(54)【考案の名称】太陽電池パネル設置用架台

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池パネルを設置するための架台である太陽電池パネル設置用架台に関する。

【従来の技術】

【0002】
近年、再生可能エネルギーとして太陽エネルギーが注目されており、太陽光発電システムが数多く設置されるようになっている。太陽光発電システムにおいては、多数並べた太陽電池を相互接続してパネル状に構成した太陽電池パネル(ソーラーパネル)を、地面や建物の屋上等の設置面において、効率的に太陽光を受光できるように配列設置する必要がある。
【0003】
通常、太陽電池パネルは、効率的に太陽光を受光するため、設置面に対して所定の角度で傾斜するように太陽電池パネル設置用架台に保持されて設置される。従来の太陽電池パネル設置用架台は、例えば、下記特許文献1に開示されている。
【0004】

【効果】

【0010】
本考案に係る太陽電池パネル設置用架台によれば、多少のでこぼこがある設置面に対しても容易に太陽光電池パネルを設置可能であり、複数枚の太陽光電池パネルを設置する際の作業効率を向上させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
【図1】図1は、本考案の実施形態に係る太陽電池パネル設置用架台の斜視図である。
【図2】図2は、本考案の実施形態に係る低位支持部材の斜視図である。
【図3】図3は、本考案の実施形態に係る高位支持部材の斜視図である。
【図4】図4は、本考案の実施形態に係る太陽電池パネル設置用架台による横方向に隣接する太陽電池パネルの連結部分を拡大して示す図である。

