棒状体1の外側に傘の骨と、骨の外を覆う傘布6が設置される。
【0020】
固定部材3は少なくとも1つの可動はさみ部31、32を備えている。
【0021】
固定部材3は少なくとも2つの相互に対称の可動はさみ部31、32を備え、各組のはさみ部31、32上にそれぞれ回転軸33、34が枢設され、各回転軸33、34上にネジ孔331、341を設ける。
はさみ部31、32の回転軸33、34のネジ孔331、341間にはボルト35が螺着され、ボルト35で片側からはさみ部31、32の間の開き具合を調整し、外部物品を挟持したり、解放したりすることができ、かつボルト35の一端に使用者がボルト35を回動させるために利用する調整ヘッド351が設置される。
【0022】
または、固定部材3aは少なくとも2つの相互に対称な可動はさみ部31a、32aと、はさみ部31a、32a外囲まで延伸されたカバー38aを含み、各組のはさみ部31a、32a上にそれぞれ回転軸33a、34aが枢設され、各回転軸33a、34a上にネジ孔331a、341aがそれぞれ設けられ、カバー38a上に回転軸33a、34aに近接した2つのネジ孔381a、382aがそれぞれ設けられる。
各はさみ部31a、32aの回転軸33a、34aのネジ孔331a、341aと、相隣するカバー38aのネジ孔381a、382a間にそれぞれボルト35a、36aが螺着され、2本のボルト35a、36aを利用して両側からはさみ部31a、32a間の開き具合を調整し、外部物品を挟持したり、解放したりすることができる。さらにボルト35a、36aの一端に使用者がボルト35a、36aを回動させるために利用する調整ヘッド351a、361aが設置される。
【0023】
或いは、固定部材3cは少なくとも2つの相互に対称な可動はさみ部31c、32cを含み、かつ固定部材3c上にはさみ部31c、32cの間の開き具合を駆動して調整できる駆動装置37cが設置され、駆動装置37cはモーターとすることができる。
【0024】
固定部材3、3a、3b、3cは後端部に棒状体1、1a、1bの第1接続部11、11a、11bを結合可能な第1連結部30、30a、30b、30cを備え、第1連結部30、30a、30b、30cと第1接続部11、11a、11bの結合方式は、挿入式、掛止式、嵌入式、包囲式、回動式、枢着式、吸着式、磁性吸着式、ネジによる固定、面ファスナーによる貼付、接着剤による接着または一体成型を含むことができる。
【0025】
はさみ部31bまたは32bはリリース装置320bを備える。リリース装置320bは、固定部材3b上に枢着されたベース部321bと、ベース部321b上の固定部材3bから離れた位置に枢着された爪部322bを含み、ベース部321bと爪部322bが相対する接合面上にそれぞれ位置決め孔323b、324bを設ける。
位置決め孔323b、324b間には位置決め棒325bが穿設され、ベース部321bと爪部322bを結合して固定し、固定部材3bを公共交通機関の車内及び周辺の人が握持するために用いる水平ポール81や垂直ポール82上から急いで取り外す必要があるときは、リリース装置320bの位置決め棒325bを抜き取ると、爪部322bが外側に向かって揺動し、固定部材3bが緩むため、リリース装置320bを開くことができる。
【0026】
棒状体1、1a、1bは単数または複数とすることができ、かつ複数の棒状体1b、1b´は管状であり相互に入れ子状に連結する。複数の棒状体1b、1b´は多段式の伸縮機能を備えており、延伸棒の使用時の全体長さを増加できる。
各棒状体1b、1b´が相互に連結される接合面の間に相互に係止及び離脱可能な第1係合部13bと第2係合部14bが設けられる。第1係合部13bは棒状体1b内壁に設けた凸部とし、第2係合部14bは別の棒状体1b´外壁に設けた凸部としてもよく、各棒状体1b、1b´を相互に伸縮させて係止し、任意の長さに位置決めすることができる。
【0027】
或いは、各延伸棒1a間を一個以上の角度調整が可能な可動ジョイント10aで相互に連結し、延伸棒1aを相互に折り畳み可能として、多段式の展開機能を具備させ、延伸棒1aの使用時の全体長さを増加できる。可動ジョイント10a上に締めたり緩めたりすることができる調整ボルト15aが螺合され、各棒状体1aを相互に伸縮させて任意の角度で締めて位置決めし、可動ジョイント10aは0度から360度の間で多角度の角度調整が可能であり、可動ジョイント10aは枢接軸または自在継手とすることができる。
【0028】
