(54)【考案の名称】新聞紙

(51)【国際特許分類】

B42D 7/00 新聞 その類似物

(73)【実用新案権者】【実用新案権者】

(72)【考案者】【考案者】

[fig000002]
【選択図】図1

【概要説明】

【分野】

【0001】
本考案は、容易に切り抜き可能な新聞紙に関する。

【従来の技術】

【0002】
新聞紙面には、複数の記事文章や写真、図面などが印刷されている。従来より、新聞読者は、特に気に留めた記事について、当該記事の掲載箇所を切り抜き、スクラップすることをしばしば行っている。しかしながら、切り抜きに際しては、ハサミ、カッター、定規等の裁断用具を使用することが必要であり、記事を読んだ際にその場で行うことは難しい。
【0003】
また、新聞紙は、一般紙(ブランケット判)では、一面につき縦約54cm×横約40cmあることから、閲覧に際し、任意の大きさに折り畳んで扱われる場合がよくあり、頁数が多いものは折り畳み辛く扱い難い。
【考案が解決しようとする課題】
【0004】
本考案は、必要な部分を容易に切り抜き可能で、且つ折り畳みも容易な新聞紙を提供するものである。

【効果】

【0006】
本考案によれば、読者が新聞を読んだ際、裁断用具を使うこと無く速やかに、必要な記事を含む紙面を切り抜くことができる。また、ミシン目加工が施されていることから、枚数が多いものでも比較的簡単に折り畳むことができ、例えば移動中の車内のような限られたスペースでの閲覧の際に便利である。
【図面の簡単な説明】
【0007】
【図1】本考案新聞紙の一の実施形態を示す斜視図である。
【図2】本考案新聞紙の一の実施形態を示す平面図である。
【図3】ミシン目の部分拡大図である。

【0008】
本考案の一の実施形態を、図1、2に示す。
図1の新聞紙では、縦方向に3箇所(a〜c)、横方向に4箇所(A〜E)の直線状のミシン目加工を設けている。
図2は、新聞紙を広げた状態で、縦方向に7箇所(a〜g)、横方向に4箇所(A〜E)の直線状のミシン目加工を設けている。
本考案において、用いられる新聞紙の種類は特に限定されず、一般紙、すなわちブランケット判、タブロイド版を始め、何れでもよい。
【0009】
ミシン目は、切り取り可能なものであれば、その大きさや間隔は限定されないが、紙面上の文字を潰さないマイクロサイズが好ましく、図3に示すとおり、ミシン目の切り目部分2の長さが0.15〜0.4mm、好ましくは0.1〜0.3mmであり、ミシン目の連続部分3の長さが0.1〜0.3mm、好ましくは0.15〜0.25mmである。
【0010】
ミシン目加工を施工する位置及び数は、新聞紙のサイズによって適宜選択して決定すればよい。例えば、ブランケット判(縦546mm×横406.5mm)では、縦方向に1〜6箇所、好ましくは3〜5箇所、横方向に1〜7箇所、好ましくは3〜5箇所を設けることが挙げられる。また、タブロイド版(縦406.5mm×横273mm)では、縦方向に1〜5箇所、好ましくは2〜3箇所、横方向に1〜5箇所、好ましくは2〜3箇所設けることが挙げられる。
【0011】
なお、図2に示すように、新聞紙の中央に位置する折れ目部分にミシン目を設け、1頁全体を切り取るようにしてもよく、新聞紙の記事面のみにミシン目を設けて、中央部分にミシン目を設けないこともできる。
また、ミシン目の間隔は等間隔であっても不等間隔であってもよいが、縦又は横に二つ折りすることを考慮すると、縦横夫々中央付近に少なくとも1箇所設けるのが好ましい。
【0012】
ミシン目加工は、既知のミシン目加工を施すことが可能な用紙加工装置、例えば用紙にミシン目を入れるためのカッターを備えた印刷装置(例えば、特開平11−249361号公報)等を用いることにより行うことができる。
【0013】
読者は、例えば図1の新聞紙を閲覧した際に、切り抜きたい記事を含むように、ミシン目a〜c及びA〜Eを適宜選択し、当該ミシン目に沿って、該当部分を新聞紙本体1から切り離すことが可能である。また、任意のミシン目線を中心にその線に沿って所望の方向に新聞紙を容易に折り畳むことが可能である。
【0014】
1 新聞紙本体
2 ミシン目の切り目部分
3 ミシン目の連続部分
a〜g 縦方向のミシン目
A〜E 横方向のミシン目

(57)【要約】

【課題】所定の大きさに切り抜き可能で、且つ折り畳みも容易な新聞紙を提供する。【解決手段】紙面の縦横に複数の切り取り可能な直線状のミシン目加工を施してなる。ミシン目の切り目部分の長さは0.15〜0.4mmである。


【パテントレビュー】

あなたの意見を伝えましょう:


【インターネット特許番号リンク】

インターネット上にあるこの特許番号にリンクします(発見しだい自動作成):