(54)【考案の名称】ダイレクトメール用印刷物

(73)【実用新案権者】株式会社 白橋

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は,イラストや文章といった種々の情報が記載されたダイレクトメール用印刷物に関する。具体的には,本考案は,台紙と,台紙に設けられた型抜き加工線と,型抜き加工線によって周囲が確定されるうちわ部を有するダイレクトメール用印刷物に関する。

【従来の技術】

【0002】
従来から,企業又は個人への情報伝達手段として,企業の商品やサービスに関する情報を記載したダイレクトメール用印刷物が用いられている。ダイレクトメール用印刷物は,顧客である企業又は個人に手軽に送付することができるため,販売促進のために広く利用されている。
【0003】
特許文献1には,返信用はがき付きダイレクトメール用印刷物が開示されている。返信用はがき付きダイレクトメール用印刷物を受け取った顧客は,返信用はがきの周囲に設けられたミシン目に沿って,返信用はがきを切り取ることによって,返信用はがきを得ることができる。これにより,顧客は,返信用はがきを簡便に返送することができる。
【0004】

【効果】

【0018】
本考案は,台紙1に第1の型抜き加工線2によって周囲が確定されるうちわ部10を有するダイレクトメール用印刷物100に関する。ダイレクトメール用印刷物100の受領者は,台紙1からうちわ部10を切り取って,うちわ部10をうちわとして使用することができる。このように,うちわ部10はうちわとして有効活用され得るため,うちわ部10がすぐに廃棄処分されることが少なくなる。これにより,長期間に渡って,宣伝効果や販売促進効果を得ることができる。また,うちわ部10は,使用者の目に留りやすい形態で使用されるため,効果的に情報伝達を行うことができる。
【0019】
また,本考案は,うちわ部10を設けることにより,ダイレクトメール用印刷物100全体が,人の目に触れる可能性を高めることができる。これにより,ダイレクトメール用印刷物100全体としても高い訴求効果を得ることができる。
【図面の簡単な説明】
【0020】
【図1】図1は,ダイレクトメール用印刷物の例を示す図である。図1(a)は,うちわ部10を切り取る前のダイレクトメール用印刷物の例を示す図である。図1(b)は,うちわ部10を切り取った後のうちわ部10の例を示す図である。
【図2】図2(a)〜(d)は,ダイレクトメール用印刷物のある実施形態を示す図である。
【図3】図3(a)〜(e)は,ダイレクトメール用印刷物の他の実施形態を示す図である。
【図4】図4は,ダイレクトメール用印刷物の他の実施形態を示す図である。図4(a)は,台紙1の左端から,第1の型抜き加工線2に向かって第3の型抜き加工線22が形成されたダイレクトメール用印刷物の例を示す図である。図4(b)は,台紙1の下端から,第1の型抜き加工線2に向かって第3の型抜き加工線22が形成されたダイレクトメール用印刷物の例を示す図である。図4(c)は,図4(a)の第3の型抜き加工線22の拡大図を示している。図4(d)は,左端の第3の型抜き加工線22を切り開いて,うちわ部10を切り離した様子を示す図である。
【図5】図5(a)及び(b)は,ダイレクトメール用印刷物セットの例を示す図である。

