(54)【考案の名称】太陽電池モジュール用ジャンクションボックス

(73)【実用新案権者】浙江佳明▲天▼和▲縁▼光伏科技有限公司

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、太陽電池モジュール装置の技術分野に関し、特に、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスに関する。

【従来の技術】

【0002】
太陽電池モジュール用ジャンクションボックス(以下、ジャンクションボックスと略記)は、太陽光発電・ソーラーパネルに装着される導電接続用の部品である。ジャンクションボックス内に配線部品を設け、配線部品を導電性を有する導体と給電線路との接続に用い、給電線路を用いて太陽電池パネルによる発電を電力網に導入する。
【0003】
従来のジャンクションボックスは、長時間使用後において放熱効果が劣り、高出力太陽電池モジュールの使用ニーズを満たすことができず、且つ、ジャンクションボックスの使用後の温度が高いので、ジャンクションボックスのシール性能に長時間使用後でのIP67テストを通過させにくい。
【0004】
上記のとおり、ジャンクションボックスの長時間使用後の高温問題をどう解決するか、当業者が早く解決すべき問題となる。
【考案が解決しようとする課題】
【0005】
本考案は、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスを提供するために、その構造設計により、その長時間使用後の高温問題を解決することを目的とする。

【効果】

【0009】
本考案の太陽電池モジュール用ジャンクションボックスは、胴体及び胴体に設けられる導電部品を含む。本考案は従来の太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの構造に基づき、以下のような構造の最適化を行った。すなわち、胴体に導電部品を取り囲み、且つ、導電部品に熱伝導する熱伝導ゲルが設けられる。熱伝導ゲルは、サーマルシリカと言われ、有機珪素ゲルを主体にし、フィラーや熱伝導性材料などの高分子材料を添加し、混練することによって生成する珪素ゲルであって、良好な熱伝導性、電気絶縁性を有する。
【0010】
胴体に導電部品を取り囲む熱伝導ゲルを設け、導電部品から発生した熱量をタイムリーに胴体に伝導でき、導電部品の蓄熱を減らし、また、封止に効果的な役割を果たすとともに、太陽電池モジュール用ジャンクションボックスの長時間使用後の高温の発生を避けることができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
本考案の実施例を簡単明瞭に説明するために、以下、図面に基づいて本考案の実施例を表現するが、明らかに下記の図面は本考案の実施例のみを示しており、当業者にとっては創造性の労働を払わない前提の下で、さらに、提供する図面に基づいて他の構成を採用し得る。
【0012】
【図1】本考案の実施例の胴体の構造の模式図である。
【図2】本考案の実施例の導電部品の構造の模式図である。
【図3】本考案の実施例の上カバーの構造の模式図である。

【0013】
本考案の核心は、太陽電池モジュール用ジャンクションボックス(以下、ジャンクションボックスと略記)を提供するために、ジャンクションボックスにおいて胴体に熱伝導ゲルを設けることによって、ジャンクションボックスの長時間使用後の高温問題を解決することにある。
【0014】
当業者に本考案を十分に理解させるために、以下、添付図面を参照して本考案の好適な実施の形態を詳細に説明する。
【0015】
図1は本考案の実施例の胴体の構造の模式図である。
【0016】
本考案は、ジャンクションボックスを提供し、胴体1及び胴体1に設けられる導電部品2を含む。従来のジャンクションボックスの長時間使用後の「発熱問題」を解決するために、本考案は、従来のジャンクションボックスの構造に基づき、以下のような構造の最適化を行った。すなわち、胴体1に導電部品2を取り囲み、且つ、導電部品2に熱伝導する熱伝導ゲル3が設けられる。
【0017】
熱伝導ゲルは、サーマルシリカと言われ、有機珪素ゲルを主体にし、フィラーや熱伝導性材料などの高分子材料を添加し、混練することによって生成する珪素ゲルであって、良好な熱伝導性、電気絶縁性を有する。胴体1に導電部品2を取り囲む熱伝導ゲル3を設け、導電部品2から発生した熱量をタイムリーに胴体1に伝導でき、導電部品2の蓄熱を減らし、また、封止に効果的な役割を果たすとともにジャンクションボックスの長時間使用後の高温の発生を避けることができる。
【0018】
図2は本考案の実施例の導電部品の構造の模式図である。
【0019】
導電部品2の蓄熱を減らすために、本考案の実施例の導電部品2はチップ構造の導電部品である。自己発熱部品(本考案の導電部品)の表面積が大きいとき、この部品のための大きな放熱面積を提供して蓄熱を減らすことができる。これにより、本考案において、チップ構造の導電部品を採用して本考案の放熱効果を高めることができる。
【0020】
図3は本考案の実施例の上カバーの構造の模式図である。
【0021】
従来の構造と同じように、本実施例の胴体1に導電部品2と熱伝導ゲル3にカプセル化する上カバー4が設けられる。
【0022】
本考案のジャンクションボックスは、胴体1、熱伝導ゲル3、導電部品2、上カバー4、及び密封キャップを含む。外部ケーブルと導電部品2とを接続し、ダイオードと導電部品2とをはんだ付けする。その後、導電部品2全体を胴体1に装着し、次に、胴体1内に熱伝導ゲル3を設ける。顧客は、設置するときに、バスバーと導電性部品2をはんだ付けした後で密封キャップを覆うと使用することができる。
【0023】
1 胴体
2 導電部品
3 熱伝導ゲル
4 上カバー

(57)【要約】

【課題】長時間使用しても高温になりにくい太陽電池モジュール用ジャンクションボックスを提供する。【解決手段】太陽電池モジュール用ジャンクションボックスは、胴体1と、誘電部品と、熱伝導ゲル3とを備える。導電部品は、胴体1に装着され、熱伝導ゲル3は、導電部品を取り囲むように胴体1上に配置される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):