(54)【考案の名称】プラグカバー

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ブラグカバーに関し、楽にコンセントからプラグを引き抜く事が出来、更にプラグを使わない場合にコンセントキャップにもなり得るプラグカバーに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、プラグをコンセントから引き抜く際は、プラグ本体を指で握って挟んで引き抜いていた。
【0003】
一方で使用していないコンセントの電極受け口を絶縁性からなるキャップ等で防塵、感電防止のために塞いでいた。
【0004】
【先行技術文献1】
特許出願公開2004年31298号
【0005】
上記先行技術文献1に示された特許出願のプラグカバーでは、プラグの金属極から、絶縁体のカバーでプラグ本体をすっぽりと覆った上で金属極の反対側に指の入る輪を設けているため、プラグ自体を脱着する度に大変手間取るという欠点が有った。
【0006】
もちろんプラグを使用しない場合、そのままプラグに装着したまま収納するか、いちいち取り外しておかなければならなかった。
【問題を解決するための手段】
【0007】
上記課題を解決するために本考案は、プラグ(11)の金属極(10)を通す穴部(2)を有する矩形平面(4)のうち、連続する三辺又は四辺からほぼL字状にプラグ(11)を包み込むように曲げて形成されており、連続する三辺は長手方向真中から伸びる端部に、四辺は向かい合う二辺から伸びる各端部に指の入るプラグ引き抜き用リング部(3)が設けられていることを特徴とする。
【0008】
更に、連続する三辺は長手方向真中以外の二辺のうちの一方の面上からほぼ垂直にコンセントプラグ穴(14)に差し込む絶縁性保持極(5)が設けられている事を特徴としている。
【0009】
又、四辺は矩形平面(4)の短手方向からの二辺のうちの一方の面上からほぼ垂直にコンセントプラグ穴(14)に差し込む絶縁性保持極(5)が設けられ、更に長手方向の二面上に該絶縁性保持極(5)をコンセントプラグ穴(14)から引き抜くためのローレット部(6)が設けられていることも特徴としている。
本考案は以上のような構成からなるプラグカバーである。

【効果】

【0010】
本考案のプラグカバーは以上のような構成であるため、特に「握る」という事の困難な指の不自由な人やプラグコードを握って抜くという乱雑に扱う人でも、例えばプラグ引き抜き用リング部に人差し指や中指又は親指等を入れて引っ張るだけで簡単に楽にプラグをコンセントから抜く事が出来る優れたものになる。
【0011】
又、考案のプラグカバーは、金属極を通す穴部を有する矩形平面と指の入るプラグ引き抜き用リング部の間の側面上からほぼ垂直にコンセントプラグ穴に差し込むための絶縁性の保持極が設けられているため、プラグを使用しない場合はプラグを本考案のプラグカバーにセットした状態でコンセントプラグ穴に該保持極を差し込めばコンセントプラグ穴の防塵、感電防止効果も得られ、更にはプラグを収納せずに、使用時に該保持極をコンセントから取り外してプラグを差し込む事の出来る節電効果も得られる優れたものとなる。
【0012】
もちろん、該保持極でコンセントプラグ穴に保持している際に本考案のプラグカバーの側面に使用プラグの機器名等を書いたシール等を貼り付ければ何のプラグかすぐにわかるという副次的効果も得られる。

(57)【要約】

【課題】ブラグカバーに関し、楽にコンセントからプラグを引き抜く事が出来、更にプラグを使わない場合にコンセントキャップにもなり得るプラグカバーを提供する。【解決手段】プラグの金属極を通す穴部2を有する矩形平面4のうち、連続する三辺又は四辺からほぼL字状にプラグを包み込むように曲げて形成されており、連続する三辺は長手方向真中から伸びる端部に、四辺は向かい合う二辺から伸びる各端部に指の入るプラグ引き抜き用リング部3を設ける。プラグを使用しないときは、絶縁性保持極5をコンセントプラグ穴に差し込んで、コンセントキャップとする。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):