(54)【考案の名称】組立式個室

(73)【実用新案権者】ユーテック株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、ダンボール板を用いて形成された本体部とカーテンレールとを有する組立式個室に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から、例えば災害時の共同避難場所などにおいて、更衣所やトイレなどのプライバシー空間を確保するための臨時設備として、ダンボール板を用いた組立式の建屋が用いられている。
【0003】
例えば、特許文献1の図16〜図19に示される組立式の更衣室は、プラスチック製のダンボール板からなる3枚の平板状側壁を、連結ベルト及び補強フレーム等の複数種類の連結具を用いて、平面視略コの字状に連結して形成された本体部と、本体部の開口を開閉するためのカーテンが吊り下げられたカーテンフレーム(カーテンレール)とを備えている。カーテンフレームは、カーテンが吊り下げられる直線状フレームと、直線状フレームの両端部に連結されたL字状の嵌合用フレームとで構成されている。嵌合用フレームは、下側が開口した断面コの字状に形成されており、この嵌合用フレームの内側に、側壁の開口側端部の上端部を嵌合させることで、カーテンフレームは本体部に取り付けられている。
【0004】

(57)【要約】

【課題】カーテンレールを本体部から外れにくくすると共に、本体部の強度を向上させ、また、L字型の連結具が不要であって組立が容易な組立式個室を提供する。【解決手段】組立式個室1は、ダンボール板の折り曲げにより平面視略コの字形状をなし、前方が開口した本体部10と、本体部10の開口の両側の上端部に配置され、カーテン4が吊り下げられるカーテンレール3とを備えている。本体部10の開口の両縁部には、側壁10a、10cの前端部を上端から下端に跨って筒状に折り曲げることで補強部16が形成されており、左右の補強部16の対向する面の上端には、溝部18が形成されている。カーテンレール3は、左右の溝部18内にその上方より挿入され、溝部18の幅よりも大きい幅を有する左右の先端部が、補強部16の内側に配置されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):