【0021】
本考案は,台紙1と,台紙1に設けられた第1の型抜き加工線2と,第1の型抜き加工線2によって周囲が確定されるうちわ部10を有するダイレクトメール用印刷物100に関する。以下,本考案に係るダイレクトメール用印刷物100について,その好ましい実施形態を図面を参照して説明する。本考案は,以下に説明する形態に限定されるものではなく,以下の形態から当業者が自明な範囲で適宜修正したものも含む。
【0022】
(1.ダイレクトメール用印刷物の基本構成)
ダイレクトメール用印刷物100は,企業又は個人へ情報を伝達するための印刷媒体である。ダイレクトメール用印刷物100は,郵便やメール便などを利用して,企業又は個人へ届けられる。
【0023】
ダイレクトメール用印刷物100の形状は,葉書大の大きさのものから,A4サイズの大きさのものまで,多種多様である。ダイレクトメール用印刷物100の形状は,四角形状のみならず,円形や変形型のものとすることもできる。
ダイレクトメール用印刷物100は,台紙1枚から構成されても良いし,貼着面を介して2枚の台紙を貼り合わせて構成されても良い。さらに,ダイレクトメール用印刷物100は,封筒形状のものであっても良く,雑誌は書籍を包装体で梱包した形状としても良い。
本考案に係るダイレクトメール用印刷物100は,上述したいずれの形態のものにも広く適用可能である。
【0024】
図1は,ダイレクトメール用印刷物100の例を示す図である。図1に示されるように,本実施形態のダイレクトメール用印刷物100は,台紙1と,台紙1に設けられた第1の型抜き加工線2と,第1の型抜き加工線2によって周囲が確定されるうちわ部10を有する。
うちわ部10は,第1の型抜き加工線2に沿って切り取ることができ,切り取られたうちわ部10はうちわとして機能する。
【0025】
(2.台紙)
台紙1には,企業又は個人に伝達したい情報要素が印刷される。台紙1には,例えば,製品情報,企業情報,ロゴマーク又はキャッチフレーズといったものや,受領者に向けたメッセージや情報を印刷することができる。さらに,台紙1には,メッセージや情報の他に企業のキャラクターなどの図柄を印刷しても良い。
【0026】
ダイレクトメール用印刷物100が郵便又はメール便で受領者に届けられる場合,台紙1には,ダイレクトメール用印刷物100を受領する者の宛名及び住所が記載される。宛名及び住所は,台紙1に直接印刷されても良いし,宛名及び住所が印刷されたラベールシールが貼接されても良い。さらに,台紙1には,切手が貼接されるか,料金の支払い方法を示す印刷が施される。台紙1には,企業又は個人の宛名及び住所の他に,顧客番号や,担当者の氏名,抽選番号等の情報を印刷しても良い。
【0027】
台紙1は,紙製であることが好ましく,特に,厚紙を用いることが好ましい。厚紙は,型抜き加工線を形成するための十分な厚さと剛性を有する。
また,台紙1には,ポリプロピレン(PP)又はポリエチレンテレフタレート(PET)といったプラスチック製のものを採用することもできる。この場合も,十分な厚さと剛性を有するものを採用することが好ましい。
【0028】
(3.第1の型抜き加工線)
台紙1は,第1の型抜き加工線2を有する。第1の型抜き加工線2は,うちわ部10の周囲を確定するものである。うちわ部10の周囲に第1の型抜き加工線2を設けることにより,うちわ部10を容易に台紙1から切り取ることができる。これにより,ダイレクトメール用印刷物100の受領者は,はさみやカッターといった他の切断手段を用いることなく,安全にうちわ部10を台紙から切り離すことができる。
【0029】
第1の型抜き加工線2は,刃型を台紙1の片面又は両面に押し当てることにより形成される。刃型は台紙1を切断しない程度の押圧で押し当てられる。刃型には,例えば,うちわ部10を切り取ることができるように,スジを付けるスジ刃と,ミシン目を付けるミシン刃がある。刃型として,ミシン刃を用いる場合,等間隔に,型抜き加工溝を付けるように押し当てられることが好ましい。型抜き加工溝は,台紙1を貫通するものであっても良いし,貫通しないものであっても良い。
【0030】
(4.うちわ部)
うちわ部10の周囲は,台紙1に設けられた第1の型抜き加工線2によって確定される。うちわ部10が第1の型抜き加工線2に沿って切り取られることにより,うちわ部10はうちわとして機能することができる。図1(a)は,うちわ部10が台紙1から切り取られる前の状態を示し,図1(b)は,うちわ部10が台紙1から切り取られた後の状態を示している。
【0031】