延伸棒1、1a、1bは平時において縮小状態下で便利に携帯できるが、伸ばして展開したとき、長さを人の手で便利に操作できる視線内の範囲に伸ばすことができ、かつ長さと角度の調整により、モバイル端末7の画面を自分で操作がしやすい範囲に調節することができる。
【0029】
位置決めフレーム2背面には棒状体1の第2接続部12、12a、12bを結合可能な第2連結部20が設けられ、第2連結部20と第2接続部12、12a、12bの結合方式は、挿入式、掛止式、嵌入式、包囲式、回動式、枢着式、吸着式、磁性吸着式、ネジによる固定、面ファスナーによる貼付、接着剤による接着または一体成型を含むことができる。
【0030】
位置決めフレーム2aは幅の大きさを調整できる伸縮カバー体としてもよく、カバー体はベース座体21と、ベース座体21周辺に環状に設けられた可撓性フレーム22を備える。
ベース座体21とフレーム22内壁の間に外部のモバイル端末7を嵌持して位置決めするために用いる位置決め槽23が形成され、かつベース座体21背面に第2連結部20が設けられ、棒状体1の第2接続部12と結合するために用いられる。位置決めフレーム2は第2連結部20を介し棒状体1、1a、1bを軸として90度の角度で回動することができる。
【0031】
上述の構成により、固定装置の延伸棒は便利に携帯して隨時使用でき、かつ固定部材3、3a、3b、3cにより公共交通機関の車両内及び周辺の人が握持するための水平ポール81と垂直ポール82上に便利かつ迅速に取り付けることができ、同時に位置決めフレーム2を利用してモバイル端末7を挟持し、長時間手に物を持っている時間を減少することができる。
【0032】
位置決めフレーム2と固定部材3、3a、3b、3cをそれぞれ棒状体1、1a、1b両端の第1接続部11、11a、11bと第2接続部12、12a、12b上から取り外した後、棒状体1、1a、1bは任意に伸縮させて杖、ステッキ、釣竿、ペン、マイクスタンドまたは譜面台等の個人用携帯物品として使用することができ、棒状体1上に傘の骨と傘布6を設けた場合、雨傘または日傘として使用することもできる。
【0033】
このように、本考案の固定装置の延伸棒は携帯に便利であり、固定部材3、3a、3b、3cにより周辺のポール81、82がある場所に対して簡単かつ迅速に取り付けと取り外しを行うことができ、かつ位置決めフレーム2によりモバイル端末7を嵌持して位置決めし、筋肉の疲労を低減すると共に、肩や首の過度の使用による痛みを回避することができる。
このほか、棒状体1、1a、1bは両端の位置決めフレーム2と固定部材3、3a、3b、3cを自由に取り外し、傘、杖、ステッキ、棍棒、釣竿、ペン、マイクスタンドまたは譜面台等個人用携帯物品として使用することができる。
【0034】
1、1a、1b、1b´ 棒状体
10a ジョイント
11、11a、11b 第1接続部
12、12a、12b 第2接続部
13b 第1係合部
14b 第2係合部
15a 調整ボルト
2 位置決めフレーム
20 第2連結部
21 ベース座体
22 フレーム
23 位置決め槽
3、3a、3b、3c 固定部材
30、30a、30b、30c 第1連結部
31、32、31a、32a、31b、32b、31c、32c はさみ部
321b ベース部
322b 爪部
323b、324b 位置決め孔
325b 位置決め棒
33、34、33a、34a 回転軸
331、341、331a、341a、381a、382a ネジ孔
35、35a、36a ボルト
351、351a、361a 調整ヘッド
37c 駆動装置
38a カバー
6 傘布
7 モバイル端末
81 水平ポール
82 垂直ポール

(57)【要約】

【課題】携帯に便利であり、かつ固定部材により周囲にポールがある場所に迅速に取り付けと取り外しができ、位置決めフレームと固定部材を棒状体の両端から取り外した後、棒状体を傘、杖、ステッキ、釣竿、ペン、マイクスタンドまたは譜面台等として使用できるハンドヘルド型モバイル端末固定装置の延伸棒を提供する。【解決手段】延伸棒は、棒状体1の両端に取り外し可能な方式で外部の固定装置の位置決めフレーム2及び固定部材3が設置され、前記位置決めフレームが外部のモバイル端末7を嵌持して位置決めするために用いられ、前記固定部材が平面または棒体を含む外部物品上に前記棒状体と前記位置決めフレームを固定し、前記モバイル端末を懸持するために用いられ、前記棒状体が一端に前記位置決めフレームを結合可能な第2接続部12を備え、他端に前記固定部材を結合可能な第1接続部11を備える。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):