(54)【考案の名称】パネル電圧検知機能を備えた、ソーラー蓄電式発光体制御装置

(73)【実用新案権者】宮本商産株式会社

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

(57)【要約】

【課題】ソーラーパネルで発電した電力をバッテリーに蓄電し、日射の確保できない夜間や曇天時でも、発光体を光量制御や点滅制御を行いつつ発光させることを可能とし、又、ソーラーパネルの電圧値を測定することにより昼・夜の区別と晴天・曇天時の区別ををつけられるようにしたソーラー蓄電式発光体制御装置を提供する。【解決手段】傾斜架台2に設置した、ソーラーパネル1で発電した電力をソーラーチャージコントローラー3でバッテリー4に蓄電し、発光体コントローラー5でコントロールされた、発光体6を点灯する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):