うちわ部10が図1(a)に示されるようなダイレクトメールとして機能する他に,図1(b)に示されるようなうちわとしても機能することにより,ダイレクトメールの少なくとも一部が破棄されるまでの期間を長くすることができる。これにより,長期間に渡って,情報伝達をすることができ,効果的に宣伝や販売促進を行うことができる。
また,うちわは,使用者の顔の近くに風を送るために使用されることが多い。うちわ部10をうちわとして機能させることにより,人の目に留る頻度を増やすことができるため,情報の訴求効果を高めることができる。
【0032】
また,本考案は,うちわ部10が第1の型抜き加工線2に沿って切り取って用いられることがなくても,ダイレクトメール用印刷物100全体として,人の注目を集めることができる。本考案においては,第1の型抜き加工線2とうちわ部10がダイレクトメール用印刷物100に設けられていることにより,単に紙媒体のみから構成されるダイレクトメール用印刷物よりも,より効果的に人の注意を引くことができる。これにより,人の目に触れる頻度を高めることができ,ダイレクトメール用印刷物100全体としても高い訴求効果を得ることができる。
【0033】
図2に示されるように,うちわ部10は様々な形状とすることができる。図2(a)には,扇型のうちわ部10が示されており,図2(b)には,四角形状のうちわ部10が示されている。図2(c)及び図2(d)には,楕円形を変形させた円形状のうちわ部10が示されている。うちわ部10を,円形状とする以外に扇型や四角形状とすることで,省スペース化でき,台紙1の印刷スペースを有効活用することができる。
【0034】
さらに,図3に示されるように,うちわ部10はキャラクターや図柄形状などの様々な形状とすることができる。図3(a)には,うちわの形状を模したうちわ部10が示されており,図3(b)には,クマのキャラクターの形状のうちわ部10が示されている。また,図3(c)には,星型のうちわ部10が示されており,図3(d)には,ハート型のうちわ部10が示されている。さらに,図3(e)には,雲の形状のうちわ部10が示されている。図3(a)〜(e)のような形状とすることにより,子供や女性を楽しませるうちわ部10を形成することができ,子供を持つ母親や女性に特化した宣伝広告や販売促進を行うことができる。
【0035】
(5.広告要素)
うちわ部10には,広告要素11を印刷することができる。うちわ部10に印刷表示する広告要素11としては,例えば,製品情報,企業情報,ロゴマーク,キャッチフレーズ又は図柄があげられる。製品情報には,例えば,製品コンセプト,製品特徴,原材料及び使用方法といったものがあげられる。企業情報には,例えば,企業名,企業理念,企業の電話番号,URL及び二次元バーコードといったものがあげられる。ロゴマークには,例えば,企業のロゴマークや,販売する製品名を示したロゴマークといったものがある。キャッチフレーズには,例えば,スポーツイベントの応援フレーズ,及び子供向けのメッセージがあげられる。図柄には,例えば,企業イメージを表すキャラクターや子供向けのイラストなどがあげられる。うちわ部10には,使用者に伝達したい多種多様な情報を印刷することができる。
【0036】
うちわ部10に,広告要素11を印刷することによって,十分な宣伝効果や販売促進効果を得ることができる。うちわ部10を台紙1から切り取ってうちわとして使用する場合,うちわ部は使用者の目に留りやすい形態で使用される。また,うちわ部10はうちわとして何度も使用され得るものである。このため,長期間に渡って,宣伝効果や販売促進効果を得ることができる。
【0037】
(6.第2の型抜き加工線)
図1に示すように,うちわ部10には,さらに,第2の型抜き加工線12と,第2の型抜き加工線12によって周囲が確定される切取部20を設けることができる。第2の型抜き加工線12に沿って,切取部20が切り取られることで,うちわ部10に持手孔が形成される。うちわ部10をうちわとして使用するときに,使用者は,持手孔に親指などの指を差し込んで使用することができる。持手孔に親指などの指を差し込んでうちわ部10を使用することにより,うちわ部10はうちわとして扇ぎ易いものとなり,使い勝手の良いものとなる。また,持手孔を形成することにより,うちわ部10の持ち運びが便利になり,うちわとして使用される頻度を高めることができる。
【0038】
切取部20がうちわ部10から切り離されることで形成される持手孔の形態は,特に限定されることはないが,人の指が差し込みやすいよう,円形状であることが好ましい。また,持手孔の大きさは,人の親指が差し込める大きさであることが好ましい。持手孔の直径は,2cm以上8cm以下であれば良く,3cm以上5cm以下であることが好ましい。持手孔の直径が8cm以上の場合,うちわとして送風する機能に支障をきたす可能性があり好ましくない。また,2cm以下の場合,人の指を差し込むことができない場合があるため,好ましくない。
