(54)【考案の名称】往復書簡用封書用紙

(73)【実用新案権者】栄光ビジネス株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、往復書簡として使用する往復書簡用封書用紙に係るものである。

【従来の技術】

【0002】
従来、用紙の表面と裏面の夫々に、往信用宛先と返信用宛先を夫々設け、用紙の周縁に糊代を設けた封書の構成は、公知である(特許文献1参照)。
【0003】

【効果】

【0006】
請求項1の考案では、用紙1の一面2の下左升目スペース6Aに往信用宛先7を、下右升目スペース6Bに返信用宛先10を夫々設け、返信用宛先10を隠した状態で止着テープ26により止着すれば簡単に往信用の封書にすることができ、また、往信用宛先7を隠して止着テープ26により止着すれば簡単に返信用封書にすることができ、また、他面3の全てを記載欄20とすることができるので、記載スペースを広くすることができる。
請求項2の考案では、他面3の記載スペースを合理的な配置にでき、また、封書の管理を容易にすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】往復書簡用封書用紙の一面図。
【図2】同他面図。
【図3】冊子の使用状態図。
【図4】往信用用紙の折り畳み状態図。
【図5】返信用用紙の折り畳み状態図。

【0008】
本考案の一実施例を図により説明すると、1は折り畳むと往復書簡用の封書となる用紙であり、一面(表面)2と他面(裏面)3を有する。
一面2には、用紙1を縦向きに使用した状態の上下中間位置に山折りにするための横方向の山折れ線4を設ける。前記一面2の左右幅を三等分する一面2の用紙1には該用紙1を三つ折りにするための一対の縦の谷折れ線5を設ける。
山折れ線4と谷折れ線5は、互いに交差して、一面2には計6個の升目スペース6を形成する。この6個の升目スペース6のうち、下段の左側の下左升目スペース6Aには往信用宛先7および差出人欄8を設ける(図1)。
【0009】
6個の升目スペース6のうち、下段の右側の下右升目スペース6Bには返信用宛先10を設ける。11は往信用宛先7と返信用宛先10との間の無地面、12は山折れ線4で山折りしたときの往信用宛先7と返信用宛先10と無地面11の夫々の裏無地面である。
【0010】
前記他面3の右側裏面に前記往信用宛先7と返信用宛先10が位置するように用紙1を横向きにした状態で、前記他面3の上方に所定位置に所定事項記入欄15を設け、該所定事項記入欄15には、例えば、標題欄16と氏名欄17と評価欄18を設ける。
【0011】
また、前記他面3の左側に左右に所定幅を有する縦の切り取り用事項欄19を設け、該切り取り用事項欄19に前記標題欄16と前記氏名欄17と前記評価欄18を別途夫々設ける。
前記所定事項記入欄15と切り取り用事項欄19を除いたスペースは、記載欄20に構成する。記載欄20は、往信者が記載すべき任意事項を記載し、返信者がこの記載事項を採点、訂正、修正あるいは添削等の処理を行って返信する。
【0012】
記載欄20の内容は任意であるが、例えば、通信教育であれば、学校と生徒との間で書簡を行き来させ、前記記載欄20は各種設問21となり、化粧品等の販売会社と購入者(使用者)との間で書簡を行き来させる場合には、各種質問・感想22等を記載すればよい。
【0013】
なお、通信教育において、使用する用紙1では第一回から第N回までの複数枚の用紙1を重ねて冊子25とし(図3)、予め生徒に配布しておき、冊子25から用紙1を切り離して使用すると、便利であり、好適である。
26は折り畳んで封書とした用紙1が開くのを留める止着テープ(接着テープ)であり(図4、5)、前記往信用宛先7と返信用宛先10との何れか一方で何れか他方を隠した状態で、かつ、用紙1の下部を開封状態のまま側縁を止着する。
【0014】
(作用)
本考案は、上記の構成であるから、例えば、通信教育では、生徒が用紙1の一面2の差出人欄8および返信用宛先10に自己の氏名住所等を記載する。