【0012】
以下、図面を参照しながら、本考案の実施形態について詳細に説明する。図1は、本実施形態に係る太陽電池パネル設置用架台の斜視図である。本実施形態では、縦方向に2枚、横方向に2枚ずつの合計4枚の太陽電池パネルを設置する場合を例に挙げて説明する。
【0013】
図1に示すように、本実施形態に係る太陽電池パネル設置用架台10は、太陽電池パネル設置用架台10の基礎として機能する基礎ブロック15と、太陽電池パネル5を基礎ブロック15に対して固定して支持するためのパネル支持部材20と、を備えている。
【0014】
本実施形態では、4枚の長方形板状の太陽電池パネル5−1〜5−4が設置されており、太陽側から見て左前側(図1において、右下側)に太陽電池パネル5−1、右前側に太陽電池パネル5−2、左後側に太陽電池パネル5−3、右後側に太陽電池パネル5−4が設置されている。
【0015】
基礎ブロック15は、コンクリート製の四角柱形状のブロックであり、太陽電池パネル5を設置したい地面やビルの屋上等の設置面に設置される。本実施形態では、複数の基礎ブロック15が、太陽電池パネル5の四隅に対応する位置にそれぞれ設置されている。
【0016】
基礎ブロック15は、ある程度の質量を有しており(本実施形態では、約20kg)、これら複数の基礎ブロック15が重しとなって、設置された太陽電池パネル5及び太陽電池パネル設置用架台10は、風などが吹いても動くことなく、設置面に対してしっかりと固定される。
【0017】
ここで、基礎ブロック15は、同一の太陽電池パネル5の各隅に対しては、独立した基礎ブロック15が設置されているのに対して、前後の縦方向に隣接する太陽電池パネル5同士、左右の横方向に隣接する太陽電池パネル5同士では、パネル境界部分の近接する四隅において単一の基礎ブロック15を共有するように設置されている。すなわち、隣接する太陽電池パネル5同士の近接した四隅は、パネル支持部材20を介して同じ基礎ブロック5に対して固定されている。
【0018】
具体的には、図1に示すように、横方向に隣接する太陽電池パネル5−1と太陽電池パネル5−2とは、前側の境界部分において基礎ブロック15−2を共有し、後側の境界部分において基礎ブロック15−5を共有している。また、同じく横方向に隣接する太陽電池パネル5−3と太陽電池パネル5−4とは、前側の境界部分において基礎ブロック15−5を共有し、後側の境界部分において基礎ブロック15−8を共有している。
【0019】
また、縦方向に隣接する太陽電池パネル5−1と太陽電池パネル5−3とは、太陽側から見て左側の境界部分において基礎ブロック15−4を共有し、右側の境界部分において基礎ブロック15−5を共有する。同じく縦方向に隣接する太陽電池パネル5−2と太陽電池パネル5−4とは、左側の境界部分において基礎ブロック15−5を共有し、右側の境界部分において基礎ブロック15−6を共有している。
【0020】
特に、4枚の太陽電池パネル5−1〜5−4の四隅が近接する中央の境界部分では、単一の基礎ブロック15−5が4枚のパネルの各四隅を固定するための基礎として共有されている。
【0021】
このように、隣接する太陽電池パネル5同士で基礎ブロック15を共有することで、基礎ブロック15の設置数を減らしたり、太陽電池パネル5の設置の際の手間を減らしたりすることができ、材料費及び人件費の両面から太陽電池パネル設置用架台10の設置コストを大幅に低減することができる。
【0022】
また、基礎ブロック15を共有することで、後述するパネル支持部材20を介して隣接する太陽電池パネル5同士が連結され、太陽電池パネル5及び太陽電池パネル設置用架台10が構造上頑丈になるので、強風が吹いた際に太陽電池パネル5が吹き飛ばされて壊れるのを防止することにもつながる。
【0023】
また、単一の太陽電池パネル5の離れた各隅に対しては、それぞれ別々の独立した基礎ブロック15を設置すると共に、隣接する太陽電池パネル5の近接する隅同士に対しては、単一の基礎ブロック15を共有するように設置することで、基礎ブロック15を小型化することができ、設置面に多少のでこぼこがあったとしても基礎ブロック15の設置が不安定になることなく、太陽電池パネル設置用架台10を安定して設置することができる。
【0024】
パネル支持部材20は、太陽電池パネル5を基礎ブロック15に対して固定して支持するための金属製の部材であり、傾斜設置される太陽電池パネル5の低位側(前側)の隅を支持する低位支持部材30と、高位側(後側)を支持する高位支持部材40とを備えている。図2は、本実施形態に係る低位支持部材の斜視図であり、図3は、本実施形態に係る高位支持部材の斜視図である。
【0025】
低位支持部材30は、下端側の一端が基礎ブロック15にねじ込まれて固定される寸切りボルト31、太陽電池パネル5の隅を支持するパネル支持金具32、寸切りボルト31に対してパネル支持金具32を固定するためのL字型金具33、これらを締結固定するためのボルトやナット等の締結具35を備えている。