【0039】
(7.第3の型抜き加工線)
図4に示されるように,台紙1には,台紙1の縁から,第1の型抜き加工線2に延びる第3の型抜き加工線22がさらに形成されても良い。図4(a)は,台紙1の左端から,第1の型抜き加工線2に向かって第3の型抜き加工線22が形成されたダイレクトメール用印刷物100の例を示す図である。図4(b)は,台紙1の下端から,第1の型抜き加工線2に向かって第3の型抜き加工線22が形成されたダイレクトメール用印刷物100の例を示す図である。第3の型抜き加工線22は,台紙1のいずれか一つの縁から1本設けられることが好ましいが,台紙1の左右の両端から2本以上設けられることとしても良い。
図4(c)は,図4(a)の点線で囲んだ部分の拡大図を示している。第3の型抜き加工線22は,台紙1の左端からから,第1の型抜き加工線2に延びており,第1の型抜き加工線2につながっている。
【0040】
図4(d)は,左端の第3の型抜き加工線22を切り開いて,うちわ部10を切り離した様子を示す図である。台紙1から,うちわ部10を切り取ろうとする者は,まず,第3の型抜き加工線22を切り開き,その後,第1の型抜き加工線2に沿って,うちわ部10を切り取ることができる。
【0041】
台紙1の縁から,第1の型抜き加工線2に延びる第3の型抜き加工線22を設けることによって,うちわ部10をより簡単に切り取ることができる。これにより,うちわ部10を切り取る際に,意図しない部分が破けたり,皺が生じたりすることを防ぐことができる。
【0042】
(8.ダイレクトメール用印刷物セット)
図5(a)に示されるように,ダイレクトメール用印刷物100は,ダイレクトメール用印刷物100を封入する透明又は半透明の包装体200とセットにして,ダイレクトメール用印刷物セットとしても良い。包装体200は,ダイレクトメール用印刷物100を封入できる形態であれば,特に制限されることはなく,単にダイレクトメール用印刷物100を差し込むだけの袋状のビニール包装体としても良いし,封筒の形態としても良い。
【0043】
包装体200は,その外部からダイレクトメール用印刷物100を視認できるよう光透過性を有するものであることが好ましい。また,包装体200は,耐水性を有することが好ましい。このため,包装体200は,ポリプロピレン(PP)又はポリエチレンテレフタレート(PET)といったプラスチック製の合成樹脂から形成されることが好ましい。
【0044】
図5(b)に示されるように,包装体200が半透明である場合,包装体200は透明フィルム窓201を有することが好ましい。この場合,透明フィルム窓201は,ダイレクトメール用印刷物100を包装体200に収容した際に,受領者の宛名及び住所が記載されている部分及びうちわ部10に対応する箇所に設けられることが好ましい。また,透明フィルム窓201は,送り主の名称及び住所が記載されている部分に対応する箇所にも設けられることが好ましい。これにより,包装体200の外部から受領者及び送り主の名称及び住所を鮮明に視認することができる。また,うちわ部10に対応する箇所にも透明フィルム窓201が設けられることにより,ダイレクトメール用印刷物セットとしても宣伝効果や販売促進効果を得ることができる。
【0045】
ダイレクトメール用印刷物100と包装体200とを含む,ダイレクトメール用印刷物セットとすることによって,輸送時にうちわ部10が台紙1から落下することを効果的に防ぐことができる。さらに,輸送時や配達後にダイレクトメール用印刷物100に水分が付着することを防ぐことができ,うちわ部10の品質を保つことができる。
また,ダイレクトメール用印刷物セットとすることによって,ダイレクトメール用印刷物100の他に,付属の印刷物等を封入することが可能となる。これにより,ダイレクトメール用印刷物セットは,情報伝達媒体として,多種多様な形態とすることができる。
【0046】
1 台紙
2 第1の型抜き加工線
10 うちわ部
11 広告要素
12 第2の型抜き加工線
20 切取部
22 第3の型抜き加工線
100 ダイレクトメール用印刷物
200 包装体
201 透明フィルム窓



(57)【要約】

【課題】受領されてから短期間の内に廃棄処分されてしまうことがなく、ダイレクトメールの宣伝効果や販売促進効果を十分に得ることができるダイレクトメール用印刷物を提供する。【解決手段】台紙に、型抜き加工線と型抜き加工線によって周囲が確定されるうちわ部を設ける。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):