(54)【考案の名称】移動式太陽光発電装置

(73)【実用新案権者】有限会社コンテナおおあみ

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、停電時の非常用電源または電気の使えない屋外などの電源として利用される移動式太陽光発電システムに関する。

【従来の技術】

【0002】
従来、移動式太陽光発電装置として、太陽光発電システムと、発電された電気を蓄える蓄電池と、電気を制御する制御機器と、制御機器からの給電で動作する照明具が台車に搭載され、ソーラーパネル電池が蓄電池の上方に配置され、移動車の下方に4個の車輪が設けられた移動式ソーラーシステムが知られている。(特許文献1)
【0003】
また、蓄電池や制御機器などをキャスター付きの筺体内に収納するとともに、筺体とソーラーパネルとを分離可能な構造として、持ち運びを簡便化したソーラーパネル用の電源装置が知られている。(特許文献2)
【0004】

【効果】

【0009】
本考案によれば、太陽光が利用できない場合には、商用電源で蓄電することができるとともに、停電により商用電源が利用できなくなった場合には、無停電電源機能により蓄電池からの電源を利用できる。
また、簡単に太陽光パネルの仰角を調整可能にしたため、太陽光を効率良く得ることができる。
さらに、太陽光パネル以外の電源部や制御部が収納されるケーシングの側面には、放熱のための通風換気孔を設けたので、太陽光による蓄電中の際、ケーシング内の過度の温度上昇を防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
【図1】本考案の移動式太陽光発電装置の外観図である。
【図2】本考案の移動式太陽光発電装置のケーシングを外した状態を示す外観図である。

【0011】
本考案に係る実施形態を図1及び図2に基づいて以下に説明する。
図1は本考案の移動式太陽光発電装置の外観図、図2は本考案の移動式太陽光発電装置のケーシングを外した状態を示す外観図である。
【0012】
図1において、1は太陽光を受けるソーラーパネルであり、車輪2を備えた移動可能な台車3の端部に設置されている。台車3にはソーラーパネル1を支持するパネル支持部4が取り付けられており、パネル支持部4の長さを伸縮可能に調整するネジ等からなる調整部5によりソーラーパネル1の傾きを調節でき、太陽とソーラーパネル1との迎角が適切になるように調整可能である。
【0013】
また、図2に示すように、台車3上には蓄電池6、充電コントローラ7、インバータ8等が載置固定されており、これらの電池や制御装置を覆うように図1に示すケーシング9が設置されている。
そして、ケーシング9の外側面には複数のスリットが設けられ、各スリットの上部には鍔状の突出部を有する通風換気口10が設けられている。
この形状の通風換気口10により、ケーシング9内への外からの風雨の侵入を防止するとともに、ケーシング内の制御装置等からの発熱を外へ逃がす働きを行う。
【0014】
太陽の出ている時間帯であれば、ソーラーパネル1による発電電力が蓄電池6に充電される。太陽光を利用できない夜間であっても、蓄電池に充電された電力は充電コントローラ7及びインバータ8を介して交流負荷を利用することができるようになる。
【0015】
1 ソーラーパネル
2 車輪
3 台車
4 パネル支持部
5 調整部
6 蓄電池
7 充電コントローラ
8 インバータ
9 ケーシング
10 通風換気口

(57)【要約】

【課題】停電時の非常用電源として、また、屋外など商用電源を使えない場所で、移動式太陽光発電システムで電力を供給する。また、簡単に太陽光パネルの仰角を調整可能にする。さらに、蓄電中のケーシング内の過度の温度上昇を防止する。【解決手段】太陽光発電パネルと蓄電池と無停電電源機能を有する蓄電制御部とを基台上に備え、基台下部に設けられた車輪により移動可能な移動式太陽光発電装置であって、前記蓄電池と前記蓄電制御部はケーシング内に収納され、前記ケーシングの外部には、前記太陽光発電パネルと、前記太陽光発電パネルの迎角を調整できるパネル支持機構が設けられ、前記ケーシングの側面には、放熱のための通風換気孔を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):