(54)【考案の名称】無線通信伝送によるカーオーディオシステム

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、無線通信伝送によるカーオーディオシステムに関し、より詳しくはスマートフォンをカーオーディオのメインユニットに掛けて、カーオーディオの表示装置とタッチ操作ターミナルとすることができ、前記スマートフォンを手に取って一般のスマートフォンとして使用できる無線通信伝送によるカーオーディオシステムに関する。

【従来の技術】

【0002】
DVDやDVB−T/ATSC/CMMB(デジタルテレビ)といった公知のカーオーディオシステムは、通常メインユニットシステムと一つ又は複数の表示パネルを備え、前記表示パネルは通常、前記メインユニットシステムから伝送されるNTSCやPALといったアナログオーディオ信号を受信して放送するように、ケーブルで前記メインユニットシステムに接続される。
【0003】
公知の自動車オーディオ放送システムは複雑な配線が必要なため、自動車内の組立て施工にかなり手間取る。この問題に対して、特許文献1に記載の「自動車無線デジタルオーディオシステム及びその方法」では、メモリ装置と無線ネットワークインターフェースのあるオーディオメインユニットを備え、前記メモリ装置内には少なくとも1個のデジタルオーディオファイル、及び、無線ネットワークインターフェースと表示パネルのある少なくとも1台の表示装置を備え、前記無線ネットワークインターフェースにより前記オーディオメインユニットに接続されて、前記表示装置は前記無線ネットワークインターフェースで前記オーディオメインユニットから伝送されたデジタルオーディオファイルを受信して放送する。
【0004】

【効果】

【0015】
本考案によれば、無線通信伝送によるカーオーディオシステムが得られる。
【図面の簡単な説明】
【0016】
【図1】本考案のシステム構造図である。
【図2】本考案の作動原理の說明図である。
【図3】本考案のナビゲーション機能の說明図である。
【図4】本考案の携帯電話を音響メインユニットに掛けた概略図である。

【0017】
以下、本考案の実施形態を図面に基づいて説明する。なお、本考案は、以下に説明する実施形態に限定されるものではない。まず、本考案の無線通信伝送によるカーオーディオシステムの第1実施形態について説明する。
[第1実施形態]
図1は本考案の無線通信伝送によるカーオーディオシステムの構造であり、主として一台のメインユニット(Head Unit)1、複数のスマートフォン(Smart Phone、SP)2、一組の拡声装置3、充電装置4、及び近距離無線通信装置5で構成される。単一のスマートフォン2で前記メインユニット1に対応する場合、前記スマートフォン2は、図4のように、音響メインユニット1に掛けて、カーオーディオの表示装置とタッチ操作ターミナルとすることができる。
【0018】
本考案は自動車内に組立てられ、自動車制御コンピュータシステム情報はCANバス(Can Bus)6通信によってメインユニット1と連結され、前記自動車の制御情報データがメインユニット1のコード切替で生成された画像又はデジタルデータは、無線通信でスマートフォン2に伝送されて表示又は制御される。メインユニット1はWifiの伝送システムによって複数のスマートフォン2に対応して表示及び制御ターミナルとすることが可能で、また情報共有システムに連結可能である。
【0019】
さらに、図2によれば、本考案のメインユニット1は自動車内に設置され、第1無線通信モジュール11とマルチメディアオーディオ処理装置を備える。第1無線通信モジュール11はWifiモジュールで、マルチメディアオーディオ処理装置は複数の異なる出所のオーディオデータの実行が可能である。オーディオ処理装置はCD、DVD、SDメモリカード又はUSBのオーディオファイルが実行可能で、無線テレビ(DVB−T)、又はFM/AM放送信号の実施も可能である。メインユニット1はGPSセンサ(GPS Sensor)も備え、又は自動車用バックカメラ(Rear Camnera)に接続され、又は外部入力端子(AUX-In)を有する。
【0020】
図2で示されたメインユニット1の外側には、ユーザが操作するためのユーザインターフェース12を備え、ユーザインターフェース12には、ボリュームの制御、ラジオの周波数の調整、又は各種機能の操作を行なうためのボタンを有する。また、マイクロコントロールユニット(MCU)13内には制御プログラムがあり、第1無線通信モジュール11、オーディオミキサー・スイッチャー(VideoSW Mixer)14、ボリュームスイッチ(コントローラ)(Vol. SW DS)15、及び電力管理装置16に接続される。オーディオミキサー・スイッチャー14は画像を制御し、ボリュームスイッチ(コントローラ)15はカーオーディオメインユニットの拡声装置3を制御し、電力管理装置16は自動車電力システムから電力を取得する。メインユニット1はさらに自動車走行記録装置(Digital Video Recorder)17に接続される。
【0021】
また、本考案は一台のメインユニット1で複数のスマートフォン2に対応する。スマートフォン2のうちの一台は主制御装置に設定可能で、タッチパネル21を備えて、内部に第2無線通信モジュールを設けてメインユニット1の第1無線通信モジュール11と連通して、リアルタイム・トランスポート・プロトコル(RTP)でオーディオデータを伝送する。カーオーディオのメインユニットの拡声装置3は自動車内の適当な位置に設置され、メインユニット1と接続される。カーオーディオのメインユニットの拡声装置3は無線伝送機能を備えることができる。
【0022】
スマートフォン2のタッチパネル21は操作でコマンド(Command)を生成し、無線通信でメインユニット1に伝送されてマルチメディアオーディオ処理装置を制御して、このうちのオーディオデータを実行し、生成されたオーディオデータは無線通信でスマートフォン2のタッチパネル21と表示スクリーンに伝送されて放送され、生成された音響はカーオーディオメインユニット拡声装置3から放送される。
【0023】
スマートフォン2は3.5G/4G無線電話とデータ伝送システムを搭載して、自動車での使用はクラウド技術により、車両追跡、車両管理、及び配車管理の実現が可能であり、前記システム内にはGPSシステムが搭載され、3.5G/4G無線電話とデータ伝送によって自動車に関連走行位置の提供と情報の記録と応答を行なう。
【0024】
また、充電装置4はUSB伝送線でスマートフォン2に接続されてスマートフォン2内の電池の充電をする。
【0025】
スマートフォン2内には近距離無線通信(Bluetooth)機能を備え、近距離無線通信装置(BT Device)5と連通すると共に、図3のように、スマートフォン2はGPSモジュール(GPS Module)をも備え、メインユニット1内のGPSアンテナモジュールで、スマートフォン2がナビゲーション機能を果たすことも可能である。下表は本考案の無線通信伝送によるカーオーディオシステムにおける各種使用機能の操作信号の出所である。