【0026】
寸切りボルト31は、基礎ブロック15の上面に垂直に開けられた細穴にねじ込まれて立設され、基礎ブロック15に対して強固に固定される。パネル支持金具32は、太陽電池パネル5の隅を下方から支持し、太陽電池パネル5の底面に対して締結具(ボルト)35により強固に固定されている。
【0027】
L字型金具33は、その底面が締結具(ナット)35により寸切りボルト31に対して固定されている。このとき、締結具35をねじ送りによって寸切りボルト31に沿って上下動させることで、L字型金具33の高さを自在に調整可能である。パネル支持金具32は、締結具(ボルトとナット)35によりL字型金具33の上部に強固に固定されている。
【0028】
ここで、本実施形態では、図2に示すように、低位支持部材30は、L字型金具33の両側に固定された2個のパネル支持金具32を備えており、横方向に隣接する太陽電池パネル5の両方の四隅を固定支持することができる。すなわち、横方向に隣接する二つの太陽電池パネル5によって単一の低位支持部材30を共有している。但し、隣接する太陽電池パネル5が存在せず、単一の太陽電池パネル5の隅だけを支持する場所に設置される低位支持部材30は、パネル支持金具32を1個だけ備えれば良い。
【0029】
図4は、低位支持部材により横方向に隣接する太陽電池パネルを連結する部分を拡大して示す図である。同図に示すように、低位支持部材30は、L字型金具33の上部両側に取り付けられた二つのパネル支持金具32によりそれぞれ太陽電池パネル5−1,5−2の四隅を支持している。パネル支持金具32は、太陽電池パネル5にねじ込まれた締結具(ボルト)35により太陽電池パネル5に対して固定されている。このように、横方向に隣接す太陽電池パネル5同士は、低位支持部材30により直接連結固定される。
【0030】
高位支持部材40は、一端が基礎ブロック15にねじ込まれて固定される寸切りボルト41、太陽電池パネル5の隅を支持するパネル支持金具42、寸切りボルト41に対してパネル支持金具42を固定するためのL字型金具43、これらを締結固定するためのボルトやナット等の締結具45を備えている。
【0031】
高位支持部材40の構成は、低位支持部材30の構成とほぼ同じであるため、詳細な説明は省略するが、太陽電池パネル5を高い位置で支持するためのL字型金具43がL字型金具33よりも長く、パネル支持金具42をL字型金具43に固定する姿勢が低位支持部材30と若干異なっている。
【0032】
また、本実施形態では、縦方向に隣接する太陽電池パネル5の近接する四隅同士も共有される基礎ブロック15とパネル支持部材20とを介して間接的に連結支持されている。
【0033】
ここで、横方向に隣接する太陽電池パネル5の対向する四隅は至極近接しているのに対して、縦方向に隣接する太陽電池パネル5は、表面が太陽に向けられるように5°傾斜しており、高位置にある前側の太陽電池パネル5の後端部によって低位置にある後側の太陽電池パネル5の前端部が日陰にならないようにある程度(本実施形態では20cm程度)離す必要がある。このため、縦方向に隣接する太陽電池パネル5の対向する四隅は、所定の距離(本実施形態では20cm程度)をおいて近接している。
【0034】
このため、図1に示すように、縦方向に隣接する太陽電池パネル5の所定の距離をおいて近接している四隅は、単一の基礎ブロック15と、この基礎ブロック15に立設固定された低位支持部材30及び高位支持部材40とを介して間接的に連結固定されている。
【0035】
なお、基礎ブロック15は、横方向に太陽電池パネル5を連結する場合には、単一の低位支持部材30又は高位支持部材40を支持するだけで良いのに対して、縦方向に太陽電池パネル5を連結する場合には、縦方向に所定の距離をおいて立設する低位支持部材30及び高位支持部材40の双方を支持する必要がある。すなわち、基礎ブロック15は、縦方向に太陽電池パネル5を連結する場所では、ある程度の長さを必要とする。このため、本実施形態では、角柱形状の基礎ブロック15を縦方向に延在するように設置面上に配列設置している(図1参照)。
【0036】
以上、このような構成のパネル支持部材20を用いて、太陽電池パネル5の前側の隅を低位支持部材30で支持すると共に、後側の隅を高位支持部材40で支持することで、表面に効率良く太陽光が照射されるように、太陽電池パネル5を太陽に向けて傾斜させることができる。通常、この傾斜角は、5〜10°程度である。
【0037】
また、本実施形態では、低位支持部材30及び高位支持部材40は、寸切りボルト31,41に対するL字型金具33,43の固定位置を上下動させることで、太陽電池パネル5の支持位置の高さを自在に調整可能である。よって、基礎ブロック15の設置場所が完全に平坦ではなくでこぼこになっていても、各パネル支持部材20を設置場所の凹凸に合わせて高さ調整することで、太陽電池パネル設置用架台10を設計通りの傾斜で整然と設置することができる。
