(54)【考案の名称】経木のメモ帳またはノート

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(73)【実用新案権者】株式会社フォレストフィーリング

(72)【考案者】【考案者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、経木(突き板あるいは木製シートとも言う)をメモ帳やノートの用紙としての使用方法および、そのシートがめくれて跳ね上がらないように、メモ帳やノートの紙のハネを抑えてカバーする製本の方法に関するものである。

【従来の技術】

【0002】
木材を薄くスライス(0.03〜1mm)して得た経木(突き板あるいは木製シートとも言う)は、納豆、団子などを包む材料として使用されてきた。主に食の包装紙として使用されそれ以外の用途はあまり考えられて来なかった。
【0003】
経木自体は縦方向に裂け易くかつ横方向の折り曲げによって割れるという性質を有する。また、湿度の変化などによって、寄れて折り曲がったり、めくり上がったりする性質を有する。
【0004】
従来は使用しているうちにバラバラにめくり上がってくるメモ帳やノートの用紙を抑える製本方法で、表紙などを工夫することによって解決されれば、非常に便利である。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
紙製(パルプ)のメモ帳やノートと違い、木肌、木理を生かした木材独特の味わいがあり、木の香りや自然のぬくもりを楽しむことが可能となるメモ帳やノートを提供することを目的とする。
【0006】
本考案の方法で製本することにより、湿度の変化などによる、経木の寄れやめくり上がりを抑える事を目的とする。

【効果】

【0012】
メモやノートの用紙自体が木製のため、木肌、木目を生かした木材独特の味わいがあり、木の香りや自然のぬくもりを楽しむことが可能となる。
【0013】
メモ帳やノートの捲る側も表紙によって抑えられるため、ハネ上がりを抑える事ができる。
【図面の簡単な説明】
【0014】
【図1】今回の発明の斜視図および、表紙を閉じた際の側面図である。
【図2】図1の表紙が閉じていない状態の斜視図である。
【図3】図2の表紙を開いた状態の斜視図である。
【図4】図3の表紙を開いた状態の斜視図である。
【図5】図4の表紙を開いた状態の斜視図である。
【図6】経木のメモ用紙のはね上がりや寄りを描写した図である。

【0015】
1経木のメモ用紙
2表紙
3表紙の綴じ部分
4表紙
5経木のメモ用紙の綴じられていない側
6表紙
7とめ具(ホッチクスや糸、紐等)
8表紙(メモ用紙の背との接点)
9経木の用紙の背
10とめ具
11経木の用紙がはねてしまっている状態
12経木の用紙が寄ってしまっている状態
13経木のメモ用紙の綴じられていない側の表紙の接点
【0016】
以下に、本発明について、発明の実施の形態を図面で説明するが、本発明は、これに限定されるものではない。
図1は、今回の発明の完成図である。図1の1は製本されている経木のメモ用紙である。図1の2は表紙である。図1の3は請求項1および請求項2の方法でつくられたメモ帳の表紙の閉じ方であり、表紙の末端をメモ用紙が綴じられている側の表紙とメモ用紙の間に差し込む事によって実現できる。
【0017】
図2は、図1の表紙が閉じていない状態を描いている。表紙の末端が差し込みから外れた際の図である。図3は、図2の4の部分を開いた図である。
図3の5は製本されていない(綴じられていない)側であり、その側面も表紙で覆う形態となっている。
【0018】
図4は図3の表紙の部分を開いた図となる。図4の6と7は折り返されて2重になっている。図4の7の部分がメモ用紙と接している。折り返されて6の部分が重なる様になっている。これにより、図4の7にてホッチキスや糸、縄、紐などで止めていても、6が重なる事によって外側から止めている部分(ホッチキスや糸、縄、紐)が見えない構造になっている。図4の8と9の部分は、製本の背の部分となる。図4の9は糸かがりとじ、中とじ、平とじ、無線とじ、網代とじ等で綴じられている。図5は、図4をさらに開いた図となる。図5の10は平とじで綴じられた際を例示している。
【0019】
図6は図2の表紙を開いた図であり、図3までは至らない図である。
図6の11は、経木のメモ用紙がめくり上がってしまっている状態を例示している。図6の12は経木のメモ用紙が寄れてしまっている状態を例示している。図6を図2の状態にすることによって、図6の13の部分が、経木のメモ用紙のめくり上がりや寄れを抑える。

(57)【要約】

【課題】経木の寄れやめくり上がりを抑え木材独特の味わいがあり、木の香りや自然のぬくもりを楽しむことが可能となるメモ帳やノートを提供する。【解決手段】経木、あるいは突板で作られた木製の用紙を、表紙の規格サイズにあわせ裁断し、規格サイズの枚数重ね、糸かがりとじ、または無線とじ、または網代とじ、または平とじ、または中とじで製本する。表紙が用紙を一周するように、表紙と用紙を背となる部分でとじた後、とじられた側を覆うように表紙を折りたたんでいき、用紙を一周させ、とじられていない表紙の末端をとじられている側の表紙と用紙の間に差し込んで固定する。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):