伝送モード
適用範囲
スマートフォン(SP)−>コマンド(Command)−>メインユニット(Head Unit)
メインユニット(Head Unit)−>リアルタイム・トランスポート・プロトコル(RTP (Video) )−>スマートフォン(SP)
DVD 、デジタルテレビ
メインユニット(Head Unit)−>コマンド(Command)−>スマートフォン(SP)、

メインユニット(Head Unit)−>リアルタイム・トランスポート・プロトコル(RTP (Video)) −>スマートフォン(SP)

駐車サポート等の他の機能
スマートフォン(SP)−>コマンド(Command)−>メインユニット(Head Unit)
FM/AM 、CD放送
SPによる全曲統合(出所はSP 、メインユニット-USB/SDを含む)
1.SP内の歌曲を放送:
スマートフォン(SP)−>コマンド(Command) −>メインユニット(Head Unit)、
スマートフォン(SP)−>リアルタイム・トランスポート・プロトコル(RTP (Audio)) −>メインユニット(Head Unit)
2.メインユニット内の歌曲を放送:
スマートフォン(SP)−>コマンド(Command)−>メインユニット(Head Unit)
MP3
SPによる全ビデオ統合(出所はSP 、メインユニット-USB/SDを含む)
スマートフォン(SP)−>コマンド(Command)−>メインユニット(Head Unit)
メインユニット(Head Unit)−>リアルタイム・トランスポート・プロトコル(RTP (Video) )−>スマートフォン(SP)
ビデオ
スマートフォン(SP)−>コマンド(Command)−>メインユニット(Head Unit)
スマートフォン(SP)−>リアルタイム・トランスポート・プロトコル(RTP (Audio)) −>メインユニット(Head Unit)
GPS
近距離無線通信装置(Bluetooth Device)−>スマートフォン(SP) −>コマンド(Command)−>メインユニット(Head Unit)、
スマートフォン(SP)−>リアルタイム・トランスポート・プロトコル(RTP (Audio )) −>メインユニット(Head Unit)
又は(or)
メインユニット(Head Unit)−>リアルタイム・トランスポート・プロトコル(RTP (Video)) −>スマートフォン(SP)
近距離無線通信装置

【0026】
本考案の無線通信伝送によるカーオーディオシステムは無線信号でメインユニット1とスマートフォン2に接続され、自動車内での複雑な配線が不要で、システムが速やかに組立てられると共に、通常はカーオーディオのメインユニットに掛けられているスマートフォン2を車外に持ち出して単独で使用することもできることは明らかである。一般に無線通信機能が可能なブレットPCはサイズ規格が若干大きいものの、依然として本考案への適用が可能である。
【0027】
以上、本考案の実施形態について図面を参照して詳述したが、具体的な構成はこの実施形態に限られるものではなく、本発明の要旨を逸脱しない範囲の設計変更等も含まれる。
【0028】
1 メインユニット
11 第1無線通信モジュール
12 ユーザインターフェース
13 マイクロコントロールユニット
14 オーディオミキサー・スイッチャー
15 ボリュームスイッチ(コントローラ)
16 電力管理装置
17 自動車走行記録装置
2 スマートフォン
21 タッチパネル
3 拡声装置
4 充電装置
5 近距離無線通信装置
6 CANバス

(57)【要約】

【課題】一層簡素化されたシステムの組立て構造において、単独で外掛使用が可能なスマートフォンをカーオーディオの表示装置とタッチ操作ターミナルとする無線通信伝送によるカーオーディオシステムを提供する。【解決手段】第1無線通信モジュールとマルチメディアオーディオ処理装置を有する車内に設けられたメインユニットと、1台のスマートフォンと、車内に設けられた1組の無線伝送カーオーディオのメインユニットの拡声装置とからなる。スマートフォンのタッチパネルは操作してコマンドを生成することができ、無線通信によりメインユニットに伝送されてマルチメディアオーディオ処理装置を制御してオーディオデータを実行し、生成されたオーディオデータは、無線通信によりスマートフォンの表示スクリーンに伝送されて放送され、生成された音響はカーオーディオのメインユニット拡声装置から放送される。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):