【0038】
また、本実施形態では、横方向に隣接する太陽電池パネル5の近接する両隅を、単一の低位支持部材30又は高位支持部材40により直接一体に連結支持するように構成しているので、低位支持部材30及び高位支持部材40の設置数を減らしたり、パネル支持部材20の設置の際の手間を減らしたりすることができ、材料費及び人件費の両面から太陽電池パネル設置用架台10の設置コストを大幅に低減させることができる。
【0039】
また、横方向に隣接する太陽電池パネル5を低位支持部材30又は高位支持部材40で直接一体に連結支持することで、太陽電池パネル5及び太陽電池パネル設置用架台10が構造上頑丈になり、強風等に対する耐性も強くなる。
【0040】
以上、詳細に説明した本実施形態によれば、隣接する太陽電池パネル5の近接する隅に対して基礎ブロック15を共有して設置することで、基礎ブロック15の設置数を減らして設置の際の手間を減らすことができ、太陽電池パネル設置用架台10の設置コストを低減させることができる。また、隣接する太陽電池パネル5で基礎ブロック15を共有することで、配列される複数の太陽電池パネル5が連結されて、構造が頑丈になる。
【0041】
また、隣接する太陽電池パネル5の近接する隅については単一の基礎ブロック15を共有するのに対して、同じ太陽電池パネル5の離れた各隅に対しては、それぞれ別々の独立した基礎ブロック15を設置しているので、基礎ブロック15を太陽電池パネル5の大きさと比べ格段に小型化することができ、材料費の削減や設置手間の軽減を図ることもできる。
【0042】
また、基礎ブロック15を小型化することで、設置面に多少のでこぼこがあったとしても、大型の基礎ブロックの場合と比較して格段に安定した設置が可能になる。さらに、本実施形態では、パネル支持部材20の太陽電池パネル5を支持する部分(パネル支持金具32,42)を基礎ブロック15に対して高さ調整自在に構成しているので、設置面に大きな段差(例えば、10cm程度)があったとしても、パネル支持部材20の高さ調整に安定した太陽電池パネル5の設置が可能となる。
【0043】
以上、本考案の実施形態について詳細に説明したが、本考案は上記実施形態に限定されるものではなく、本考案の主旨を逸脱しない範囲内で種々の変形が可能である。例えば、太陽電池パネル設置用架台を構成する各部材の形状やサイズは適宜変更可能であり、太陽電池パネルのサイズや形状、設置枚数等も適宜変更可能であるのは言うまでもない。
【0044】
また、基礎ブロックの形状については、柱状ではなく立方体形状や板状であっても良い。但し、同一の太陽電池パネルの各隅が固定される基礎ブロックはそれぞれ別々の独立したブロックであるため、基礎ブロックの長さが、太陽電池パネルの各辺の長さよりも短いのが望ましく、太陽電池パネルの各辺の長さの2分の1以下であることがさらに望ましい。さらに、縦方向に隣接する太陽電池パネルの所定の距離をおいて近接する隅同士が単一の基礎ブロックを共有するため、縦方向に隣接する太陽電池パネルによって共有される基礎ブロックは、その長辺部分が縦方向に延在するように設置するのが望ましい。
【0045】
また、上記実施形態では、太陽電池パネルの四隅を低位支持部材及び高位支持部材により固定支持しているが、四隅に加えてパネル各辺の途中の隅部分をさらに固定支持するようにしても良いし、四隅ではなくパネル各辺の途中の隅部分を固定支持するようにしても良い。
【0046】
5 太陽電池パネル
10 太陽電池パネル設置用架台
15 基礎ブロック
20 パネル支持部材
30 低位支持部材
31 寸切りボルト
32 パネル支持金具
33 L字型金具
35 締結具
40 高位支持部材
41 寸切りボルト
42 パネル支持金具
43 L字型金具
45 締結具(ボルト、ナット)

(57)【要約】

【課題】多少のでこぼこがある設置面に対しても容易に太陽光電池パネルを設置可能であり、複数枚の太陽光電池パネルを設置する際の作業効率を向上させることができる太陽電池パネル設置用架台を提供する。【解決手段】太陽電池パネル5を所定の傾斜角度で支持して設置するための太陽電池パネル設置用架台10は、太陽電池パネル5の支持される隅に対応する位置にそれぞれ別々に設置される複数の基礎ブロック15と、傾斜している太陽電池パネル5の低位側の隅を支持する低位支持部材30と、高位側の隅を支持する高位支持部材40と、を有するパネル支持部材20と、を備え、基礎ブロック15は、隣接して設置される太陽電池パネル5の近接する隅同士を、パネル支持部材20を介して単一の基礎ブロック15により固定するように設置されている。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):