(54)【考案の名称】インターネットの検索窓マーク入りはがき

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は私製および官製はがきに検インターネット上で利用されている検索窓枠をあらかじめ印刷して利用するはがきに関するものである。

【従来の技術】

【0002】
本考案は従来の私製および官製はがきに任意の余白場所にインターネット検索窓を現す検索窓枠をマークとして印刷しておき、当該はがきの差出人は郵送相手に対して当該窓枠内の余白に相手にインターネットで検索して開いてもらいたい任意の文字、単語、名前などのキーワードを筆記具で手軽に手書で記載したりあるいはスタンプで印字してのち相手先ごとに郵送出来る。それによって差出人が希望する対象のホームページへ相手を効率良く誘因する効果や宣伝効果をもたらすものである。
【考案が解決しようとする課題】
【0003】
従来のハガキには自分ではがきの裏面及び表面に必要があれば手書きで文中や余白に検索窓マークの枠を書き込んだうえで商品名、URLなど要検索文言を書き込まなければならなかった。
本考案では検索窓枠のマークがあらかじめ製版印刷されていることによって発送前に用意されたその空白部分に手書きやスタンプで記入、印押しができるため読みやすくまたデザインの上でもはがきの見栄えも美しくなることになり便利である。

【効果】

【0005】
インターネット検索窓のマーク付きはがきは官製はがきの発行者、及び私製はがきの制作者においても、そのマークのデザインは、はがき制作者側が任意のデザインを設けることによりはがきの視的な楽しさや面白い模様が広がることによって利用者のホームページやブログ、及び紹介・案内したいお店、商品、地域などへの案内を伝え易く、関心を高め、郵送者の意図する対象物へ誘因・宣伝効果へ繋げる需要増にも資するものである。
【0006】
郵送者側は、はがきの宛名面、文章面もしくはその両面に、それぞれインターネット検索マークを楽しいデザインの印刷にすれば宣伝効果を高めやすい。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】はがき裏面の平面図である。
【図2】はがき表面の平面図である。

【0008】
1・・・・はがき
2・・・・インターネット検索窓マーク
3・・・・インターネット検索窓マーク内の文字記入蘭

(57)【要約】

【課題】パソコン上のインターネットで使用する検索マークと同様の検索窓マークの型を官製および私製の郵便はがき上に印刷して使用する検索窓マーク付きはがきを提供する。【解決手段】官製はがき又は私製はがきの下部にインターネット検索窓マークを設ける。これにより発送側が伝えたい各種の情報を容易に受領者に伝えることができる。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):