次に、他面3の記載欄20および切り取り用事項欄19の氏名欄17に生徒が自己の氏名住所等を記載する。
【0015】
次に、記載欄20の各種設問21、22についての回答を記入する。
この場合、従来の往復書簡用の用紙では、往信および返信の夫々の記載事項の記載量が略同じであると想定していたので、用紙の表面と裏面の夫々に、往信用宛先と返信用宛先を記載し、さらに、往信および返信の夫々の記載事項を隠すように折り畳むので、記載スペースが狭かった。
【0016】
本願は、一面2の、用紙1を縦向きにした状態の6個の升目スペース6のうち、下段の左側の下左升目スペース6Aには往信用宛先7を、下段の右側の下右升目スペース6Bには返信用宛先10を設けているので、他面3を全て記載欄20として利用でき、記載スペースを広くする。
【0017】
次に、記載欄20の記入が終わると、用紙1の一面2を表にした状態で、山折れ線4を境に折り畳み、次に、往信用宛先7が表になって、返信用宛先10を隠すように重ねて、谷折れ線5を境に折り畳み、端の部分を止着テープ26で留めて(図4)、投函する。
【0018】
この場合、用紙1の一面2の升目スペース6のうち、下段の左側の下左升目スペース6Aに往信用宛先7を、下段の右側の下右升目スペース6Bには返信用宛先10を記載しているので、用紙1の一面2に、予め、往信用宛先7と返信用宛先10が記載されていても、一方が他方を隠すので、誤配されることはない。
【0019】
用紙1を受け取った学校は、止着テープ26を取り去って、折り畳んである用紙1を広げ、記載欄20の各種設問21を採点し、記載欄20と切り取り用事項欄19の評価欄18に評価を記入し、用紙1から切り取り用事項欄19を切り離す。
切り離した切り取り用事項欄19は所定の方法で管理する。
【0020】
次に、切り取り用事項欄19を切り離した採点済みの用紙1は、用紙1の一面2を表にした状態で、山折れ線4を境に折り畳み、次に、返信用宛先10が表になって、往信用宛先7を隠すように重ねて、谷折れ線5を境に折り畳み、端の部分を止着テープ26で留めて(図5)、投函し、この採点済みの用紙1を生徒に返信する。
【0021】
また、用紙1は、下左升目スペース6Aの往信用宛先7と、下段の右側の下右升目スペース6Bの返信用宛先10を重ねて、止着テープ26を留めており、下左升目スペース6Aと下右升目スペース6Bの下部は、一部開封状態のままで投函することになって、一部開封した印刷物扱いの郵便になるので、そのため、例えば第4種郵便物の承認を受けて、費用を安くする。
【0022】
1…用紙、2…一面、3…他面、4…山折れ線、5…谷折れ線、6…升目スペース、6A…下左升目スペース、6B…下右升目スペース、7…往信用宛先、8…差出人欄、10…返信用宛先、11…無地面、12…裏無地面、15…所定事項記入欄、16…標題欄、17…氏名欄、18…評価欄、19…切り取り用事項欄、20…記載欄、21…各種設問、22…各種質問・感想、25…冊子、26…止着テープ。

(57)【要約】

【課題】記載スペースが広い往復書簡用封書用紙を提供する。【解決手段】一面2と他面を有する往復書簡用の封書となる用紙1であって、用紙1の他面には、各種事項を記載した記載欄を構成し、用紙1を縦向きに使用した状態の一面2の上下中間位置に山折りにするための横方向の山折れ線4を設け、一面2の左右幅を三等分する一面2の部位には三つ折りにするための一対の縦の谷折れ線5を夫々設け、山折れ線4と谷折れ線5は互いに交差して、一面2には6個の升目スペース6を形成する。用紙1を縦向きに状態の6個の升目スペース6のうち、下段の左側の下左升目スペース6Aには往信用宛先7を、下段の右側の下右升目スペース6Bには返信用宛先10を設け、往信用宛先7と返信用宛先10との何れか一方で何れか他方を隠した状態で止着テープにより止着する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):