(54)【考案の名称】折り重ねケアレーベル

(51)【国際特許分類】

G09F 3/02 ・形状 構造

(73)【実用新案権者】有限会社コスモシステム

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、下着やワイシャツなどに付けられる、サイズや商標などを表示するためのケアレーベルとその製造装置に関する。

【従来の技術】

【0002】
一般に、下着やワイシャツなどの被服には、洗濯適合の表示やサイズなどを表示したケアレーベルが付けられている。ケアレーベルは一般に洗濯ネームとも呼ばれ、商品のブランド、サイズ、体形、洗濯絵表示、品質又は原産地などのほか、デメリット表示又は製造物責任法に基づく注意書きなどを表記するためのものをいう。
【0003】
ケアレーベルは、短冊状布帛の両面に表示部をプリントした後、その片側を被服に縫着又は溶着して用いられる。表記内容が多い場合には、2枚のケアレーベルを縫着又は溶着したり、1枚の比較的長いケアレーベルを二つ折りにして被服に縫着又は溶着している。
【0004】
しかしながら、2枚のケアレーベルを重ねて被服に取り付けた場合や、1枚のケアレーベルを二つ折りにして被服に取り付けた場合には、被服の購入者又は使用者がケアレーベルの折り重ねられた下側の部分の内容に気付くことは困難である。同様の理由により、折り重ねられたケアレーベルを取り付けて複数の言語による表記を行った場合、ケアレーベルの折り重ねられた下側の部分に記載された言語による表記は購入者又は使用者に気付かれない可能性が高い。

【効果】

【0011】
本考案のケアレーベルによれば、ケアレーベルが取り付けられた被服の購入者や使用者が、折り曲げられて重ね合わされたケアレーベルの一部の下にケアレーベルの残りの部分の一部が存在することを容易に視認することができる。これにより、ケアレーベルの一部の下に存在するケアレーベルの残りの部分に記載された表示内容であっても、購入者や使用者によって見落とされる可能性が低減される。
【0012】
また、本考案のケアレーベルによれば、1枚のケアレーベルの両面に複数の言語による表示を印刷することが可能であり、被服の購入者や使用者はケアレーベルに複数の言語による表示がなされていることを容易に認識することが可能である。さらに、本考案の本考案のケアレーベルによれば、複数枚のケアレーベルを一点で止めたものに比べて製造工程中で取り扱うケアレーベルの枚数が少なくて済み、ケアレーベルの切断工程が削減される上に取り扱いが容易となる。

(57)【要約】

【課題】1枚のケアレーベルを二つ折りにして被服に取り付ける場合であっても、被服の購入者又は使用者がケアレーベルの折り重ねられた下側の部分の表示内容に容易に気付くような方策を提供する。【解決手段】ケアレーベル301は、少なくとも一つの位置305において折り曲げられたケアレーベルであって、位置305を挟む第一の部分と第二の部分を含み、前記第一の部分が前記第二の部分の上に重なり合うように、少なくとも一点において前記第一の部分と前記第二の部分が互いに固定されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):